カレーを低脂肪で作るレシピ。ささみを使う?クローン病でも食べれる?

スポンサーリンク



 

ダイエットや食事制限などで、脂質の摂取を制限している人もいると思います。

とはいえ、油を控えるって結構大変なんですよね。。。

なおかつ国民食とよんでも言い過ぎではない「カレー」は、食事制限をしている人にとって、あこがれと思えるかもしれません。

今回は、カレーを低脂肪で作るレシピ、低脂肪にするためにささみを使うこと、クローン病や潰瘍性大腸炎でも食べれるかもしれないカレーについて綴って行きます。

 

 

スポンサーリンク




カレーを低脂肪で作るレシピ?

前回、母親と一緒にスーパーに行った際、母が低脂質のカレールウを見つけてくれて、カレーを作って食べたことを書きました。

僕は脂質の摂取を制限されている「クローン病」という病気を持っています。

クローン病と診断されてから4年目に入ったところなのですが、、、やはりどうしてもカレーが食べたくなっちゃいますね。。。

前回はお腹が痛くならないか、症状が顔を出さないか、ビクビクしながらカレーを食べたのですが、数日たっても症状は出ず…♪

味をしめてしまいまして、今日もカレーを食べました( ^ω^ )

今回は、母が作ってくれたというか、、、正式には「作ってくださいm(__)m」とお願いしました(笑)

 

今回見つけたカレールウはこちら!!

じゃん!!

 

 

 

バーモントカレー♪♪

 

前回もバーモントカレーでしたが、種類が違います(笑)

買ってから家で気づいたのですが、「1歳から」って書いてあります(笑)

脂質ばかり見ていて、見忘れてました。

どうりで写真もかわいいカレーなわけですわ(*’ω’*)

アレルギーを持っている人も、わりかし食べれそうですね~。

 

 

 

脂質は、めちゃ少ないですよね…

スーパーへ行くと、脂質のチェックばかりしてしまう自分がいます。

 

 

 

入っている原材料を見ても…僕にはクローン病に影響があるかもわかりませんしね…

今回も…自分で食べてみて、大丈夫か実験ですわ♪

 

 

低脂肪にするためにささみをカレーに…

カレーに入れる肉って、こだわりのある人もいるかもしれません。

牛や豚はおいしいのですが、どうしても脂質が高めになっちゃいますね。

僕自身、医者から低脂肪の食事を厳命されているので、今回は低脂肪の鶏の「ささみ」を使いました。

 

前回は、ノンオイルで水煮の「ツナ」を投入しましたねぇ。

あと、風味はさらにサッパリしますが、凍らせた豆腐を切って入れるのも脂肪が低くて良いと思います。

見た目は油あげの中身のような感じになります。

食感は鶏のささみに近いかもしれません。

解凍して使う場合は、溶けた水分に栄養素が含まれているので、水分ごと鍋に投入するとよいでしょう!

 

スポンサーリンク

 

クローン病や潰瘍性大腸炎でも食べれそうなカレーレシピ…?

今回の材料は、玉ねぎ、にんじん、ジャガイモ、トリのささみを使いました。

今回も、最初に油で炒めずに、ぐつぐつ煮込んで作りましたよ~。

まぁ正確には…母親が作ってくれたんですけどね(笑)

 

こまめにアクをとることがポイントです。

ささみを煮込みすぎると硬くなるので、野菜に火が通ってから入れるといいでしょう。

 

前回は適当に材料を切り、適当に鍋にぶち込んで、、、最後にはどんぶりに盛り付けるという荒業をやらかしてしまい、品がなさすぎて写真をアップできませんでした…汗

なので、今回は母にお願いして作ってもらったわけです(笑)

 

 

今回は、まぁこんな感じで♪

 

手慣れた人が作ると、ちゃんとカレーに見える(笑)

味は、優しい味のカレーでした♪

ふふふ、うまかったです♫

食べて8時間以上たっていますが、今のところお腹も大丈夫です(^^♪

 

おそらくですが、カレールウだけでなく、今まで食べるのをあきらめていたモノも、低脂肪のモノと巡り合うかもしれません。

またスーパーで探索しよう!!!

前回カレーを作った備忘録はこちらです

⇒IBDでもカレーが食べたい!低脂肪で作るレシピとは?

スポンサーリンク

 

まとめ

もし僕と同じIBDを抱えていて、自分でカレーを作るという場合は、自己責任でお願いしますm(__)m

僕がクローン病と診断された後、母は「丈夫な体で産んでやれなくてごめん…」と涙を流しました。。。

僕自身、まったく頭になかったというか感じてもなかった事だったので、逆に母に申し訳なくてですね。

病気と闘っているのは、本人だけではなく家族もなんですよね…

クローン病になって、そして死にかけて…得たもの、変わったものもありますしね。

苦しい時ばかりをクローズアップするのではなくて、少しでも明るい光が浴びたことに、目を向けてみるのも大事なんじゃないかなぁと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました