切り花を長持ちさせるには炭酸水がいい?砂糖や氷も効果がある?

気分転換に買ったり、もらったりした切り花を花瓶に入れると雰囲気がパッと明るくなっていいですよね。

ただ、毎日水を変えていたとしても段々と枯れていってしまします。

でも切り花に炭酸水を使うと長持ちするというの本当なのでしょうか?

今回は、炭酸水や砂糖・氷を使って切り花を長持ちさせる方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

切り花を長持ちさせるには炭酸水がいい?

買ったりもらったりした切り花は、せっかくなら長持ちさせて飾っておきたいですよね。

そんな時、花の延命剤を使う方法もありますが、実は身近なもので切り花を長持ちさせることが出来るんです。

それは、炭酸水!

 

ただし、無糖の炭酸水ではNGです。

糖分の入っている、いわゆるサイダーと呼ばれるものを使ってくださいね。

 

サイダーに含まれる糖分が、切り花を長持ちさせるために重要なんですよ。

サイダーに含まれる果糖ブドウ糖は普通の糖よりも粒子が小さいので、花の茎から水分を吸い上げる細い管から吸収しやすいんです。

ですので、確実に花全体に栄養を行き渡らせることが出来るんですよ。

 

また、サイダーの炭酸ガスには静菌作用があるので、バクテリアが繁殖しにくくなり水を綺麗な状態で長持ちさせることが出来るんです。

水が綺麗な状態を維持できると、当然花は長持ちしますよね。

 

さて、サイダーを使って切り花を長持ちさせる手順はこちらです。

1.気の抜けたサイダーを準備する。炭酸が強いままだと、切り花を傷めてしまう原因になります。キャップを開けた時にプシュッという音が控えめになったぐらいが目安ですよ。

2.花瓶の水に対して2割程度の量を入れる。

これだけでOKなんです。簡単ですよね!

 

ただし、サイダーに静菌作用があるとはいえ、完全にバクテリアを発生させないわけではありません。

糖が含まれているので、バクテリアは増えやすく水が汚れやすい状態には変わりないのです。

あくまでも「バクテリアが早く増えないよ!」ということを覚えておいてくださいね。

 

できれば、花瓶の水を毎日換えてその都度花瓶も洗うのがベストです。

もし無理なら、2日に1回や目に見えて水が汚れてきたら水を換えるようにしましょう。

 

ちなみに、サイダーなどの炭酸飲料にはコーラがありますが、無色でないサイダーは酸性が強いため切り花が傷んでしまう原因となります。どうしてもサイダーが無い場合は使用してもいいですが、量を少なくして使ってくださいね。

出来れば、サイダーは無色のものを使うといいですよ。

切り花を長持ちさせるには砂糖?

実は、砂糖を使っても切り花を長持ちさせることができますよ。

サイダーと同じで糖分が花の栄養になるんです。

 

砂糖は水200mlに対して小さじ1杯程度入れればOK!

少ない量で大丈夫なんです。明確な量は決まっていないのですが、入れる量が多すぎるとエネルギーが多すぎて花が腐ったり葉が黒くなったりしてしまうんです。

 

ただし、砂糖を入れると切り花は長持ちしますが水は汚れてしまいます。

花瓶の水は毎日換えるようにしましょうね。

毎日が無理なら水が汚れてきたら変えるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

切り花を長持ちさせるには氷?

水が汚れやすくぬるくなる夏場は、花瓶の水を綺麗に保っておくことは難しいですよね。

水がぬるくなるとバクテリアが繁殖しやすくなるのですが、冷たい水の中ではバクテリアが生存するのは難しいんです。

 

そうなると「花瓶の水の中に氷を入れて冷やせばいいんじゃ?」と思ってしまいます。

ですが、水が汚れやすくぬるくなる夏場は氷を入れたとしてもすぐに溶けてしまいます。

数分は冷たい状態を保てるかもしれませんが、氷が溶けてしまったら意味が無くなりますよね。

数分だけ水が冷たくなる程度では、残念ながら花を長持ちさせる効果は無いんです。

 

また、切り花はとても繊細で温度変化に敏感です。

気温は高いのに水が冷たい状態は、温度変化に戸惑ってのぼせる原因になったり水温の乱高下で花を傷めてしまいます。

花瓶の水に氷を入れる管理をするよりも、毎日水を換えてその都度花瓶も洗うほうが切り花を長持ちさせるコツですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

切り花を長持ちさせるには糖分の入った炭酸水、いわゆるサイダーを使うといいですよ。

花瓶の水に対して2割程度の気の抜けたサイダーをいれるだけでOKです。

サイダーは無色のものを使用するようにしてくださいね。

砂糖を使う場合は、水200mlに対して小さじ1杯入れるだけでOKです。

入れ過ぎると切り花を傷める原因になるので、注意してくださいね。

サイダーや砂糖を使う場合、どちらも花瓶の水は毎日換えるか汚れてきたら変えるようにしましょう。

氷を使って切り花を長持ちさせることは残念ながらできません。

水温の乱高下により花を傷めてしまいます。

切り花を長持ちさせるために、水を毎日換えるのは大変ですよね。

そんな時はサイダーや砂糖を使って少しでもラクに管理すればOK!

身近な物で切り花を長持ちさせて、部屋も気持ちもパッと明るくさせましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました