ステンレスの水筒に紅茶を入れても大丈夫?コーヒーや酢は?

毎日の通勤や通学にマイボトルを持ち歩く人が増えています。

中身はウーロン茶や麦茶、緑茶などが定番ですが、たまには違う飲み物を入れたくなりますよね。

紅茶、コーヒー、ジュースなども水筒に入れてもいいのでしょうか?

ここでは、水筒に入れられる飲み物について説明します。

スポンサーリンク

ステンレスの水筒に紅茶を入れても大丈夫?

内部にサビや傷が無ければ、ステンレスの水筒に紅茶を入れても大丈夫です!

ただしレモンティーやミルクティーは、NGです。

 

冷たいウーロン茶や麦茶なども美味しいけれど、アイスティーも好きという人もいますよね。

温かい緑茶を毎日飲んでいる人も、時々は甘い紅茶も飲みたくなりませんか?

でも、気になるのは紅茶の成分であるタンニン。

このタンニンが水筒の材質であるステンレスに悪影響を及ぼさないか気になりますよね・・・。

 

確認したところ、ステンレスに傷や錆がなければ、紅茶も入れられます。

傷や錆があると、そこからステンレスの腐食が始まってしまい、食中毒の危険性が出てきてしまいます。

ただし、紅茶は淹れたてが一番美味しく、水筒で保管していても数時間経つと成分のタンニンが酸化してしまい、香りや味が落ちて、渋みが出てしまいます。

 

紅茶の成分が変化してしまう原因は高温のお湯による熱。

水出し紅茶なら、時間が経っても風味が変化しにくいそうです。

紅茶好きの人が紅茶を持ち歩く時は、水筒に紅茶を入れるのではなく、熱湯を入れておいて、飲む時にティーバッグを入れて紅茶にするようです。

これなら、味も風味もバッチリですね!

ステンレスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫?

内部にサビや傷が無ければ、ステンレスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫です!

 

マイボトルにホットコーヒーやアイスコーヒーも入れられたら嬉しいですよね。

でも、コーヒーにはカフェインが多く含まれていて、水筒の材質によくないのかしら?

コーヒーの場合も、ステンレスに傷や錆がなければ、入れても大丈夫です。

 

しかし、紅茶と同様、コーヒーも淹れたての味や風味が時間とともに落ちてしまいます。

そこでおすすめなのが、アイスコーヒーにする方法!

濃い目に入れて、すぐに氷で冷やしてから、水筒に入れると、味や風味が変わりにくくなります。

どうしても、外出先で美味しいホットコーヒーが飲みたいという場合は、お湯とドリップパックで持ち歩いて、飲む時にコーヒーを淹れるのがよさそうです。

 

では、コーヒーや紅茶に牛乳を入れたカフェオレやミルクティーは水筒に入れても大丈夫でしょうか?

乳製品は品質劣化の可能性がありますから、ミルクティーやカフェオレはNGです。

乳製品は温度が持続できない水筒内では品質劣化の恐れがあり、品質劣化の際にはガスが発生し、水筒から漏れることがあります。

同様の理由で、果汁も品質劣化の可能性があるので、水筒に入れられません。

もちろん、炭酸ガスが入っている炭酸飲料も×です。

 

スポンサーリンク

ステンレスの水筒に酢を入れたら?

では、ビネガードリンクはどうでしょうか?

最近、酢が健康にいいということで話題になっていますよね。

希釈タイプのビネガードリンクが販売されていたり、梅酢やレモン酢などを家庭で自作したりする人も増えてきました。

ステンレスに傷や錆がなければ、水筒に入れられるのでしょうか?

残念ながら、答えは×です。

 

ステンレスはフッ素樹脂でコーティングされていて、直接的に酸性の酢がステンレスに触れないようにはなっていますが、酢の強い酸性がフッ素コーティングを傷める原因になってしまいます。

ということは、酸性の飲み物はステンレスの水筒に入れられません。

例えば、乳酸菌飲料やスポーツドリンクも。

このことから、レモンティーもダメなようですね。

 

余談ですが、塩分の多いもの(味噌汁や昆布茶など)も、フッ素コーティングを傷めるので、水筒に入れられないそうです。

フッ素コーティングが傷むと、そこから錆が発生しやすくなり、水筒自体が使えないものになってしまいます。

フライパンや炊飯窯のフッ素コーティングも、大事にしないと剥げてきてしまいますよね。

ステンレスの水筒もフッ素コーティングを傷めないように使うことが大切です。

 

スポンサーリンク

まとめ

水筒に紅茶を入れるなら、水出しの方が味や風味が変わりにくいです。

コーヒーや紅茶はホットで持ち運ぶより、濃い目に淹れて、急速冷却して水筒に入れると、美味しさをキープできます。

美味しいホットコーヒーや紅茶を飲みたい人はお湯を持ち歩き、外出先で淹れるのがおすすめ!

ステンレスの水筒には乳製品、炭酸飲料、果汁、ビネガードリンクもNGです。

万能そうなステンレスの水筒ですが、入れる中身に気を付けて、上手に使いましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました