休日にすっぴんで外出するのはアリ?マスクする?夜の手入れ方法は?




 

大人の女性のたしなみであるお化粧。

 

でも、お化粧は肌の負担になるし、手間がかかるし、休日ぐらいは休みたいですよね。

 

だけど、すっぴんで外出できるほどの自信はないし・・・。

 

ここでは、休日をすっぴんで外出するのはアリなのか、外出するならマスクをつけた方がいいのか、すっぴんで外出した場合の夜の手入れ方法について説明します。

 

 

スポンサーリンク




休日にすっぴんで外出するのはアリ?

すっぴんというのはズボラとも受け取られがちですが、肌を休ませたいということもあります。

 

そもそも、お化粧は肌をキレイに見せるためにファンデーションを塗り、その上に、眉やまつ毛、唇などにポイントメイクをします。

 

しかしお化粧をしている間は、肌そのものに負担を与えてしまうことがあります。

 

さらに、お化粧を落とす時のクレンジングで、肌を傷つけやすく、大きなリスクがあります。

 

仕事がある平日はお化粧をしないわけにはいかないけれど、誰にも会わない休日ぐらい、お化粧をしないでおきたいと思うのが女性のホンネなのです。

 

美容に意識の高い人は、平日でも帰宅したら即行でお化粧を落としていることがあります。

 

それだけ、すっぴんは美肌に効果があるようです。

 

でも、若い時ならまだしも、お肌の曲がり角を過ぎたアラサー以降はすっぴんでの外出は抵抗がありますよね。。。

 

外の紫外線に素肌をさらしては、シミやソバカスが増えてしまいます。

 

そんな時はマスク、サングラス、帽子などを使って、完全ガードしていきましょう。

 

近くのコンビニぐらいの外出なら、すっぴんでも許されそうですよね(*’ω’*)

 

 

すっぴんで外出するときマスクをつけたら?

紫外線対策すら面倒な場合は、夜に外出する方法もありますが、それでも、すっぴんは無理と感じるなら、マスクをして顔を隠すのはいかがでしょうか?

 

出来れば、大き目のマスクをして、アゴを覆うように付けると、小顔になれます。

 

また、マスク上部中央にしっかり折り目をして、鼻に当たるように付けると、鼻を高く見せることができます。

 

目の部分はマスクでは隠せないので、メガネでごまかしたり、目の周りだけアイメイクをしたりしてもいいですね。

 

マスクをしないなら、コンシーラーやBBクリームだけでベースメイクを済ませ、あとはアイメイクと口紅だけのポイントメイクをする方法もあります。

 

これなら、昼間でも出かけられそうですし、ばったり知人に会ってしまっても、すっぴんではないから少しは安心です。

 

ところで、マスクをすることで美容効果もあるのは知っていましたか?

 

一つ目は、マスク内は呼吸で湿度が高めになっており、保湿ケアがたっぷり行えます。

 

すっぴんの状態で、保湿クリームなどを気になるほうれい線などに多めに塗りましょう。

 

二つ目は、鼻から吸い込む空気がマスク内で温まっているので、全身が温まりやすく、冷え性改善になります。

 

血行がよくなることで、肌細胞の活性化につながるので、美容効果はとても高そうです。

 

ただし、使用するマスクは清潔なものにしましょう。

 

ニキビはマスクが当たって刺激になってしまい、余計悪化する可能性がありますので、ご注意ください。

 

 

スポンサーリンク

すっぴんで外出した時の夜の手入れ方法は?

すっぴんで一日を過ごした日の夜はいつものお化粧を落とすクレンジング作業が要らないくなります。

 

そこで、いつもとは違う、普段の日にはなかなかできないお手入れをしましょう。

 

一つ目、眉毛の形を整えてムダ毛をカットしたり、顔の産毛を処理したりしましょう。

 

メイクの仕上がりが変わりますので、休日のルーティンワークにおすすめです。

 

二つ目、普段使っているメイク道具を洗いましょう。

 

ファンデーションを付ける時に使うパフやスポンジ、チークブラシ、リップブラシなど。

 

肌トラブルを防ぐためにも清潔にしておくことが大切です。

 

三つ目、いつもよりスペシャルなスキンケアをしましょう。

 

肌を休ませるためにお化粧をしなくても、保湿ケアなどは忘れずに。

 

時間に余裕のある休日こそ、パックやマッサージなどをする絶好のチャンスです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

休日はすっぴんで過ごすなんて腐女子の烙印を押されそうですが、考えようによってはオン・オフの使い分けができる大人の女性とは思いませんか?

 

すっぴんは無理でも、休日はナチュラルメイクで、時間に余裕を持たせ、気持ちをリラックスさせたいものですね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました