洗濯機にカビが出続ける時どうしたらいい?原因と予防方法を紹介

毎日使う洗濯機ですが、定期的に洗濯槽のカビ退治をしていますか?

洗濯槽クリーナーでするのが一般的ですが、何回すすいでも、カビが出続けることがあります。

使っている洗濯槽クリーナーがいけないの?

こんな時、どうしたらいいの?

ここでは、洗濯機のカビが出続ける場合の対処法、洗濯機にカビが生える原因とカビの予防方法を説明します。



洗濯機にカビが出続ける場合どうしたらいい?

すすいでも、すすいでも、カビが出続ける原因は二つ!

一つは、頑固なカビがこびりついていて、十分に取り切れていないから。

長年放置していてカビなどは、一回、洗濯槽クリーナーを使っただけではまだ残っている可能性があります。

 

もう一つの原因は、洗濯槽クリーナーの効力を十分に発揮させられなかったから。

例えば、十分につけ置き時間を取っていないとか、洗濯槽の大きさに対して洗濯槽クリーナーの使用量が少なかったことにより、十分にカビを取り切れないことがあります。

また、水温が低いのも、効力が落ちてしまう原因になります。

原因が分かったところで、使用上の注意をよく読んで、もう一度、洗濯槽クリーナーを使ってみましょう。

 

それでも、もし、カビが出続ける場合はとっておきの洗濯槽クリーナーを使いましょう!

それは、洗濯機のメーカー純正の洗濯槽クリーナーです。

ちょっと値段が張りますが、効果は抜群です。

 

市販の洗濯槽クリーナーは酸素系漂白剤を使っているものが多く、ちょっとしたカビ取りは十分できますが、頑固なカビ取りには塩素系漂白剤を使ったものがおすすめです。

なかでも、メーカー純正の洗濯槽クリーナーは塩素系漂白剤が高濃度になっていて、一回の使用でしっかりとカビ退治ができます。

洗濯機のカビの原因は?

毎日、使っている洗濯機なのに、どうしてカビができるのかしら?

放置してあれば、カビができるのも納得がいくけど、使用後はちゃんと脱水しているのに・・・。

 

洗濯機を正しく使っていても、実は洗濯槽の奥には洗濯物に付着していたゴミや溶け切らなかった洗剤が残っています。

これがカビのエサとなってしまっているわけです。

 

また、洗濯槽の奥は風通しが悪く、ちょっとした水分も乾きにくい状態です

そして、冬場ならまだしも、梅雨時から夏場になると、日本は高温多湿になり、カビが発生する条件がそろってしまうのです。

ですから、どうしても、洗濯機のカビ退治を定期的に行う必要があるのです。



洗濯機のカビを予防する!

洗濯機にカビを発生させないように、日ごろから次のことに気を付けて使用しましょう。

 

① 粉末の洗剤や柔軟剤を使用する時は溶かしてから入れる

溶け残った洗剤や柔軟剤がカビの原因になりますので、普段から、溶かしてから入れるようにすれば、カビの原因を減らすことができます。

また、洗濯する衣類の素材にもよりますが、40度ぐらいのお湯を使うと、粉末の洗剤や柔軟剤が溶けやすくなります。

 

② 洗濯のすすぎは2回にする

最近ではすすぎ1回でOKの時短ができる洗剤が増えています。

洗濯物のすすぎは1回で十分に設計されている洗剤でも、洗濯槽から洗剤を流し切ることを考えると、すすぎ2回の方がおすすめです。

 

③ 洗濯物を洗濯槽に放置しない

洗濯機が止まったのに、いつまでも洗濯槽に置きっぱなしにしていませんか?

なるべく早く、洗濯物を取り出し、洗濯槽を乾燥させるようにしましょう。

また、洗濯する衣類などを直接、洗濯槽に入れたままにするのも、洗濯槽の乾燥を妨げることになります。

 

④ 洗濯機を使っていない時はフタを開けておく

フタを開けておくなんて、だらしがないように感じるかもしれませんが、洗濯槽の奥まで乾燥させるには開けておくのがおすすめです。

洗濯機の機種によっては、「槽乾燥」という機能があり、洗濯槽の湿気を飛ばしてくれるものもあります。

機能が付いている場合は使うのと効果的ですね。

 

これらの対策をしても、忘れてはいけないのは、定期的なカビ退治は必要ってこと!

長期に放置するとカビ退治も大変になりますから、目安としては2~3か月に一度、洗濯槽クリーナーを使っておくようにしましょう。



洗濯機クリーニングなら【おそうじ本舗】

まとめ

市販の洗濯槽クリーナーによるカビ退治は効力を発揮させるため、使用量や水温、浸す時間などに十分注意しましょう。

そうしないと、せっかく使っても、カビがいつまでも取り切れないことがあります。

取り切れない時は、洗濯機メーカー純正の洗濯槽クリーナーが効果的です。

塩素濃度が高い漂白剤で、一度の使用で確実にカビ退治してくれます。

もし、洗濯機メーカー純正の洗濯槽クリーナーを使ってみても思ったほどキレイにならないとい感じる場合は、おそうじ本舗など信頼のできる大手の業者に洗濯機の分解洗浄を依頼してみるのも良いかもしれません。

分解洗浄の後に何かトラブルが起こったとしても、名前が通った大手の業者だとキチンと対応してくれて心強いです。

日ごろから、カビを増やさない使い方を心がけるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました