あさりから砂が出ない時の対処法!砂抜きにはお湯や釘が効果的?




 

ミネラル豊富で、旨味たっぷりのあさりですが、美味しさを決める大事な作業が砂抜きです。

 

この砂抜きの方法は塩水につけるだけと本当にシンプルですが、これが上手に出来ないと、あさりの美味しさが台無しなってしまいます。

 

ここでは、あさりから砂が出ない場合の対処法、お湯やクギを使って砂抜きを上手にするコツについて説明します。

 

スポンサーリンク

あさりから砂が出ない時の対処法!

あさりが砂を吐いてくれるには、あさりが生息している環境に近づけることが大切です。

 

まず、今一度、砂抜きの方法を確認しましょう。

 

塩水の塩分濃度は3%になっていますか?

 

あさりが生息していた海水を使った方がベストですが、家庭で用意する場合は水1Lに対して、塩30g(大さじ2杯)で塩分濃度3%になります。

 

さらに、「にがり」の入った天然塩を使うと海水に近くなり、たくさん砂を吐いてくれます。

 

使う水は出来れば水道水より、アルカリイオン水の方があさりは活発に行動するようです。

 

アルカリイオン水が無い場合は、水道水のカルキを抜いて使いましょう。

 

塩水の温度は20℃前後ぐらいでしょうか?

 

あさりは傷みやすいので、夏場はクーラーが効いた涼しい場所で砂抜きをしましょう。

 

また、10℃以下ではあさりがあまり活動しないので、冷蔵庫はおすすめできません。

 

さらに、少し暗い冷暗所の状態にすると、あさりが好む環境になります。

 

その他、あさりが重ならないように並べたり、塩水の量はあさりがかぶる程度だったりいていますか?

 

あさりが重なっていると、上のあさりが吐いた砂を下のあさりが吸ってしまいます。

 

塩水が多過ぎると、あさりは砂を吐きにくくなり、弱ってしまいます。

 

砂抜きには必ずザルを使いましょう。

 

そうしないと、あさりが吐いた砂を再度吸い込んでしまいます。

 

ちょっとしたことがあさりの砂抜きを失敗させる原因になりますので、ご注意ください。

 

 

あさりの砂抜きにはお湯?

テレビ番組で紹介されて以来、ネットで話題になっているお湯で砂抜きする方法。

 

45~50℃のお湯に5分漬けておくだけで、砂抜きが出来てしまうのです。

 

どんどん砂を吐き出すので、あさりをもみ洗いして、3~4回お湯を変えましょう。

 

お湯の温度が高すぎると、あさりのダシが出てしまうので気をつけてください。

 

この方法なら面倒な塩を計る必要もないし、時間もかからないし、本当に魔法のようです。

 

従来の砂抜きに慣れていると、若干、この方法は抵抗がありそうですが、急にあさりを料理することになったら、ぜひお試しください。

 

尚、お湯で砂抜きしたあさりは日持ちしませんので、すぐに調理してくださいね。

 

 

スポンサーリンク

あさりの砂抜きには釘を入れるといい?

あさりの砂抜きで、塩水と一緒に釘を入れるといいという話、聞いたことありますか?

 

人によっては、包丁を入れるといいという話もあります。

 

なぜかというと、塩水に鉄製のものを入れて、鉄イオンを発生させ、海水に近づけるためらしいのですが、実際のところは科学的には解明されていないそうです。

 

また、釘などの鉄分をあさりが嫌がり、たくさんの砂を吐いてくれるそうです。

 

これも科学的には解明されていませんが、そのような実験結果はあるようです。

 

ちなみに私は子供の頃、「サビたクギや包丁を入れておくと良い」と父に教えられましたね。

 

一方で、釘や包丁を入れておいて、砂抜き中に子供が手を入れさせないためという説もあります。

 

たしかに、あさりの砂抜き中、手でグルグルかき回されては困りますからね。

 

どうやら、あさりの砂抜きに釘や包丁を入れるのは迷信のようです。

 

他にも、10円玉を入れるという説や、塩ではなく味の素やだしの素を入れるという説などもありました。

 

昔から、いかに、きちんとあさりの砂出しをして美味しく味わうか試行錯誤されていたので、このようにいろいろな説が生まれたのでしょうかね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

あさりを美味しく味わうためには、ひと手間、ふた手間、かける必要がありそうですね。

 

塩水に漬けるだけの砂抜きの工程も、塩の量や水の温度など、注意点がたくさんありました。

 

意外に手軽なのがお湯を使った方法。

 

温度が高すぎると失敗しやすいですが、温度さえ間違えなければ、塩の軽量はいらないし、とにかく時短で砂抜きが完了するようです。

 

釘や包丁など鉄製品を一緒に入れると砂をたくさん吐いてくれるという説は科学的には不確かです。

 

でも実際にその方が上手くいくと実践している方が多くいますので、一度、試してみる価値がありそうですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました