お中元を会社に送る時宛名はどうする?のしや取引先へのマナーは?




 

取引先の会社へお中元を送るには、いろいろとマナー的な決まりがあります。

 

とは言うモノの、意外と知らないことも多いですよね。

 

今回は、取引先の会社へお中元を送るときの宛名はどうしたらいいのか、「のし」はどうしたらいいのか、取引先への気配りやマナーについて綴って行きます。

 

スポンサーリンク

お中元を会社に送る時に宛名はどうしたらいい?

取引先の会社にお中元を考える時、宛名はどうしたらいいのか悩みますよね。

 

企業によっては、「宛名を書かない」としているところもありますが。

 

宛名を書くようにしている企業でも、送る会社がそれほど規模が大きくない会社であるならば、宛名を社長名にした方がいいのか、会社名にした方がよいのか悩む場合もあります。

 

この場合は、正直なところ「どちらでも良い」ですよ~。

 

書き方の例を挙げると

 

○○○○株式会社 御中

 

 

株式会社○○○○

代表取締役 ○○ ○○ 様

 

になります。

 

ただし、会社宛てにすると、社長の手元には届かないかもしれません。

 

社長の手に届くようにしたい場合は、会社名を書いた横に「社長様」と書くといいですね。

 

会社全体や部署全体に宛に贈る場合

取引先の会社全体や部署に贈る場合は「様」は使わず、支店名や部署名を書いてから「御中」をつけてください。

 

○○○○株式会社

東京支店 御中

 

 

○○○○株式会社

営業部 営業課 御中

 

会社内の個人宛てに贈る場合

取引先企業の個人宛に贈る場合は、会社名+部署名+名前(様)と書きます。

 

株式会社○○○○ 営業部

部長 ○○ ○○ 様

 

後々お礼状の気配りをされることもありますし、お中元を贈る場合は、一緒に「お世話になっている挨拶文」を添えると良いですよ!!

 

 

お中元を会社に贈るときにのしはどうする?

お中元を贈るときは、紅白の蝶結びの「のし」をつけてください。

 

紅白の蝶結びの「のし」は、婚礼関係以外のお祝い事に使えます。

 

のし紙に書く「表書き」は、普段からお世話になっているなら、時期にもよりますが「お中元」と書いてください。

 

一時期だけ送るつもりの「お中元」なら、「無地のし」の方が良いという地域や企業もありますね。

 

ここら辺は、職場で確認してみるといいでしょう。

 

あと「内のし」にするか「外のし」にするかも、職場で確認をとってみてくださいね。

 

内のしと外のしの違いを書いてみますと

 

〇内のし

贈り物→のし紙→包装紙

 

〇外のし

贈り物→包装紙→のし紙

 

こんな感じです。

 

元々は「外のし」が一般的でした。

 

ただし最近では、のし紙が破れたり傷ついたりしないために、宅配や郵送で送る場合は「内のし」にすることが多いですね。

 

職場の上司や売り場の係員にたずねてみたり、臨機応変に対処することをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

お中元を会社から取引先に贈る場合のマナーとは?

お中元が届く時期によって、「のし紙」の表書きを考える必要があります。

 

〇7月上旬~15日あたり

「お中元」「御中元」

 

〇7月16日あたり~8月6日あたり

「暑中御見舞」「暑中お伺い」

 

〇8月7日(立秋)あたり~8月最後まで

「残暑御見舞」「残暑お伺い」

 

です。

 

相場としては、5,000円~10,000円あたりですかね。

 

贈るモノとしては、そうめんやハムなどより、社員みんなで分けられるものがおすすめです。

 

あとは、常温保存が出来るモノや日持ちするものが良いですよー。

 

〇ジュース・コーヒー・紅茶

暑い夏には喜ばれますね。

瓶やペットボトルタイプのモノよりも、缶ジュースのほうがシェアしやすいのでおすすめです。

 

 

〇ゼリー・プリン

暑い時期に冷たい口あたりが楽しめるので、定番商品ですよね。

フルーツが入っているモノなど、オリジナリティーのある商品を探してみるのもいいかもしれませんね。

 

〇和菓子の詰め合わせ

水ようかんやくずきりなど、季節を感じますよね。

年配の方の多い会社だと、おせんべいなども喜ばれるかもしれません。

 

〇洋菓子の詰め合わせ

若い方が多い会社だと、喜ばれるかもしれませんね。

数が多いので、シェアしやすいです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

取引のある会社へお中元を送る場合、宛名は職場の上司に一度尋ねてみるのが賢明です。

 

「のし紙」は紅白の蝶結びのものを使い、「表書き」は取引先の会社に届く時期によって「お中元」「暑中御見舞い」などを選びます。

 

宅配で送る場合は、「内のし」にしてもらうのが一般的です。

 

会社の皆さんで分け合うことを考えた商品を選ぶことをおすすめします♪

 

タイトルとURLをコピーしました