台風の時はエアコンを使わない?冷房が効かないから?送風は?

台風がくる季節はまだまだ蒸し暑いし、強風のため窓が開けられないから、エアコンを使いたくなるものです。

しかし、実は台風接近中にエアコンを使うのはよくないことなのです。

ここでは、台風の時にエアコンは使わない方が良い理由、冷房は効かないのか、送風も使わない方がいい理由について説明します。

スポンサーリンク

台風の時はエアコンを使わないほうがいい理由

とても強い雨と風の台風の時は、家の中で避難するしかありません。

台風がくるのは大体夏から秋にかけてですから、まだまだエアコンを使うことが多いです。

 

しかし、エアコンを台風の時に使うと壊れやすいのです。

強い風が吹く台風接近中にエアコンを使うと、室外機のファンにはものすごく負荷がかかってしまいます。

 

台風の風速30m/sという強い風が室外機のファンに当たると強い衝撃を受け、モーターが逆回転することもあります。

その状況の中、エアコンを運転するとモーターでファンが回ろうとして、風の力とモーターの力の板挟みになってしまいます。

 

すると、モーターやブレードなどが壊れたり、冷却ガスが漏れてしまったりすることがあります。

モーターやブレードが壊れた時は修理できますが、冷却ガスが漏れてしまうと室外機自体の交換、あるいはエアコン自体の買い替えが必要になることもあります。

そんなことになったら、本当にショックですね。

モーターやブレードが壊れるまでに至らなくても、ファンが回らないでエアコンの運転が一時停止してしまうこともあります。

 

雨台風でも、注意が必要です。

最近ではゲリラ豪雨など、極端に集中して雨が降ることがあります。

大雨の時は、エアコンの内部に溜まった水を外に出すドレンホースから水を押し戻してしまうこともあります。

水の逆流でエアコンが故障することはありませんが、エアコンから水が落ちることがあり、テレビの上にエアコンを設置している場合は注意が必要です。

台風の時に冷房をつけても効かない??

台風の時、エアコンの冷房をつけても冷たい風が出てこない時があります。

台風の時に冷房が効かなくなるのは、エアコンの室外機が関係します。

 

冷房運転を始めると、室内のエアコンのアルミフィン部分から空気を吸い、冷やされた空気が吹き出し口から出ます。

その時に室外機のファンが回転し、熱い空気を外に出しています。

 

台風で強い風を室外機に受けた場合、室外機の中にあるファンが逆回転したり止まったりすることがあるのです。

この場合、冷房は効かなくなりますね。

冷たい風が出ている場合は、なんとか冷房運転を続けているといった感じでしょうか。

 

あとファンの回転が停止した時、異常モードが発生しエアコンの運転が止まることがあるんです。

室内機の表示板がピコピコ点滅するエラー表示が出た場合、何らかの異常が起こっている場合が多いです。

台風の時に室内のエアコンが点滅する場合、強風の影響でエアコンが動かないんだなぁと、あきらめが必要な場合もありますね。

スポンサーリンク

 

台風の時にエアコンの送風の使わないほうがいい?

台風の時に冷房が使えないのは分かったけれど、送風だけなら使えないのかな?と思いますよね。

せめて、送風で換気だけでもしたい気持ちはわかります。

しかし、台風の雨風にさらされている室外機を運転させるのはかなりのリスクがあります。

できれば、室外機はカバーをしっかりとかけて、台風から守ってあげたいところです。

 

エアコンを運転させなければ、台風からエアコンを守れるわけではありません。

台風で飛ばされてきたものからも、室外機を守る必要があります。

台風の時は屋根の瓦や木の枝なども飛んできます。

 

このようなものが室外機を直撃すれば、ひとたまりもないでしょう。

それから、室外機そのものの設置についても確認しましょう。

昨今では、室外機自体が台風で倒れてしまう被害も出ています。

しっかりと固定されているかを確認しておきましょう。

 

送風だけというなら、扇風機やサーキュレーターで代用するのがおすすめです。

 

エアコンが使えないというのはとても厳しい条件ですが、ネット上には台風によるエアコン被害がたびたび報告されています。

電気屋さんの間では、台風になるたびにエアコン修理の依頼が増えるという話が飛び交うほどだそうです。

台風が来る前に、エアコンを使わないで過ごす工夫を準備しておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

台風の時は、なるべくエアコンを使わないで過ごせるように事前に準備をしましょう。

台風の強風で、室外機のファンが逆回りするなど負荷がかかるので、エアコンをつけると故障しやすくなります。

また、台風で外の環境がいつもと違い、冷えにくいということもあります。

エアコンをつかわなくても、涼しく過ごす対策が必要です。

また、エアコンの室外機も台風への備えをしておくことをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました