車が浸水してしまった。乾かすには?クリーニングは?臭い時は?

スポンサーリンク



 

台風や大雨の時など、クルマを停めていた場所が水に浸かる場合も考えられます。

 

車屋さんに点検してもらうのが前提ですが、車が浸水したとしてもまだ走れるって場合もありますよね。

 

今回は、浸水した車を乾かすには、クルマが浸水した時のお掃除方法、浸水した車がクサい時の対策について綴って行きます。

 

 

スポンサーリンク




車が浸水した後で乾かすには?

まず最初にですが、車の乾かし方の前に…まず車両保険の確認をしてみてくださいね。

 

天災に対応してくれる特約に入っていれば、保証される可能性が出てきます。

 

加入している保険会社に、確認してみてくださいね。

 

 

車内に入ってしまった水は、汚水、泥水、下水の混じったものなので、どうしてもニオイの原因となってしまいます。

 

さらには密閉された場所にものすごい湿気がたまるわけですし、カビや雑菌が繁殖するのには好条件となります。

 

フロアマットやシートだけではなく、ドアの内貼りの中にある静音材なども考えないといけません。

 

車両保険が使える場合は、交換できる内装は取り換えるのが一番でしょうし、使えないなら内装を剥がしてから可能な限り、水洗いと掃除して乾燥させるのがベストでしょう。

 

乾かすことだけを考えても後々ニオイの問題が出てきますし、クリーニングして雑菌の繁殖を抑えつつニオイも抑え、その後乾燥させた方がいいですよ。

 

最終的には、ドライヤーを当てて乾かすなどは不可能に近いです。

 

外せるものは外して洗い、天気の良い日に数日かけて天日干しすることになります。

 

 

車が浸水した後のクリーニングは?

どこまで浸水したかによってクリーニングの場所は変わってきますね。

 

車内の足元あたりまでなら、シートを外してから水拭き・乾燥させれば大丈夫だと思います。

 

できれば除菌作業も行ったほうが良いですよ~。

 

もっと上まで浸かってしまった場合は、かなり厄介になります。

 

配線など電気系はダメージを受けている事が多いですし、トラブルが出やすいと思っておいた方がいいです。。。

 

 

お掃除のやり方としては・・・

 

①シートやフロアカーペットを外す

 

②床にコンピューターなどが固定されている車種の場合は、コンピュータも外す

 

③車内を、水と洗剤を使って洗う

 

④シートやフロアーカーペットも、同じく洗う

 

となります。

 

 

電装部分は本当なら水厳禁ですが、もう雨水に浸かってますしね。。。

 

細かい泥などが付着したそのまま放置しておくより、蒸留水につけてからよく乾燥させた方が良いかもしれません。。。(自己責任でお願いします。)

 

塩素を含んでいる水道水より、蒸留水の方が幾分マシかなぁと。。。

 

川や水害で浸水した場合、雨漏りしたのとは違い、泥などの異物が車内に入ってきます。

 

充分にクリーニングをしたつもりでも、後々正常に動かなくなるなど、寿命や耐久性に影響が出てきますね。。。

 

ちなみに家が浸水した場合も、充分なお掃除が必要になります

⇒床下浸水した後の処理方法は?水抜き?消毒には石灰?

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

車が浸水して臭い…

浸水した場合、川の水や生活用水などが混じった水が入ってきます。

 

ニオイ的には、ドブ川のようなものに近いかもしれません。。。

 

上に書いたクリーニングが重要になってきます。

 

車内のフロアカーペット下には、スポンジが敷き詰められています。

 

このスポンジが吸ってしまった水で最近が繁殖して、ニオイの原因となりますね。

 

車って高気密な作りがされているので、ニオイを取ることは難しいんです。。。

 

 

実際のニオイを消す作業となると、

①シート、シートベルト、センターコンソール、ダッシュボードを外す

 

②フロアカーペットを丁寧にはがす

 

③ドブのニオイがする水を、タオルで回収してフロアをキレイに掃除する

 

④外したカーペットをキレイに洗う

 

となります。

 

 

カーペットは、高圧洗浄機を使うと楽です。

 

そして天気の良い日に、天日干しさてください。

 

乾燥したあと、外したものを逆の手順でつけていくことになります。

 

 

臭いに関しては、ディーラーだと10万~15万円あたりかかるかもしれませんね。

 

町の整備工場だと、もう少し安くなるでしょうかね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

浸水した車は、後からカビやニオイがひどくなる場合が多いです。

 

外せるものを外してからキチンとクリーニングすることで、ある程度のニオイを抑えることは可能です。

 

ただし水に浸ってしまったクルマは、たとえ動いたとしても後々までカビ、サビ、異臭の原因となります。

 

また電動ドアミラーが動かなくなった、パワーウインドウが壊れた等トラブルが発生しやすいです。

 

車に対する知識がないと、自分での回復は難しいですよ。

 

ディーラーなり整備工場で整備をしてもらうことをおすすめします。。

 

 

 

コメント