里芋の赤い斑点は食べれる?筋や黒い場合も大丈夫なのか紹介します

 

ほくほくとした里芋は地味ですけど、とっても美味しいですよね。

でも、里芋の皮を剥いてみると、赤だったり、黒だったりすると、心配になります。

これは変質していて使えないの?、それとも、調理しても大丈夫なの?

ここでは、里芋の赤い斑点は食べれるのか、赤い筋は食べれるのか、黒い斑点はあ大丈夫なのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

里芋の赤い斑点は食べれる?

里芋の赤い斑点は、とりあえず食べれます。

 

里芋の中身は通常、白いのに、赤い斑点になっているとショックですよね。

この赤いのは一体、何?

実は、里芋に含まれるポリフェノールの一種、アントシアニンが変色したものなんです。

 

アントシアニンは目にいいと言われている成分で、ブルーベリーやブドウに含まれていることで有名です。

もともと、アントシアニンは紫色をしていますが、時間が経って、酸素に触れると赤やピンクに変わっていきます。

 

この変色したアントシアニンは食べても問題ありませんけど、酸化しているということは、変色した里芋は少し古くなっている証拠。

早めに食べないと、腐ってくる可能性があります。

里芋の赤い筋は食べても大丈夫?

里芋の赤い筋もアントシアニンの影響です。

なので、食べても大丈夫ですよ~!

 

赤い筋も酸化が原因ですから、正しい保存方法が大切になります。

里芋の保存方法は、基本的には常温です。

土が付いたまま、乾燥を防ぐために新聞紙などで包んで、直射日光の当たらない場所、つまり、栽培されているのとほぼ同じ状態で保存します。

 

里芋は常温で1か月弱保存できますが、冬場は温度が低すぎるので、常温保存をおすすめできません。

土のまま保存するのが気になる場合は、水洗いして、皮を剥ぎ、再度、水洗いをして、水を入れた容器やビニール袋に入れて冷蔵庫保存します。

水に浸した状態で保存し、毎日、水を取り替えましょう。

こうすることで、1週間程度、保存できます。

 

もっと長く保存したい時は、冷凍庫に入れましょう。

冷凍保存すると、2週間ぐらい日持ちします。

冷凍庫に入れる前に、里芋の皮を剥いて、硬めに下茹でし、水分をキッチンペーパーなどできっちり拭き取ったら、密封できる袋などに空気をしっかり抜きます。

空気を抜かないで、里芋を冷凍庫に入れると、霜がたくさん付いて、乾燥しやすくなります。

 

スポンサーリンク

里芋の黒い斑点は食べれる?

赤ではなくて、黒い斑点が見られる里芋もあります。

これは、里芋に含まれるシュウ酸です。

 

里芋のシュウ酸が鍋のアルミ成分などに反応して、黒くなってしまうことがあります。

黒というより、紫色っぽい時は、里芋に含まれるタンニンというポリフェノールが変化したものです。

黒や紫に変色して、見栄えは悪くなってしまいますが、食べても大丈夫です。

 

しかし、次の変色の場合は要注意です。

10℃以下の低い温度で保存していた里芋は、低温障害を起こし、里芋のポリフェノールが酸化してピンク色に変色することがあります。

それから、水分や栄養が損なわれると、茶色に変色することもあります。

このような変色を起こした里芋は硬くなったり、えぐみが出てきたりして、美味しくなくなってきています。

 

また、25℃以上の高い温度で保存していた里芋は、高温障害を起こし、ぬめりや異臭が出てきたり、傷んで黒く変色したりすることがあります。

さらに、カビが発生してしまった里芋も黒く変色します。

このような時は、もう食べないで処分してください。

 

皮を剥いて放置していたら変色してきた時や、加熱したら変色した時は食べても大丈夫ですが、それ以外の時の変色には注意が必要です。

皮を剥いた後の変色を抑えるには、酢水に浸けるのがおすすめです。

 

そして、加熱した時の変色を抑えるにはお米のとぎ汁を使うのがおすすめ!

とぎ汁によって、変色の原因になるシュウ酸が抜けて、きれいな白い里芋になります。

ついでに、里芋のぬめりも抑制できるので、ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

里芋の赤い斑点や筋はポリフェノールのアントシアニンなので、食べても問題ないですが、少し古くなっているサインでもありますから、早めに食べるようにしましょう。

里芋は正しい保存をしないと変色しやすいので、注意が必要です。

皮を剥いたら、酢水に浸け、下茹でにはお米のとぎ汁を使うのが、変色を抑えるコツです。

コツをつかんで、真っ白で美味しい里芋を食べてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました