冬のエアコンの適正温度は?電気代の節約ができる??

スポンサーリンク



 

いよいよ、冬本番!

重ね着したり、ストーブやホットカーペットを使ったりでは間に合わない寒さになってくると暖房をつけたくなりますよね。

しかし、ここで気になるのが電気代。

請求書が来てビックリ!という経験をしたことがある方も多いはず。

ここでは、冬のエアコンの適正温度、エアコンの温度で電気代は変わる? エアコンの温度での節約方法や設定賢い使い方について説明します。

 

 

スポンサーリンク




冬のエアコンの適正温度とは?

さて、部屋が寒いからエアコンをつける時、設定温度は何℃にしていますか?

これは、人によって本当にさまざまで、住んでいる地域、性別、年齢などによって異なります。

 

環境省やエアコンメーカーが推奨している設定温度の目安は20℃ですが、多くの方は22~26℃前後のようです。

 

私自身は22℃ではあったかさがもの足りない感じがするので、設定温度を26℃にしてしまいます(*’ω’*)

 

 

冬のエアコンは温度で電気代が変わる?

ところで、設定温度を低くすれば電気代は上がらないものなのでしょうか?

一般的に設定温度を1℃下げるだけで、電気代は10%の削減になると言われています。

 

例えば、エアコンを25度に設定した場合、1時間の電気代が13.5円だったとします。

でも、24度に設定したら、1時間の電気代は10%OFFの12.2円。

1円しか変わらないと思われるかもしれません。

 

しかし、1日に8時間エアコンを稼働させたら、8円の差があり、さらに、1カ月で考えると、240円の違いが出てきます。

 

たった1℃下げるだけで、電気代240円下がりますから、もし5℃下げたら、電気代は1,000円以上下がる計算になります。

とはいうものの、実際はエアコンが設定温度になるまでの初期段階には、消費電力が増える場合があります。

逆に、設定温度に達した後は少ない電力で運転されることがありますので、計算通りとはなりませんが、やはり、設定温度を意識することで電気代を下げられる可能性は十分にありますよ~。

 

 

スポンサーリンク

冬のエアコンの電気代を、温度で節約するには?

エアコンの設定温度を下げて、電気代を節約したいけれど、寒いのは我慢できませんよね。

そこで、エアコン以外の暖房器具(コタツ・電気毛布・ストーブなど)も一緒に使う方法をおすすめします。

エアコンに比べて、他の暖房器具は比較的、消費電力が少ないので、エアコンと併用しても、それほど電気代が高くなりにくいのです。

 

それから、もう一つ、おすすめの方法が加湿器を使うことです。

湿度が高いと、同じ気温でも暖かく感じやすくなります。

湿度が低いと空気が乾燥して、喉を傷めたり、お肌も乾燥したりしますから、そういう意味でも加湿器の使用はとてもおすすめですよ~。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

2つのコツをつかめば、電気代の請求書に怯えなくても大丈夫そうですね。

1つ目はやみくもに設定温度を上げないで、他の暖房器具も使って、手元や足元を温めること。

2つ目は加湿器も使って、湿度を上げれば、温かく感じやすく、乾燥対策にもなること。
この冬も、エアコンを上手に使って、身も心も懐も暖かくお過ごしください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました