美味しいモノ♪

服のコーラのしみにできる対処法。洗濯は?漂白剤は?

投稿日:

子供達の大好きな飲み物の一つでもあるコーラ。

見守っている時にはこぼさないのに、ふと目を離した瞬間にこぼすことって多いですよね。

コーラを服にこぼしてしまった時に、すぐにできる対処法を知っておくと、後々しみが残るリスクも減りますよね。

今回は、コーラを服にこぼしてしまった時にシミにならないようにすぐできる対処法や、シミになった時の洗濯方法、コーラが漂白剤として使えることについてご紹介します。

スポンサーリンク

服についたコーラしみにすぐできる対処方法は?

コーラが好きだという子供は多いです。

大人でも夏の暑い日などシュワーっとしたのどごしが爽快なので好きという人は多いのではないでしょうか。

 

ですが、子供はふと目を離した瞬間に何かしらこぼすものですよね。

しっかり見ている時はこぼすことないのに…

 

コーラをこぼしてしまって、子供の服が汚れてしまった!という経験のあるママさんは多いです。

しかもコーラは色が濃いのでシミになってしまうのが心配ですから、出来るならこぼしてすぐに対処しておきたいものです。

 

実は、コーラはこぼしても早めに対処すれば比較的落ちやすい汚れの一つなんですよ。

コーラが比較的落ちやすい汚れである理由は、水溶性だからなんです。

油分を含まないので落ちやすいんですね。

 

落ちやすいとはいえ、時間が経てば経つほど落ちにくくなってしまいます。

ですので、コーラをこぼしたらすぐに対処することが大切ですよ。

 

コーラをこぼしてすぐであれば、水で洗うだけでも汚れを落とすことが出来ます。

もし、水洗いだけでコーラの汚れが落ちなかった時は、食器用洗剤を使うのがオススメですよ。

 

準備するものは、食器用洗剤と歯ブラシと洗面器のみです!

食器用の中性洗剤は、色素を浮かして取る効果がある界面活性剤が含まれているので汚れが落ちるんですね。

食器用洗剤を使ったコーラのシミの落とし方は次の通りです。

 

1.コーラのシミが出来た部分を水で濡らし、その上に食器用洗剤を数滴(1~2滴)垂らす。

2.シミの部分を指で優しく揉み洗いする。

ただし服のタグに「手洗い」の表示がある場合は、服の素材が繊細なので、シミの部分の裏側から歯ブラシで軽く叩くようにしましょう。

こすりすぎは繊維を傷つけて服にダメージを与えてしまうので、あくまでも軽く叩く程度にしておいてくださいね。

3.シミの裏側から水で洗い流す。

洗剤をつけて洗った部分を流水ですすぎ、しっかりと洗剤を落としましょう。

4.洗濯する。3までの工程を終えたら普段通りに洗濯すればOKです!

 

ただ、外出先ですぐに洗剤で洗うことが出来ない場合もありますよね。

そんな時は応急処置をしましょう。手順は次の通りです。

1.コーラをこぼした部分の裏に乾いたティッシュを当てる

2.濡らしたティッシュまたはハンカチをシミに押し当てる

3.帰宅後、まず食器用洗剤を使用してシミの部分を手で洗い、その後いつも通り洗濯する。

これで、外出先でコーラをこぼしてもシミになるのを防ぐことが出来ますよ。

 

コーラが付いた服を洗濯する時のポイント!

コーラのシミは比較的落としやすい汚れですが、時間が経過してしまうと色素が服の繊維に定着してしまうので食器用洗剤では落とせなくなってしまう可能性があります。

食器用洗剤で落としきれない場合は、「酸素系漂白剤」を使うのがオススメですよ。

スーパーやドラッグストアでよく見る「ワイドハイター」が酸素系漂白剤の一つです。

 

酸素系漂白剤を使ったコーラの染み抜き方法は以下の通りです。

1.シミの部分の酸素系漂白剤をかける。シミの部分をしっかりと覆うように漂白剤をかけ、軽く揉みこみましょう。

2.ぬるま湯で浸け置きする。30~40℃のぬるま湯を洗面器に張り、15分程度浸け置きしてください。

3.15分程度置いたら取り出して軽く水気を切る。水気を切ったら、いつも通り洗濯してOK!

この方法は、コーラに限らずワインや醤油などの水溶性の汚れに対処できるので覚えておくと良いですよ。

 

スポンサーリンク

コーラは漂白剤にもなる?

コーラには、意外な使い道があることをご存じでしょうか。

実は、漂白剤として使うことが出来るんです!

コーラで落とせる汚れがあるって何だかビックリですし、面白いですよね。

 

コーラで落とすことが出来る汚れは、油や血液のシミなんですよ。

コーラに含まれる炭酸とリン酸が、油や血液のシミを分解して落としてくれるという仕組みなんです。

 

手順は簡単で、洗濯物と一緒にコーラ1缶を洗濯機に入れるだけでOK!

コーラの色が服の繊維についてしまうのでは?と心配になりますが、浸け置きしたりしなければ問題ないですよ。

 

また、皮脂汚れが原因の臭いもコーラを使った洗濯方法でスッキリさせることも出来ますよ。

油や血液のシミが落ちずに困った時はぜひ試してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

コーラをこぼして服を汚してしまっても、なるべく早く対処することでシミにならずにすみますよ。

コーラをこぼしてしまったら、その部分を水で濡らして食器用洗剤を数滴垂らしたら軽く揉み洗いしましょう。

そして、シミの裏側から水で洗い流してしっかりと洗剤を落として、通常通り洗濯すればOKです。

外出先などですぐに選択できない場合は、乾いたティッシュをこぼした部分の裏側に当てて、濡らしたティッシュやハンカチをシミの部分に押し当てます。

帰宅したらシミの部分を食器用洗剤でもみ洗いして、通常通り選択しましょう。

食器用洗剤でも落ちなかった場合は、酸素系漂白剤を塗ってぬるま湯に入れて15分程度浸け置きしてから通常通り洗濯してください。

コーラは意外にも漂白剤として使うこともできます。

油や血液のシミはコーラで落とすことが出来るので、調理中に飛んでしまった油のシミなどで困っている時は試してみて下さいね。

こぼさないように注意していても、ふとした瞬間に子供がコーラをこぼしてしまうことはよくあります。

シミにならない洗濯方法を知っていれば、子供にガミガミと起こることは少なくなるはずです。

起こる回数が減れば、ママも子供も心穏やかに過ごせる時間が増えますね。

 

-美味しいモノ♪
-

Copyright© 銀の風 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.