雷が怖いからと家の中にいても落ちるのか?落ちたらどうなる?




 

昔の人の怖い物と言ったら「地震・雷・火事・おやじ」なんてありましたが、文明が発達した現代でも、地震や雷といった天変地異は恐ろしいものです。

 

地震は予測がつかないものですから防ぎようがないですが、雷は少し前に予兆がありますから、早めに避難行動を開始できます。

 

雷の時は家の中にいれば間違いないかと思いますが、本当に安全なのでしょうか?

 

ここでは、雷の時に家の中にいれば大丈夫なのか、家に雷は落ちるのか、カミナリが家に落ちたらどうなるのかについて説明します。

 

 

スポンサーリンク




雷は怖いけど家の中にいたら大丈夫なのか?

雷は高くて、先が尖っているモノに落ちやすいと言われています。

 

山や木のそばから離れた方がいいことは、知られていますよね。

 

だから、なるべく、鉄塔、煙突、電柱など高い物から離れて、建物の中に入って避難するのがベストです。

 

何もない海辺やゴルフ場などでは、立っている自分が一番高いものになってしまいますから、姿勢を低くして速やかに近くの建物に移動しましょう。

 

雷はゴロゴロといった音とともに、やがて、ピカっと光り出します。

 

光が見えたら、雷が落ちてくる範囲にいるということですから、すぐに避難しましょう。

 

雷と一緒に雨が降ってくることも多いですが、傘を差すのも非常に危険です。

 

もし、近くに建物がない場合は車の中に逃げましょう。

 

万が一、車に雷が落ちても、電流は車のボディーやタイヤを伝わるだけで、中は比較的安全です。

 

でも、一番安全そうなのは家の中ですよね。

 

 

雷は家に落ちるのか?

家に雷が落ちることは、実際にはあまりないようです。

 

しかし、周囲に何もないような場所にポツンと建っている一軒家では、雷が落ちる可能性はゼロではありません。

 

マンションなどの高い建造物には、屋根や屋上などに避雷針を取り付けることが義務付けられています。

 

雷の電流を地中に放出し、建物が損傷しないようにしているのですが、心配な家屋には避雷針を取り付けると良いでしょう。

 

とはいうものの、避雷針がない家に雷が落ちたとしても、鉄筋コンクリート造りの家なら外壁に電流が伝わるので、家の中にいれば感電してしまうことはないようです。

 

しかし、窓から雷を腕に直撃してしまった事件があるそうですから、窓や壁から離れておいた方が良さそうです。

 

また、電気の引き込み線に落雷し、軒先から発火してしまうことも考えられます。

 

それから、家のテレビアンテナに雷が落ちて、火災が発生してしまうことがあります。

 

家の中にいれば絶対に安全とは言い切れないですね。。。

 

しかしこのようなアクシデントはとても稀なケースです。

 

よくあるケースは近くの電柱などに雷が落ちて、電線を伝って家に電流が流れてきて、コンセントが爆発したり、コンセントを差していた家電製品が故障したりなどですね。。

 

 

スポンサーリンク

雷が家に落ちたらどうなる?

前述のように、電線などから電流が伝わり、家電製品にダメージを与えることを「雷サージ」と言います。

 

クーラーや洗濯機、電子レンジなどにはアースが付いていることがあり、余分な電流を逃がしてくれて、ダメージを防ぐことができます。

 

コンセントに差したままのテレビやパソコンなどは、故障してしまう可能性があります。

 

また、電気は水を伝ってくることがありますから、浴室や台所など水回りには近づかない方が賢明です。

 

家の中にいても、窓や電化製品からも離れておきましょう。

 

雷の時は、家の真ん中でじっとしているしかなさそうですね。

 

こうして家の中に避難していても、雷の影響で停電してしまうこともあります。

 

突然、電源が落とされてはパソコンなどのデータが消失してしまうこともありますから、本当に恐ろしいですよね。

 

最近では耐雷サージ機能が付いた電源タップなどが販売されており、異常な高電圧を電気回路に流さないようにしてくれますので、大切な電化製品はこのような電源タップを使うと安心ですよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

雷の被害はあまりニュースになることがありませんが、人に落ちれば命の危険がありますし、火災に発展することもあり、かなり恐ろしいものです。

 

日頃より避雷針や耐雷サージ機能付きの電源タップなどで対策をしたり、少しでも雲行きが怪しくなってきたりしたら、早めに避難することが大切ですね。

 

家の中でも電化製品のコンセントを抜いて、壁や窓に近づかない、水回りも要注意しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました