栗が乾燥して硬いけど食べれる?保存での注意点をレシピを紹介

栗はすごく美味しいものですが、皮の処理が大変なので、食べたくても、時間がある時でないと調理できないですよね。

うっかり長く保存していると、乾燥して硬くなってしまうこともあります。

もう、硬くなってしまった栗は食べられない?、なんとか、復活できないかしら?

ここでは、栗が乾燥した原因と保存の注意点、乾燥した栗のレシピについて紹介していきます。

スポンサーリンク

栗が乾燥して硬い…

栗はサツマイモのなどと同じように、大変多くのでんぷん質が含まれています。

だから、収穫直後より、3~4日程度置いて、でんぷん質が糖に変化させると、とても甘くなります。

けれども、栗を常温保存するととても乾燥しやすいのです。

固い殻で覆われているのに、中の水分がどんどん抜けてしまい、硬くなってしまいます。

 

また、虫に食われてしまう心配もありますから、常温保存ではなく、冷蔵庫で保存します。

結露予防のために、新聞紙などで包んでから、ビニール袋に入れると良いでしょう。

新聞紙が濡れてきたら、交換して、カビの発生を防いでください。

そうすれば、栗は冷蔵庫保存で1~3か月、日持ちします。

 

冷蔵庫に入れると、乾燥予防と日持ちが長くなるだけでなく、栗がもっと甘くなるというメリットもあります。

栗は低温で保存されると、酵素(アミラーゼ)がたくさん分泌され、でんぷん質が糖に変化するのが促進されます。

ある実験データによれば、冷蔵保存4日で甘さが2倍に、冷蔵保存25日で甘さが3倍に増えるそうです。

けれども、冷蔵保存25日以降は甘さが減少するらしいので、1か月程度で食べ切ったほうがよさそうですね。

 

それから、もし、買ってきた栗ではなく、栗拾いなどで収穫した栗の場合は、虫が付いている可能性もありますので、念のため、虫退治を講じてから、冷蔵庫にしまいましょう。

水に5分ほど浸けても効果がありますが、気になる人は沸騰手前の80℃ぐらいのお湯に1分程度、栗を浸してください。

冷蔵庫に入れる前に、きちんと水気を拭き取り、陰干ししてから、しまいましょう。

栗の保存で乾燥させないにはどうしたらいい?

冷蔵庫での保存が望ましいですが、湿らせたおがくずを敷き詰めた中に栗を入れれば、常温保存も可能です。

完全に密閉しないで、新聞紙などでフタをする程度にして、直射日光が当たらない、風通しの良い場所で保管します。

 

しかし、最近ではおがくずを入手することはなかなかないですよね。

大きな鍋などに入れた水の中に栗を入れておくだけでも、乾燥予防と虫食い防止になり、常温保存可能です。

この水は小まめに取り換えるようにすると、風味なども保つことができます。

 

また、密封できる袋に入れて、冷凍保存することもできます。

冷凍保存すれば、栗は硬くならず、美味しさを保てます。

食べる時は常温解凍でOKです。

でも、おすすめなのは、圧力鍋で蒸して解凍する方法です。

凍った栗をそのまま圧力鍋で蒸していきます。

茹でるよりも、美味しいと評判ですので、ぜひ、お試しくださいね。

 

スポンサーリンク

乾燥してしまった栗を使ったレシピ

せっかくの甘い栗だったのに、食べ切れなくて残しておいたら、乾燥して硬くなってしまうことがあります。

でも、また、あきらめないで!

硬くなった栗をもう一度、柔らかくする方法を試してみてください。

 

〇殻に切れ目を入れ、トースターで10~15分焼く

〇殻を剥かないで、そのまま、蒸し器で蒸す

トースターで焼いた場合は、殻がパリッと剥きやすくなりますし、香ばしい風味も戻っています。

 

また、殻と渋皮を取った栗を炊き込みご飯に使うのも、おすすめです。

ご飯と一緒に炊くことで、硬くなった栗も柔らかくなっていきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

栗は常温で放置しておくと、乾燥して硬くなるし、虫に食われてしまう恐れもあります。

冷蔵庫で保存すれば、日持ちも長くなるし、乾燥して固くなることもありません。

そして、低温で保存することで、栗が甘くなるという特性もあります。

また、水に浸した状態であれば、乾燥や虫食いも防止できて、常温保存が可能です。

栗は冷凍保存も可能で、解凍しても、あまり食感が変わらず、美味しさを保つことができます。

硬くなってしまった栗はゆっくりと加熱することで、柔らかさを取り戻すことがありますので、チャレンジしてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました