昆布締めの昆布は再利用できる?種類は?食べる方法を紹介!

タイやヒラメなどの昆布締め、美味しいですよね。

家で作る人もいますし、お歳暮などの贈り物でもらう人もいるでしょう。

昆布締めに使われている昆布はかなり分厚い立派なものですけど、その後、どうしていますか?

ここでは、昆布締めに使った昆布は再利用できるのか、昆布の種類、昆布の食べ方について説明します。

スポンサーリンク

昆布締めの昆布は再利用できる?!

昆布締めに使った昆布ですから、魚の臭みが移っているし、味も薄くなっていて美味しくなさそうと思われているかもしれません。

いやいや、まだまだ使えますから、軽く拭いて冷凍保存しておきましょう。

再利用できますよ!!

 

2回目に使う時は、魚などを挟む時間を2倍にすれば大丈夫!

1回目と同じように、使いまわしの昆布でも、しっかり美味しい昆布締めが出来上がります。

 

そもそも、昆布締めは富山の特産品。

江戸時代、北海道で取れた昆布は船で運ばれ、大阪を目指しますが、その途中にあるのが富山。

新鮮な海産物は昆布締めされることで、余計な水分が昆布に吸収されて身がしまり、旨味がギュッと凝縮していきますし、昆布の旨味が移って、味わい濃厚な珍味に変化していきます。

そして、昆布でしっかり包まれることで、酸化を防ぐことができ、日持ちするようになります。

昆布に含まれる旨味成分(グルタミン酸ナトリウム)と海産物に含まれる旨味成分(イノシン酸)が合わさることにより、2倍ではなく、7倍もの相乗効果があると言われており、冷蔵庫の無い時代に生まれた美味しい保存食というわけです。

 

昆布締めと言えば、白身魚を使うのが一般的ですが、他の海産物や肉、野菜(菜の花、春菊、青梗菜など)を使う昆布締めもあります。

1回目は魚の昆布締めをして、2回目は違うものを昆布締めするなど、いろいろ楽しめそうですね。

ポイントは昆布締めする食材は薄く伸ばして昆布としっかり密着させること!

 

こんにゃく、卵、チーズ、豆腐などで昆布締めすることもできます。

コツをつかめば、昆布で包んで冷蔵庫で保管しておくだけで出来てしまう昆布締め。

冷蔵庫の残った食材でも作れそうですよ。

 

昆布締めに使われている昆布の種類は?

ひとえに昆布といっても、たくさんの種類があります。

その中で、昆布締めに向いているのは道南昆布(真昆布)や羅臼昆布といった、平たく伸ばされたタイプ。

昆布締めは食材と昆布が隙間なく密着することで、昆布の旨味が食材に染みて美味しくなりますので、波打った形状のものより平たい形状の昆布がとても使いやすくなります。

 

羅臼昆布は別名「だしの王様」と言われるほど、香り高く、コクがあって、濃厚な味。

長時間締めていると昆布の海藻臭さがきつくなってしまうこともあります。

その点、道南昆布の方はすっきりとしたクセのない味なので、好みにもよりますけど、一般的には昆布締めするなら道南昆布がおすすめになります。

 

スポンサーリンク

昆布締めの昆布を食べる方法を紹介!

昆布締めに使った昆布でも、まだまだ旨味成分が十分に残っています。

細切りにして、昆布締めした刺身などに盛り合わせてもステキです。

松前漬けなど酢の物に和えるのもおすすめですよ。

 

また、湯通しして、吸収した魚の臭みを取れば、味噌汁や湯豆腐を作る時の昆布出汁を取ることも可能です。

さらに出汁を取った後の昆布もまだまだ食物繊維が豊富ですから、捨てるにはもったいない!

昆布巻きや煮物、つくだ煮に出来ますし、細かく刻んで、炊き込みご飯に加えたり、野菜の一夜漬けの薬味に使ったりもできます。

すぐに使わない時はラップで包んで冷凍保存が可能です。

最後までしっかり食べ切れるのが嬉しいですね。

 

ここでは、簡単に3分で出来てしまう昆布の佃煮のレシピを紹介しておきます。

1.だしを取った後の昆布25gを1~3センチの角切りにします。

2.小さめのフライパンに醤油大さじ1~2、みりん大さじ1~2、酢大さじ1弱を加え、昆布をサッと炒めます。

3.昆布に調味料が絡まったら、鰹節適量を入れて、もう一度混ぜたら出来上がり!

 

お好みでゴマ、柔らかく煮た大豆、山椒、ショウガなどを混ぜても美味しいです。

ご飯のおともに、お酒のおつまみにもぴったりの昆布の佃煮。

まさか、昆布締めの昆布のリサイクルなんて、家族は全く気づかないはず!

時短&節約レシピ、覚えておくと便利ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

昆布締めの昆布を選ぶ際には形状が大切で、凹凸の少ない平たい昆布の方がしっかりと食材に密着します。

昆布は種類がたくさんあり、香り高い羅臼昆布などが昆布締めでは人気がありますが、香りが淡泊な真昆布が無難というレシピもあります。

昆布締めに使った昆布は、もう一度、昆布締めに再利用できますし、煮物や佃煮にアレンジすることも可能です。

昆布1枚でたくさんの美味しい料理を作ってみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました