化粧を落とさない方が肌は綺麗?シミ?寝てしまった時の対処法

大人の女性なら、一度や二度はやってはいけないことと分かっていながら、化粧を落とさないまま寝てしまった経験はあるでしょう。

しかし、意外にも翌朝、肌が綺麗なことに驚くことがあります。

本当のところはどうなのでしょうか?

ここでは、化粧を落とさないこと方が肌が綺麗なのか、化粧を落とさないとシミになりやすいのか、寝てしまった場合のケア方法について説明します。

スポンサーリンク

化粧を落とさない方が肌は綺麗??

実は、化粧を落とさなくても、しっかり寝た翌朝は肌の調子が整いやすいのです。

ファンデーション自体はもともと1日中肌に付けているものですから、睡眠時間の間もつけっぱなしでも、すぐに肌トラブルを招くことはあまりありません。

 

しかし、寝る前に化粧を落とすのがなんとなく当たり前です。

化粧を落とさないで寝てしまった翌朝は、肌の調子が悪いこともあります。

一体、どういうことなのでしょうか?

 

それは、化粧を落とさなかったことが原因で、肌の調子が悪いわけではないのです。

暴飲暴食や夜更かししたりという生活の乱れが、肌の調子を狂わせている原因です。

睡眠不足やストレス、運動不足、栄養バランスが取れていない食生活などが、肌に悪い影響を与えています。

 

それから、一日一度、化粧を落とさないと、その後のルーティンワークであるスキンケアを怠ってしまいます。

これこそが、肌の調子を悪くしている理由なのです。

化粧を落とさないとシミができやすい?

化粧を落とす時、クレンジング剤を利用して顔を洗います。

拭き取って、化粧を落とす人がいます。

実はこの工程が肌の古い角質を除去し、肌の新陳代謝を促進する効果があるのです。

 

シミは紫外線やストレスなどによる活性酸素によって発生します。

しかし、肌の新陳代謝が早いと、どんどん除去され、新しい肌に生まれ変わっていきます。

肌の新陳代謝が遅いと、古い角質がいつまでも残っていて、シミになってしまいます。

 

肌の新陳代謝は洗顔やピーリングなどでも促進されますが、栄養バランスの取れた食事やいい睡眠によるホルモンの分泌なども重要です。

美肌作りには外からのアプローチだけでなく、身体の中からのアプローチも大切になります。

 

スポンサーリンク

化粧を落とさないで寝てしまった場合のケア方法!

最近のファンデーションは高機能で、美容成分も含まれているものも多くあります。

しかし、朝からずっとつけっぱなしでは、汗や皮脂などが混ざり、ファンデーションの油分は酸化するなど変質してくることもあります。

ファンデーションが毛穴につまり、ニキビを招く恐れもあります。

 

しかし、肌に悪いと分かっていても、化粧を落とさずに寝てしまうことがありますよね。

そんな時のケア方法を紹介しましょう。

 

まず、温かい白湯を飲みましょう。

寝ている間に失った水分をしっかり補給します。

乾燥は肌の大敵です。

温かい白湯を飲むことで、身体の代謝を促進させます。

 

それから、普段より多めのクレンジング剤で丁寧に化粧落としを始めましょう。

目の周りや鼻の脇など、細かな部分にファンデーションが固まっていることがあります。

麺棒などで、やさしく綺麗に落としていきます。

 

いつものスキンケアでは、クレンジングオイルでマッサージをしている人も、この時はやめておきましょう。

既に、肌のダメージが始まっている可能性もあるため、マッサージなどの刺激を与えることは禁物です。

 

化粧が落ちたら、洗顔料を使い、しっかり泡を立てて洗顔します。

化粧したままだった肌は乾燥気味です。

やさしく洗いましょう。

 

その後、湯船にゆっくりつかったり、時間に余裕がある時は蒸しタオルでパックしたりしましょう。

身体を芯から温め、毛穴を開かせていきます。

ここで、ふきとり化粧水を使い、毛穴の奥に残っていたメイクの汚れを落とします。

入浴後はたっぷりの化粧水を少しずつ手にとって、しっかりと肌になじませます。

 

さらに、シートマスクや美容液で乾燥対策を施しましょう。

最後に、クリームを塗り、リンパマッサージをして、ケアは完了です。

できれば、肌は疲れていますから、その日はメイクなしか、軽めのメイクで過ごしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

化粧をしたまま、寝てしまうと肌の調子が悪くなるとは限りません。

肌の調子を悪くしているのは、化粧をしたままということよりも、夜更かしや食生活の乱れなどが原因です。

もちろん、化粧をしたまま寝ることは良いことではありません。

してしまった時はスペシャルなスキンケアで、肌を労わりましょう

 

タイトルとURLをコピーしました