保険証の番号は悪用できる?わかることは?聞かれたら教えてもいい?




 

もしも健康保険証を悪用されてしまったら・・・考えただけでも怖い話ですが、可能性は十分にがありえます。

 

保険証は運転免許証やクレジットカードと同じくらい大切なものです。

 

そして保険証に記載されている情報は、個人情報だらけです。

 

今回は保険証の番号だけを悪用することはできるのか、保険証の番号からわかること・バレることはあるのか、番号を聞かれて教えても大丈夫なのかについて、現役医療事務の筆者が詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク




保険証の番号を悪用されることってある?

健康保険証を悪用されるケースはゼロではありません。

 

たとえば保険証を紛失したとして、他の誰かがあなたになりすまして医療機関を受診したとしても、すぐには悪用だと判明しないこともあります。

 

保険証には免許証のように顔写真が載っていませんが、かかりつけの医療機関なら職員のが顔を覚えていることも多いと思います。

 

でも、たまにしか通わない医療機関では、他人が保険証を使用しても誰にも気づかれない可能性は十分にあります。

 

また、保険証を身分証明書代わりに悪用されれば、消費者金融でお金を借りられてしまったり、銀行口座の開設や携帯電話を契約されてしまうケースもゼロとは言い切れません。

 

これは本当に最悪のケースですが、実際に被害としてあることです。

 

決して他人事ではありません。

 

保険証は健康であれば頻繁には使用しませんので、病院を受診するまで紛失に気がつかないケースがとても多いのです。

 

ただし、上記の被害についてはあくまでも「保険証の原本」の場合です。

 

保険証のコピーであったり「番号だけ」や「記号だけ」などの保険証の一部だけの場合は悪用される心配はありません。

 

医療機関でも必ず保険証の原本を確認しますし、ない場合は全額負担になりますので、悪用の仕様がありません。

 

保険証の管理は大丈夫ですか?

 

もし、最近保険証を使っていないな、と思ったら保管場所の確認を今すぐお願いします!!

 

もし、保険証の悪用の被害にあった場合でも、自分が使用したものではないと証明できれば支払い等の義務は生じません。

 

でも気がつくのが遅くなればなるほどその証明が難しくなりますので、紛失に気がついたらすぐに警察に届けて保険組合にも利用停止の処理を依頼しましょう。

 

 

保険証の番号からわかることってある?

健康保険証には様々な個人情報が記載されています。

 

国民健康保険ならば、個人名のほかに住所も記載されていますので、どこに住んでいるのかが簡単に特定されてしまいます。

 

社会保険ならば、当然勤務先が記載されているので簡単に特定されてしまいますね。

 

保険証には、「記号」「番号」「保険者番号」が記載されており、この番号によって勤務先であったり、加入している保険組合などが判別できます。

 

会社の規模であったり、職種(公務員や警察など)、代表取締役かどうかなどまで判別できるようになっており、保険証には本当に個人情報がいっぱいなのです。

 

まずは「記号」ですが、この記号は「事業所整理番号」というもので、国民健康保険ならば地方公共団体、社会保険ならばそれぞれの勤務先を意味する番号が記載されています。

 

記号の次に記載されている「番号」は、1番からはじまり、その企業の社会保険に加入した順番になっています。

 

たとえばあたながその企業の保険に加入した100人目の従業員であるならば、保険証の番号は「100」と記載されています。

 

つまり、創業者であったり、経営陣に近い存在の人は限りなく「1」に近い番号であることが多いです。

 

また、自分の家族を扶養に入れている場合は、その家族の番号は自分と同じ番号がふられています。

 

職員数が多い会社であればあるほどこの番号桁数が大きくなります。

 

「保険者番号」は、法別番号や都道府県番号などの番号で構成されており、厚生労働省が決めた基準に従って記載されています。

 

このように、保険証の番号には様々な意味合いがあり、この番号ひとつでどこの誰かが特定されます。

 

保険者ごとに番号が特定されるため、この保険証の持ち主がどこで働いているのかまでわかってしまいます。

 

医療機関で働いている職員は、その保険証番号が現在は使われていないものということもわかります。

 

たとえば、その保険組合が倒産などで存在しないものとなった場合、組合から連絡が来ますので把握できます。

 

ですから、悪用目的で提示された場合はその場で判明するのです。

 

保険証は本当に大切なものです。

 

記号・番号だけでも沢山の個人情報がわかってしまいます。

 

大切に取り扱ってくださいね。

 

 

スポンサーリンク

保険証の番号を聞かれたら教えるのは?

時として保険証の記号・番号が必要な場面もあります。

 

たとえば、お子さんがいらっしゃる場合なら、保育園や学校に提出する健康調査書等に保険証の記号・番号を記載する欄がありますね。

 

これは万が一に備えて、保育園や幼稚園、学校などで緊急で受診をする場合に必要になります。

 

勤め先でも、工事現場など怪我の可能性が他の職種よりも高い場合などに、事前に保険証の記号・番号を記載した書類を提出する企業もあります。

 

保険証の記号・番号は本当に大切なものです。

 

あくまでも緊急の場合でしか使用できませんので、仮に何かの契約(ローンだったり何かを借りる、購入する)をする場合にはコピーや保険証の一部の控えなどは無効です。

 

必ず原本確認が必要になります。

 

だからと言って、書いてと言われて書いたり、貸してと言われて簡単に貸したりしてはいけません。

 

「同意した」とみなされてしまったら元も子もありません。

 

免許証やクレジットカードを貸してと言われて簡単に貸す人はいませんね。

 

保険証も同様です。

 

取り扱いには十分注意しましょうね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

保険証は、医療機関を受診するために必要なものです。

 

しかし、それ以外にも運転免許証同様、身分証明書としての機能もあります。

 

記載されている情報はまさに個人情報です。

 

安易に他人に見せたり、貸したりすることは絶対にしないで下さいね。

 

万が一、紛失した場合は速やかに警察に届け、加入している保険組合にも連絡を入れて下さい。

 

あなたになりすまして受診されていたり、消費者金融の申し込みに使われていたら大変です!!

 

日頃からどこに入れておくかなどは常に確認しておくようにしましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました