健康と介護

健康と介護

褥瘡に期待できるのはアルギニンと亜鉛?栄養素と食べ物は?

人は「オギャー」と生まれてくるわけですが、年齢を重ねたり大きな病気をすることで、寝たきりの状態で生活することもあるかと思います。 自分で体の向きを変えれない場合や血流が良くない状態が続くと、、いわゆる「床ずれ」や「褥瘡」といって肌の一部が腐ってくるリスクが高くなってきますね。 今回は、筆者が実際に目にした体験を基に、看護師さんから聞いた「床ずれ」に効果が期待できる栄養素のうち、「アルギニン」「亜鉛」「ビタミン」を含む食材について綴って行きます。 体の状態や体調に合わせて、食材を選んでくださいね!
健康と介護

保険証がないと病院の金額はどうなる?後から必要な手続き?

体調が悪くて病院で診てもらおうとしても、保険証を忘れてしまったり、就職や退職で手元に無い場合ってありますよね。 「医療費の3割を負担」などと聞きますが・・・病院に保険証を提示できない場合は、費用はどうなってしまうのでしょうか?? 今回は、保険証が病院に提示できなかった場合に請求される費用と、その後手続きしないと損をしてしまうことについて綴って行きます。
健康と介護

IVH中心静脈栄養を鼠径部から…費用は?高カロリー輸液での寿命は?

先日父が亡くなりました。 亡くなるまでの間に、病院での手続きや医療の事など初めて知ることも多く、中には悩んだことや後悔したことも多かったです。 父は麻痺の影響で鼻から経管栄養で食事をしていたのですが、医師から中心静脈栄養として高カロリー輸液でしか生きていけないことを告げられました。 今回は、備忘録も兼ねて綴って行きます。
健康と介護

人工呼吸器をつけるかつけないか…受け入れてくれる病院は?

前回、前々回と人工呼吸器をつけるかどうかまでの過程を、忘備録を兼ねて書きました。 今回もその続きとなります…m(__)m インターネットで人工呼吸器について調べに調べ…でも父に緊急事態が起こった場合どうしていいのか結論を出せませんでした。 自分で考えてもどう結論を出していいのかもわからなくなり、医療関係者の本当の声を聞きたいと思いまして、父の入院先にいらしゃるソーシャルワーカーに相談することにしました。 そして、結論を出したんです。
健康と介護

人工呼吸器で延命する?病院でかかる費用とは?

前回自分の備忘録も兼ねまして、父の搬送手術までを書きました。。 僕も初めての体験だらけで、今思うと選択したことが良かったのか悪かったのか…なんとも言えない部分も多いですが… あの救急搬送されたときは、本当に動揺しすぎて浮足立ってしまっていましたね… 今回は…本題に入ろうと思います。
健康と介護

人工呼吸器をつけるかつけないか。急性硬膜下血種で意識不明…手術

「人工呼吸器をつける?つけない?どうしますか?」 まさか、テレビで見るようなセリフを突き付けられるなんて… 入院していた父の容態が急変してしまいまして、医師から選択を迫られました。。。 思いもしなかった病院からの呼び出しと、主治医から告げられた「もしも…」の場合のことを、備忘録として綴っていきます。
健康と介護

パソコンを続けていると頭がくらくら。めまいの原因と解消法は?

現代では、生活にパソコンが切り離せないものとなっています。 この便利なパソコンですが、長い間熱中していると、頭がくらくら・ふわふわとめまいのような症状が出てくる場合があります。 筆者も最初は、体のどこかに異常が起こったのかと感じたくらいでした。。。 今回は、パソコンをしている時に顔を出すめまいのような症状の原因と、解消法について綴って行きます。
健康と介護

人工呼吸器をつけるかつけないか。家族の負担と延命の費用は?

家族が人工呼吸器をつけるかつけないかの選択に迫られたら、あなたならどうしますか? 今年の1月に父の容態が急変しまして、もしも…の時に備えて、延命治療の有無を病院から求められました。 ずっと入院することを前提に、当時僕の考えたこと、思ったことを書いていこうと思います。 同じ境遇にいる人の、判断の材料をしていただければ幸いです。
健康と介護

血圧の下の値が高い原因とは?症状は?下げ方は?

血圧を測ると上と下の値の差が、少ない人もいると思います。 この場合、上の値が正常値ならば、下の値が高血圧ということになります。 なぜ下の値が高いのか、どんな症状が出るのか、不安な方もいるのではないでしょうか。 今回は、血圧の下(拡張期)の値が高い場合の原因、症状、改善について綴って行きます。
健康と介護

血圧が高いのは動脈硬化が原因?検査は?基準値は?

血圧は、加齢とともに値が段々と高くなっていく傾向があります。 血圧が高い状態が続くと、重い病を引き起こす引き金にもなりますね。。。 年齢を重ねることに怖さを感じることも出てくると思いますが、メカニズムを知っていると心持も変わります! 今回は、血圧が高い場合の動脈硬化について綴って行きます。