エアコンクリーニングをするのは秋がいい?良い時期は?頻度は?

スポンサーリンク



 

エアコンのニオイや吹き出し口から出るホコリが気になって、クリーニングを考える場合もあると思います。

 

エアコンクリーニングに最適な最適な時期ってあるんでしょうか?

 

今回は元掃除屋だった筆者の体験を元に、エアコンクリーニングが適している時期、エアコンクリーニングの頻度について綴って行きます。

 

 

スポンサーリンク




エアコンクリーニングをするには秋がいい?

エアコンクリーニングをするには、いつが良いか知っていますか?

 

「秋が良い」と言われているそうです。

 

10年以上掃除屋をやっていた僕ですが、掃除屋的にも秋にエアコンクリーニングの仕事があるといいなぁと思います。

 

夏の暑さは和らいでいますし、お盆前や12月のお掃除シーズンに比べたら忙しさもマシですしね(笑)

 

冗談はさておき…

 

春って引っ越しのシーズンです。

 

空いたアパートのクリーニングはもちろん、空室が続いていた部屋のお掃除など、3月・4月・5月はバタバタと忙しいです。

 

5月の中頃からエアコンクリーニングの仕事が増えてきまして、夏の暑くなる頃には毎日数台のエアコンクリーニングは当たり前の状態になります。

 

人が集まるお盆前なんかは結構忙しいですね。

 

暑い時期が終わる頃には仕事は少し落ち着いてきまして、年が終わる12月が大掃除の時期で一番忙しい時期となります。

 

 

 

正直に言うと、仕事全般に当たるとは思うんですけど、忙しくて追われている時期の仕事ってどうしてもミスや失敗って出てきちゃうんですよね。。。

 

逆に暇な時期の仕事って、ていねいな作業になるっていうか、心にゆとりがあるっていうか。

 

お客さんの立場とすれば、業者がヒマな時期のほうが、ていねいな仕事に当たる確率が上がると言えますよ㊙

 

 

エアコンクリーニングをするのに良い時期とは?

エアコンの汚れを考えた時、一番考えてしまうのは「カビ」だと思うんです。

 

 

 

 

 

エアコンの冷房は、エアコン上部のアルミフィンで空気を吸い、ガスで冷却して、吹き出し口から吐き出します。

 

この時にアルミフィンには、空気を冷やしたことで結露して、水滴ができるわけです。

 

そしてアルミフィンで吸い込んでいる空気には、カビの胞子なんかを含んでいるんですね。

 

繁殖に必要な水があって、気温が高い。。。

 

カビにとって夏は、最適なシーズンなんですよね。

 

たとえエアコンを買い替えて新しいモノがお部屋についたとしても、夏にワンシーズン使っただけで内部にはカビが発生します。

 

エアコンクリーニングを頼んでくるお客さんは、暑くなって冷房をつけた時のニオイが原因だったり、黒いゴミが落ちてくるのが原因だったりしますが、カビが絡んで原因の場合が多いです。

 

夏の始まりににエアコンクリーニングをしても、夏の終わりには内部にカビが生えています。

 

そのまま冬に暖房を使うと、カビの胞子も・・・

 

もし秋にエアコンクリーニングをしたならば、カビの繁殖には適していない寒い時期に暖房を使い、春を過ぎて夏のシーズンを迎えます。

 

エアコンの使い方と汚れ方を考えても、エアコンクリーニングをするのは秋が最適だと思いますね。

 

 

スポンサーリンク

エアコンクリーニングの頻度は?

まぁ掃除屋的には、「年に一度!」と言いたいところでしょうが。。。

 

もう引退しましたが実際に掃除屋をやっていた僕としては、「やろうと思った年の秋にやればいいですよ・・・」という答えになります。

 

ちょっと、上に書いたことと矛盾していますけどね。。。

 

実際にエアコンの洗浄をやってきて感じることは、「現場でエアコンを洗浄したとしても、完全に汚れを落とすことはできない」ってことですね。

 

ぶっちゃけエアコン自体が、洗浄することを前提に作られていませんし。

 

「構造上たまたま洗えた」っていうのがデカいんです。

 

 

 

エアコンクリーニングの工程って、アルミフィンと吹き出し口内部に洗剤をかけ、高圧ポンプを使って水で洗い流していきます。

 

どうしても、洗剤や水が掛けられない死角の部分、さらには水分NGな部分ってあるんですよ。

 

もし本当にエアコンをキレイにしたいというなら、壁から取り外して持ち帰り、分解して内部のすみずみまでの掃除が必要になりますね。

 

その分かかる費用も、かなり高くなります。

 

でも、そこまでていねいにクリーニングしたとしても、、、夏のシーズンが終わると内部にカビが生えているっていうね。。。

 

 

僕自身、エアコンクリーニングの資材は一式持っています。

 

で、自分の家のエアコンをキレイに洗浄しているのかというと・・・

 

・・・すぐカビが生えるのがわかっているので、どうしてもホコリやニオイが手に負えなくなったら・・・っていう状態ですね(笑)

 

 

もしも家族がアレルギーを持っているのなら、症状を悪化させないために、毎年クリーニングした方がいいのかもしれません。

 

あとは、ニオイがひどくなった、吹き出し口から黒いゴミやホコリが出るようになったというタイミングで、クリーニングを考えていいと思いますよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

一年の中で、エアコンクリーニングをするのに向いている時期は、秋だと思います。

 

エアコンの使い方と汚れの状態、丁寧な施工ということを考えても、秋が最適だと思います。

 

アレルギー症状を抱えている人が家族にいる場合は、毎年クリーニングした方がいいかもしれません。

 

ただしお部屋の中で、洗剤をかけて高圧ポンプで洗浄する方法では、完全に汚れを落とすのは無理です。

 

体調、生活環境を考えて、エアコンクリーニングを考えてみていかがでしょうか!

 

 

 

コメント