血圧の下の値が高い原因とは?症状は?下げ方は?




 

血圧を測ると上と下の値の差が、少ない人もいると思います。

 

この場合、上の値が正常値ならば、下の値が高血圧ということになります。

 

なぜ下の値が高いのか、どんな症状が出るのか、不安な方もいるのではないでしょうか。

 

今回は、血圧の下(拡張期)の値が高い場合の原因、症状、改善について綴って行きます。

 

 

スポンサーリンク

血圧の下(拡張期)の値が高い原因とは?

下(拡張期)の血圧は90mmHg未満が正常値とされていますが、これを超える場合は、まず動脈硬化があげられますね。。

 

一般的には、動脈の弾力性が低下し、硬化している可能性があります。

 

動脈は心臓の動きに合わせて拡張と収縮を繰り返します。

 

動脈が拡張した後に、収縮がキチンとできないと血圧の下の値が高くなってきます。。

 

あとは、塩分過多、ストレス、肥満、運動不足、睡眠不足、喫煙、多量の飲酒などが考えられます。

 

 

血圧の下(拡張期)の値が高い場合の症状は?

下の血圧(拡張期)だけが高くても、症状が出ない場合が多いです。

 

サイレントキラーと言われるだけあって、上だけ高い場合や上下両方高くても、症状が出ない人も多いですねぇ。

 

ですので、日常生活に支障を感じないことがほとんどです。

 

逆に考えると、高血圧の症状は重症にならないと出無い場合が多いと言えますね。。。怖

 

動脈硬化が関係しているのか、下の血圧が高い人は臓器障害を起こしやすい傾向があるようです。。。。

 

スポンサーリンク

 

血圧の下(拡張期)の値の下げ方とは?

血圧の下(拡張期)の値だけを下げるのは難しいです。

 

上(収縮期)の血圧ならば心臓の働きをコントロールしたり、元の病気をコントロールすることで改善できます。

 

でも、下の血圧を下げるということは、細動脈硬化などの全身の問題を改善することなので難しいんです。

 

高血圧自体は遺伝の場合も多いですが、生活習慣によるものなら改善した方がいいですね~!

 

塩分を減らす。

 

ストレスを減らす。

 

コレステロール値に気をつける。

 

肥満の人は体重を減らす。

 

ウォーキングなどの有酸素運動で運動不足を解消する。

 

禁煙、副流煙の回避。

 

糖尿など持病のコントロール。

 

ストレスの軽減には、、、他人を変えることはできないことを理解する、先のことを考えすぎない、自分の力の及ばないことは気にしないことなど、自分の心をを守る方法を身に付けておくといいですよ~。

 

ちなみに効果がずっと続くわけではないのですが、、、入浴で体を温めると細動脈が広がるので、下(拡張期)の血圧の改善に期待できます。

 

僕のおすすめは、リラックス効果も期待できるので、40℃ほどのぬるめのお湯での半身浴ですね~♪

 

スポンサーリンク

 

まとめ

下の血圧の値だけを改善する方法は、難しいです。

 

上と下の値を改善する方法になりますが、お医者さんとも相談の上、肥満、運動不足、ストレスなど、生活習慣の見直しから始めてみてくださいね~!!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました