美味しいモノ♪

ぜんまいの煮物って冷凍できる?あく抜きで重曹がない?日持ちは?

投稿日:

ぜんまいをたくさんもらったし、煮物にでもしようかなと考えたものの、保存ってどうするの?

「下処理は?」「日持ちはどのくらい?」等など疑問が出てきてしまったあなた。

いや~お気持ち分かります。

手慣れている人ならともかく、山菜の扱いって、分からないことだらけで、難しいですよね。

そこで今回は、あなたの疑問にどしどしお答えしていきたいと思います。

これを読めば、安心してぜんまいの煮物を作り、最後まで美味しくいただけますよ。

スポンサーリンク

ぜんまいの煮物って冷凍保存できる?

ぜんまいの煮物は冷凍保存できます!!

 

ぜんまいの下処理方法については、次の章でご紹介するとして、まずは、保存についてお話しします。

ぜんまいをはじめ山菜というものは、新鮮なほどあくが少ない傾向にあります。

だから、採取して常温に放置しておくことはNGなのです。

日に日に渋さと苦みが強くなり、下処理をしても食べられないものになってしまいます。

 

よって、基本は冷蔵保存になりますね。

それでも、きちんと下処理と管理を整えて、1週間が限界です。

そこで、更に長持ちさせるには、冷凍保存となるわけですね。

 

下処理をした状態でも、煮物に調理した後でも冷凍保存は可能ですよ。

手順を踏んで保存することにより、日持ちは1ヵ月ほどに伸びるのです。

 

では、具体的な冷凍保存のポイントをご紹介したいと思います。

まず下処理をしただけのものは、水気を切り、保存袋になるべく平らになるように入れます。

あれば急冷室を利用し、ない場合は、ステンレスのバットに入れて冷凍する等、なるべく急速冷凍を心がけて下さいね。

それにより、品質の良いまま長持ちさせることができますよ。

 

ただし煮物の場合は、水気を切らずに煮汁に浸した状態で冷凍します。

その場合も、保存袋に平らになるようにし、急冷を心がけることは同じですね。

ぜんまいのあく抜きで重曹が無い場合どうしたらいい?

では、ぜんまいの保存についてはお分かりいただけたかと思いますので、次は下処理方法をご紹介します。

山菜であるぜんまいは、必ずあく抜きが必要です。

 

その処理を怠ると、渋さや苦味で食べられたものではないとお話ししました。

ただし新鮮あれば、あくも少ないので、重曹や灰といった特別な材料を用意する必要はないのです。

 

①ぜんまいの綿毛(表面の毛のようなものと先の丸い部分)を指でそっと撫でるようにして、取っていきます。

②きれいになったら、流水で洗い、鍋に入れますよ。

③そこに、たっぷりの水を注ぎ、強火にかけます。

④沸騰したら、湯だけを捨てます。この作業を「茹でこぼし」と言い、これを3回ほど繰り返します。

なんとこれだけで、そのまま調理に使うことができるのです。

簡単ですよね。

ただこれは、採り立ての新鮮な場合に限ります。

 

一般的には、重曹や灰で処理を行う必要があるのです。

ちなみにここで言う重曹は、お掃除用とは別になります。

必ず、口に入れても良い、調理用の重曹を使用して下さいね。

 

でも、重曹や灰なんてないわ!というご家庭も多いですよね。

そこで代用になるのが、なんと小麦粉と塩なのです。

これなら、どのご家庭にもありますよね。

 

こちらの方法も簡単です。

①水1リットルに対して、小麦粉大さじ4と塩小さじ2の割合(ぜんまいの量を見て、総量を増減させて下さいね。)で、鍋に入れ、よくかき混ぜ溶かしておきます。

(湯を沸かしてからでは、小麦粉はダマになり混ぜられなくなってしまうので、水の状態でかき混ぜて下さいね。)

②これを強火にかけ、沸騰させます。

③沸いたら、綿毛を取って流水で洗ったぜんまいを入れます。

一旦、水温が下がってしまうので、再沸騰を待ち、弱火にしたら3分茹でます。

④その後、流水で洗い流し、真水に1時間程度さらしたら、オッケーですよ。

そのまま調理に使えます。

 

何れの方法でも、あく抜きをした後のぜんまいは、たっぷりの水に漬けておけば、冷蔵庫で1週間ほど保存可能です。

この場合は、必ず1日1回水を取り替えることをお忘れなく。

 

前章でお伝えした通り、冷凍保存も可能です。

消費期限内なら、いつでもすぐに、ぜんまいの煮物やおこわ、炊き込みご飯、炒め物等の調理に取りかかれて便利ですよね。

 

スポンサーリンク

ぜんまいの煮物の日持ちはどれくらい?

多少重複しますが、ぜんまいの煮物の日持ちについてまとめてみます。

調理したものとはいえ、常温での長期保存はできません。

その日のうちに食べきれないなと思ったら、すぐに、タッパーなど蓋付き容器に煮汁ごと入れて、冷蔵庫で保管して下さいね。

 

それでも、日持ちは2~3日程度になります。

毎日火入れ(鍋に移して加熱する)しても、4~5日と考え下さいね。

 

そして、もちろんのこと、カビが生えてきた場合や、異臭がしたり、一口食べて、酸っぱい等の味の異変を感じたら、腐敗が進んでいる証拠です。

食べてはいけませんよ!

 

やはり、先にご紹介した通り、より日持ちをさせたいなら、冷凍保存が一番ですね。

1ヵ月は持ちますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

ぜんまいの保存や下処理の方法、日持ちについてお話ししてきました。いかがでしたか?

せっかくもらったぜんまいです。ご紹介した下処理を施し、適切な管理と保存をして、最後まで美味しく食べきって下さいね。

 

-美味しいモノ♪
-,

Copyright© 銀の風 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.