美味しいモノ♪

なめこの味噌汁の日持ちはどれくらい?洗う?膜が張っても食べれる?

更新日:

なめこの味噌汁、とろっとした感じがたまらなく、美味しいですよね。

だけど、気になるのが日持ちのこと。

ぬめりがなめこ特有のものなのか、腐り始めてきたのか判断がつかないところが困ってしまいます。

ここでは、なめこの味噌汁の日持ち、洗った方がいいのか、膜が張っても食べて大丈夫なのかついて紹介していきます。

スポンサーリンク

なめこの味噌汁の日持ちはどれくらい??

なめこの味噌汁の日持ちは、一般的に冷蔵保存で1~2日程度と言われています。

気温が低い冬場なら、冷蔵保存で3日ぐらい大丈夫でしょう。

 

なめこのように、とろみのあるものは大変食中毒菌が発生しやすいので、保存には十分気を付けないといけないです。

冷蔵庫で保存する場合も、氷水を張ったボールに鍋底を浸けるなどして、素早く冷まして、菌を発生させないようにしましょう。

 

基本的に、とろみのある汁物は冷めにくいので、常温保存で徐々にという冷まし方ではゆっくり過ぎて、冷ましている間に雑菌などが繁殖してしまう心配がありますので、注意してください。

 

特有のぬめりがあるなめこですが、もし、腐敗した場合、酸っぱい臭いがしたり、ぬめり自体が濁ってきたりすることがあります。

保存しておいた味噌汁は、冷蔵庫に入れていても、食べる前によく確認してみてくださいね。

なめこを味噌汁に入れる時洗う??

なめこも生鮮食品ですから、調理の前に他の野菜と同様、水洗いしたくなりますけど、あのぬめりを洗い流してしまっていいのか、迷いますよね。

実は、なめこを洗うかどうかについては一長一短あるのです。

 

なめこを洗う利点としては、やはり、おがくずなど異物を洗い落とせることです。

一方、欠点としては、ぬめりに含まれている水溶性の成分(ペクチンなど)が流出してしまうし、せっかくの風味や食感も損ねてしまうことが挙げられます。

なめこのぬめりは食物繊維の一種であるペクチンからできていて、コレステロールを下げ、動脈硬化や脳梗塞の予防効果が期待できます。

流出してしまうのは残念ですよね。

 

ビニール袋に入った状態で販売されていることが多いなめこですが、念のため、水洗いして異物を流し落としたい気持ちもあります。

そこで、パッケージなどで推奨されている方法は、「軽く水洗い」です。

 

ゴシゴシ洗ってしまうと、食感や風味が落ちてしまうので、なめこをザルに入れてから水をかけて、付着している異物をサッと洗い流すのがおすすめです。

これなら、異物を取り除くこともでき、風味なども保てていいですよね。

 

スポンサーリンク

なめこの味噌汁に膜ができても食べれる?

保存しておいたなめこの味噌汁。

表面が白っぽく、膜が張った状態になってしまうことがあります。

これって、腐っている?、それとも、もともと、保存する時点で膜張っていた?

判断が難しいですよね。

 

腐っている場合は酸っぱい臭いもしてきます。

だけど、臭いだけでは分からず、見た目でも変化しているか判断できない時もあります。

 

でも、この白い膜、産膜酵母と言い、毒性は低いですが、味噌汁内で発生しやすいカビの一種の可能性がありますので、心配な時は食べるのをあきらめましょう。

 

ただし、白っぽいモヤモヤではなく、白いツブツブが表面に浮いている場合は、味噌の成分であるチロシンだったり、具材の魚や肉に含まれている脂だったりする時もあります。

この場合、異臭はなく、脂については加熱すると溶けてくるので分かりやすいです。

 

なめこの味噌汁は、とにかく、冷蔵保存でもあまり日持ちがしませんから、一層のこと、冷凍保存した方が安心かもしれません。

なめこの味噌汁の状態で冷凍保存も可能ですが、解凍すると、味噌の香りがなくなってしまいますから、できれば、味噌となめこと分けた状態で冷凍保存し、味噌汁を飲みたい時に出汁を取って、解凍した味噌を溶かし、解凍したなめこを入れると、美味しく出来上がります。

 

なめこを冷凍してしまうと、ぬめりが変化しそうなのが気になるかもしれませんが、大丈夫。

解凍すると、また、ぬめりがちゃんと復活します。

 

スポンサーリンク

まとめ

なめこの味噌汁は冷蔵保存で1~2日しか日持ちしません。

保存してある味噌汁に白い膜が張っていたり、酸っぱい臭いがしたりする時は腐り始めていますから、あきらめて処分しましょう。

なめこのぬめりには栄養成分がありますので流出しないように、軽く水洗いしてから使うとよいですよ~。

 

-美味しいモノ♪
-

Copyright© 銀の風 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.