エアコンの送風が暑い。意味ある?ドライとの違いは?

エアコンの送風って、どんな時に使っていますか?

冷房では寒すぎる時に使っている人が多いかもしれませんが、やっぱりちょっと暑い時もありますよね。

そもそも、送風ってどういう機能なのか、ドライとはどう違うのかご存知ですか?

ここでは、夏のエアコンの送風が暑い理由、送風という機能の意味、ドライと送風の違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

エアコンの送風が暑い

梅雨時など、窓を閉め切っていると蒸し暑い時、冷房では寒すぎることがあります。

そんな時、送風を使うとちょうどいいようにも思われますが、生温かい風で涼しくなりません。

 

送風というと、なんだか、外の風を取り込んで、室内に送ってくれているように思っていませんか?

実は、それ、勘違いです。

 

エアコンからホースが出ていて、外につながっていますが、あのホースでは外気を取り込んでいません。

送風だけでなく、冷房も、暖房も、エアコンは外気を取り込むのではなく、室内の空気を取り込んで、また、送り出しているだけなのです。

だから、蒸し暑い時に、送風にしても、室内の空気を取り込んでいるだけですから、風が起こしているだけで、涼しくはならないのです。

 

つまり、送風は扇風機とそれほど変わりません。

風が吹くだけで、若干の涼しさは出てきますけれど、室温を下げるほどの涼しさはないのです。

エアコンの送風ってどういう意味?

送風は扇風機と機能的には変わらないですが、どんな時に使うべきなのでしょうか?

送風も扇風機も風を起こすものですが、どちらかというと、扇風機はピンポイントで風を当てやすく、エアコンの送風は室内全体に風を起こすことができ、空気を循環させるには最適です。

 

例えば、冷房を使っていると、部屋の上部に温かい空気、下部に冷たい空地が滞留しがちです。

そこで、送風に切り替えると、この温かい空気と、冷たい空気が混ざり、部屋の温度にムラがなくなります。

 

また、部屋の空気を入れ替えたい時は、窓やドアを開けますが、エアコンの送風を使うと、より一層、素早く換気ができます。

締め切っていた部屋をすぐに冷やしたい時は、一度、窓などを開け、エアコンの送風をつけて、しっかり換気してから、冷房に切り替えると、冷えるのが早いですし、節電にもなります。

 

それから、送風を使って、エアコン内部のカビ予防をすることが多いです。

冷房では、エアコン内部で取り込んだ空気を冷やして、部屋に冷たい風を送り出しますが、空気を冷やすと結露ができ、これがカビの原因になりやすいです。

ですから、冷房の後に、送風にして、しっかりとエアコン内部の結露を乾燥させることが、カビ予防になります。

 

誰も涼む人がいないのに送風にするのは電気の無駄遣いと思われるかもしれませんが、エアコンにカビが発生してしまうと、内部の洗浄はプロでないとできないですから、業者に依頼するとかなりの料金が発生してしまいます。

そのことを考えると、小まめに送風でカビ予防しておくことは、全然無駄ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

エアコンのドライと送風の違い

エアコンにはドライという機能もあります。

これを弱冷房と捉えて、冷房では寒すぎる時に使っている人もいるのではないでしょうか?

 

たしかに、ドライ=弱冷房というエアコンは多いです。

ドライは除湿を意味しますけれど、空気の湿度を下げる、つまり、水分を取り除くために、空気を冷やすので、結果的に弱冷房と同じ状態になります。

 

しかし、最近では再熱除湿タイプのエアコンもあります。

このタイプでは空気の水分を取り除いたら、そのままの冷えた空気を部屋に送り出すのではなく、少し温めてから部屋に送り出すので、部屋の温度が変わりません。

ドライで寒くなることはなく、湿気だけしっかりと取り除くことができます。

 

では、ドライと送風をどのように使い分けたらいいのでしょうか?

体感的にはあまり違いはないかもしれませんが、実は電気の消費量はかなり違います。

ドライは空気を冷やすなどの複雑な作業がありますので、冷房と変わらない電気代がかかります。

 

一方で、送風は室内の風を循環させているだけなので、冷房の1/10ぐらい、扇風機とかわらない電気代です。

部屋で洗濯物を干していると、ドライか、送風かで迷いますが、送風の方が乾きやすいと言われています。

 

スポンサーリンク

まとめ

エアコンの送風は室内の空気を循環させているだけなので、蒸し暑い部屋の場合は、送風をつけてもあまり涼しくならないでしょう。

送風は素早く換気する時、エアコン内部を乾燥させてカビ予防をする時に使うのがおすすめです。

送風も、ドライも、冷房では寒すぎる時に使うことが多いですが、電気代を考慮するなら、送風の方が圧倒的に安いです。

エアコンの様々な機能を知って、上手く使いこなしてみて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました