灯油をこぼしたままにすると火事になる?ベランダで?重曹が効く?

石油ストーブや石油ファンヒーターは電気代をかけずに、部屋が暖まるのがいいですよね。

しかし、灯油をタンクに移すのが少し面倒です。

気を付けていても、ホースから灯油をこぼしてしまうことがあります・・・。

灯油は無色透明だから、こぼしたままでも大丈夫?

灯油をこぼした時はどう対処したらいいの?

ここでは、灯油をこぼしたままにすると火事になるのか、ベランダでこぼした場合の対処法、重曹に効果はあるのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

灯油をこぼしたままにすると火事になる?

灯油を入れる時、気を付けてはいるけれど、ほんの数滴、灯油を床にたらしてしまうことがありますよね。

でも、ちょっとなら、すぐに乾くから、拭かなくても良いでしょうか?

 

灯油も水と同じように無色透明だから、きっとすぐ蒸発するから大丈夫でしょうと思っていませんか?

それとも、ガソリンと同じように灯油をこぼしたままでは火事になってしまうでしょうか?

灯油をこぼしただけでいきなり火事になることはありません。

 

しかし、近くに火気があれば危険です。

ガソリンに比べて、灯油は引火しにくいです。

ガソリンの引火点はマイナス40℃で、火を近づけるだけで引火します。

 

しかし、灯油の引火点は40℃です。

ストーブを使う冬場は40℃になることは少なく、即座に引火することはないでしょう。

しかし、灯油をこぼした周辺ではたばこの火、ろうそくや線香の火、コンセントなどには注意しましょう。

 

また、灯油をこぼした場所で石油ストーブや石油ファンヒーターを使い出すのも危険です。

灯油をこぼしたままにせず、雑巾や古新聞でよく拭き取り、しっかりと風に当てて乾かしましょう。

 

灯油をこぼしたのがベランダだった場合の対処法

灯油をこぼしたのが、家の中のフローリングやカーペットの上だったら一大事ですよね。

拭き掃除が大変ですし、臭いがこもるから長い間の換気も必要になるでしょう。

 

しかし、灯油をこぼしたのがベランダだったら、水で流して、簡単に掃除できそうと思いませんか?

たしかに、外であれば、風通しがよく、いやな臭いもこもらなくていいかもしれません。

無色透明の灯油は、水で排水溝に流してしまえば、簡単にきれいになりそうですよね。

 

しかし、排水溝に灯油を水で流すのはNGです!

灯油を流した水を排水溝に流せば、排水溝も灯油臭くなってしまいます。

 

では、ベランダで灯油をこぼしたらどうしたらいいのでしょうか?

少量であれば、雑巾や古新聞で拭き取れるでしょう。

 

大量にこぼした灯油をきれいに拭き取るには、小麦粉を使うのがおすすめです。

こぼした灯油に小麦粉を振りかけて、固まりにしてから、拭き掃除をします。

小麦粉を使うと、灯油の臭いをしっかりと吸収し、きれいに拭き取れます。

 

ベランダがコンクリート素材で、灯油をこぼした場所がシミになることがあります。

その場合は、台所洗剤で掃除すると、シミが薄くなっていきます。

台所洗剤は油を溶かす性質があり、灯油を少しずつ溶かしてくれます。

ガンコな灯油臭さも取れますので、試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

灯油をこぼしたら重曹って効果ある?

家の掃除に役立つ重曹、常備している人も多いですよね。

灯油をこぼした時にも役立ちます!

 

特に、灯油のきつい匂いは重曹で吸着させることができます。

こぼした灯油を拭き取ってから、重曹を振りかけます。

しばらくたったら、重曹をほうきで回収したり、掃除機で重曹を吸い取ったりします。

 

灯油をこぼしたのが服の場合は、重曹で洗濯しましょう。

重曹で掃除しても、灯油の臭いが消えない時もあるようです。

灯油の頑固な臭い取りには、消毒用アルコールが有効ですよ~!

灯油はこぼさないように取り扱いに注意する、こぼしたら臭いが残らないうちに拭き取るのがいいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

灯油をこぼしても、すぐには火事になりません。

しかし、タバコの火やコンセントなどには気を付けましょう。

そして、臭いが残りやすいので、素早く、こぼした灯油を拭き取るのがおすすめです。

ベランダなどで、水で流しても、流した排水溝が灯油臭くなるので止めましょう。

こぼした灯油の掃除に重曹が活用できますが、効果が出ないときもあります。

消毒用アルコールを使って消臭する方法もあるようですが、やはり、灯油をこぼしたら、すぐに拭き取るのが一番良いでしょう。

 

-
-,