石油ファンヒーターの換気時間はどれくらい?方法とタイミングは?

寒さ厳しくなってくると使う頻度が増える暖房器具。

石油ファンヒーターを使う家も多いのではないでしょうか。

でも、気になるのが換気のこと。

必要なこととは知っていても、せっかく暖まった空気を外に逃がしてしまうのは効率が悪いし、何しろ、部屋が冷えるのが嫌ですよね。

ここでは、適切な換気時間や換気方法、換気のタイミングについて説明しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

石油ファンヒーターの換気時間はどれくらいがいい?

基本的には、石油ファンヒーターを使っている時の換気時間は1~2分程度と言われています。

 

たった1~2分ですから、一瞬、ヒンヤリした空気が通りますが、既に床などが暖まっている状態なので、また、ドアや窓を閉めれば、暖かさは戻ってきます。

 

換気の必要性は知っている人も多いと思いますが、室内で石油ファンヒーターを使い続けていると、酸素が不足し、不完全燃焼が起こり、一酸化炭素中毒になってしまう危険性があります。

一酸化炭素が発生しても、臭いはしませんので、知らないうちに中毒になってしまいます。

 

一酸化炭素中毒になると、頭痛・めまい・吐き気が起こり、ひどい場合には息苦しくなったり、命の危険を脅かしたりすることもありますので、十分に気を付けてください。

 

また、不完全燃焼にならなくても、燃焼によって、二酸化炭素が発生していて、これも有害物質ですから、必ず、換気は行いましょう。

最近の住宅では、高気密や高断熱の機能を兼ね備えていることがあり、換気能力が以前の住宅よりも劣っている問題もあります。

 

逆に、24時間換気システムを導入している住宅もありますが、石油ファンヒーターのような暖房器具が発生させる有毒物質の量に対して、排気能力が不足している場合もあります。

石油ファンヒーターを購入する際は、使う住居の環境を確認しておいた方がよさそうです。

 

でも、きちんと換気を行っていても、石油ファンヒーターにある換気ランプが点いてしまう時があります。

それは、石油ファンヒーターの排気口付近に物があって、塞がれている場合に起こりやすいです。

 

部屋の換気をしていても、その辺りの換気が十分でなく、一酸化炭素や二酸化炭素の濃度が高くなってしまうため、センサーが働いて、換気ランプが点いてしまうのでしょう。

石油ファンヒーターの設置場所を壁などから離し、排気口付近にある物を移動すると、このような現象が回避できます。

石油ファンヒーターを使っていた場合の換気方法は?

換気する時は、なんとなく、窓やドアを開けるだけでは、十分に空気の入れ替えができません。

しっかりと、2か所開けて、空気の通り道を作りましょう。

 

国民生活センターのテストによると、1か所開けただけの換気より、2か所開けた換気の方が、室内の二酸化炭素などの有毒物質が40%近くも減少したという結果があるそうです。

 

しかも、このテストでは1分間換気したそうですが、室温は1度程度しか下がらなかったそうです。

2か所も開ける場所がない時などは、換気扇を使うのもおすすめです。

スムーズに換気することで、室温が下がらず、燃費が悪くなりにくくなります。

 

スポンサーリンク

石油ファンヒーターの換気のタイミングはいつ?

換気するタイミングは目安として、1時間に1回と言われています。

 

石油ファンヒーターでは、常に灯油を燃やしていますから、どんどん酸素を使ってしまっています。

酸素不足になると、不完全燃焼になり、一酸化炭素が発生してしまいますから、小まめに換気をしていきましょう。

 

そして、この不完全燃焼を防止するためには、換気が大切ですが、実はもう一つ大切なことがあります。

それは、石油ファンヒーターの掃除です。

 

便利な暖房器具ですが、部屋に設置していると、どうしてもホコリが溜まりやすいもの。

特に、石油ファンヒーターの吸気口はかなりのホコリが詰まりがちです。

 

こういったホコリが残っていることで、不完全燃焼が起こりやすくしてしまいますので、石油ファンヒーターを使っていない時にしっかりと掃除をしておきましょう。

危ないですから、掃除は必ず使っていない時に行ってくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

石油ファンヒーターを使う時は、1時間に1~2分程度の換気を必ず行いましょう。

換気をする時は2か所開放して、しっかりと空気の入れ替えをすることで、部屋の温度を下げずに短時間で換気できます。

換気を怠ると、不完全燃焼による一酸化中毒の恐れがありますから、気を付けてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました