金柑はそのまま冷凍していい?美味しい食べ方を紹介

冬になると旬を迎える金柑。

ビタミンなどの栄養がたっぷりで、美肌効果や風邪予防にもぴったりなんです。

甘みと酸味、程よい苦みがさわやかな味わいですが、どうやって食べたらいいのかご存知ですか?

懐かしい金柑の、新しい美味しさを見つけてみませんか?

今回は、金柑をそのまま冷凍していいのか、そのまま皮ごと食べていいのか、きんかんの美味しい食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

金柑はそのまま冷凍して大丈夫?

きんかんは、皮をむかずそのまま冷凍できます。

金柑は冬が旬です。

これからの季節はスーパーや産直コーナーなどで目にすることが多くなりますね。

お庭に金柑の木があるという方も多いのではないでしょうか。

 

そのままでも美味しい金柑ですが、たくさんあって全部は食べきれない…。

そんな時は季節の味を長く楽しむために、金柑をそのまま冷凍保存することができますよ!

金柑をそのまま冷凍する場合は、きれいに洗ってから、冷凍用の保存袋等にいれて冷凍します。

 

ただ、冷凍したものは解凍する際に水分が出て食感が変わってしまうので半解凍のタイミングでそのままシャーベットのように食べたり、解凍後にジャムやはちみつ漬け、甘露煮などに加工するのがおすすめです。

金柑は、冷凍みかんと同じように冷凍することで甘みが増すのでより美味しくなりますよ。

冷凍保存は約2か月程度持つようですが、表面が乾燥したり、冷凍焼けを起こすと、せっかくの風味が悪くなってしまうのでなるべく早めにお召し上がりください。

 

きんかんの食べ方ってそのまま?

金柑は、みかんのような見た目なので皮をむいて中の果実を食べると勘違いしがちですが、そのまま皮ごと食べる果物です。

むしろ皮は甘くて、中の果実は酸味と苦みが強く種が多くあるため、皮だけ食べるという人も少なくありません。

 

最近はより美味しく食べやすく品種改良された、皮も果実も甘味が強くて種も少ない、丸ごと食べられる金柑もでていますよ。

金柑をそのまま食べるのは苦くてちょっと…というイメージがガラッと変わる美味しさです。

冷凍された状態で販売されているものも多く、手軽に購入できるのも嬉しいですね。

 

金柑を丸ごとそのまま食べるのは、栄養面からもとってもおすすめ!

皮にも果実にも、ビタミンはもちろん、果物としては珍しくカルシウムもたっぷり。風邪予防や美肌効果、血流改善や腸内環境を整える効果まであるのです!!

小さな金柑の中には、体に良い栄養がぎゅっとつまっていますよ。

 

スポンサーリンク

金柑の美味しい食べ方とは?

そのままでもとっても美味しい金柑ですが、実は色々なアレンジもできる万能果物です。

お正月のおせち料理などでおなじみの甘露煮はもちろんジャムやはちみつ漬けなどなど・・・。

 

なんだか難しそうな甘露煮も、意外と簡単にできますよ!

解凍した金柑のヘタを取り除き、5ミリ間隔で浅い切り込みを縦に一周入れ、切り込み部分から竹ぐしなどで種を取り出します。

もっと手軽に下処理がしたい方や、まん丸の形にこだわりが無い方は、金柑を半分に切ってから種を取り出してもOK!

小さな子どもがいるなど、小さくしておきたいときや、確実に種を取っておきたいときにも簡単でいいですよ。

その後苦みを取るために、たっぷりの熱湯で2~3分湯がき、水に1時間ほどつけておきます。

ここまでで下準備が完了です。

 

次に、金柑、半量のグラニュー糖、かぶる程度の水を加えて弱火で約15分程度煮ます。

焦がさないように煮詰め、軽くとろみがつけば火を止め冷まして完成です。

火を止めた後に、お好みで少量の醤油をいれても風味が豊かになります。

 

金柑の甘露煮は、冷蔵庫で2週間程度日持ちがしますし、シロップはお湯で割って冬にぴったり「金柑湯」に!とっても体が温まりますよ。

炭酸水やソーダで割ると「金柑ソーダ」になるので、子どもにも安心して飲ませられます。

 

その他、甘露煮と同じ下準備の後に細く刻んで砂糖と煮詰めれば金柑ジャムに。

下準備した金柑とはちみつを瓶に入れて、2~3週間漬け込めば金柑のはちみつ漬けの完成です。

そのままはもちろん、ヨーグルトやアイスクリームに添えたり、シフォンケーキやクッキー、マフィンに混ぜ込んだり。

金柑のアレンジが広がりますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

多くの人が知っているようで知らない果物、金柑。

昔から、日本の冬には欠かせない季節の味でした。

栄養たっぷりでそのまま食べてもアレンジしてもよし。

まだ食べたことのない方や、しばらく遠ざかっていた方、今年の冬はぜひ金柑を味わってみてください。

きっと、新しい発見になりますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました