水筒に炭酸を入れるのがダメな理由!どうなる?溶ける?

子供たちに大人気の炭酸飲料!

シュワシュワとしたのど越しがいいですよね。

大人は炭酸飲料ではなく、炭酸水を愛飲している人が多いのではないでしょうか。

満腹感があり、ダイエットのサポートにピッタリです。

ところで、炭酸を水筒に入れて持ち運び出来たら便利ですけれど、ダメっぽいですよね?

どうして、ダメなのでしょうか?

ここでは、炭酸を水筒に入れてはいけない理由や入れるとどうなるか、水筒の内部が溶けるのかについて説明します。

スポンサーリンク

水筒に炭酸を入れるのがダメな理由

他の飲み物はペットボトルのまま冷凍して、持ち運びながら自然解凍すれば、いつでも冷たい状態で飲むことができます。

でも、炭酸は冷凍できないので、保冷が効く水筒に入れられたら嬉しいですよね。

しかし、一般的な水筒に炭酸を入れてはいけないことになっています。

それには2つの理由があります。

 

一つは、炭酸を入れると水筒の中の圧力が高くなってしまうからです。

炭酸には二酸化炭素が溶け込んでいるのですが、炭酸の温度が上がってくると、溶け込んでいた二酸化炭素が気体として抜けていきます。

その気体(炭酸ガス)が水筒内に溜まっていき、水筒の内圧が高くなってしまうのです。

その結果、水筒のフタが開かなくなったり、水筒が壊れてしまったりする恐れが出てきてしまいます。

 

もう一つは、水筒の材質(金属)を傷めてしまうからです。

炭酸は酸性の液体で、長時間、水筒に入れておくと、材質の金属が溶けてしまう可能性があります。

その溶け出た金属が混ざった炭酸を飲んでしまうと、頭痛や吐き気、めまいなどの中毒症状を引き起こしてしまう恐れもあります。

炭酸を水筒に入れるとどうなる?

もし、うっかり、炭酸を水筒に入れてしまったら、どんなことが起こるでしょうか?

炭酸が徐々にぬるくなり、水筒内に炭酸ガスが溜まってくると、内圧が高まります。

すると、水筒のフタが開かなくなるでしょう。

 

そして、フタを無理やり開けると、水筒に入っていた炭酸が噴き出してきたり、中栓やパッキンなどが壊れてしまったりするかもしれません。

それによって、水筒を持っていた人が怪我をしてしまう可能性もありますので、大変危険です。

 

また、フタを開けなくても、持ち運んでいる最中に、水筒から中身が漏れてきてしまう可能性もあります。

水筒を入れていたバッグやロッカーなどが濡れてしまうのも困りますよね。

 

ペットボトルに炭酸が入っていますが、ペットボトルは中の圧力が高まっても、伸びる素材なので、圧力に耐えることができます。

よく見ると、炭酸が入っているペットボトルは底が凹んでいて、その部分で圧力の調整をしています。

ペットボトルを転がした直後にフタを開けると炭酸が噴き出すことはありますけれど、フタが開かないことはないですよね。

しかし、水筒は硬い金属製ですから、圧力の逃げ場がなく、無理に開けると一気に爆発が起こってしまうのです。

スポンサーリンク

水筒に炭酸を入れると溶ける?

厳密なことを言えば、今の水筒はフッ素コーティングされていますから、そう簡単には溶けないでしょう。

しかし、フッ素コーティングにダメージを与えてしまうので、炭酸などの酸性飲料を入れることを水筒メーカーはおすすめしていません。

実は、炭酸だけでなく、オレンジジュースやスポーツドリンクも酸性飲料なので、水筒に入れない方がいいのです。

 

また、炭酸といっても、炭酸水なら大丈夫と考えるかもしれませんが、炭酸水もNGです。

最近では、フッ素コーティングを二重にして、スポーツドリンクなどを入れてもOKな水筒も登場しています。

また、炭酸を入れられる専用の水筒も発売されるようになりました。

中身に合わせて、タイプの違う水筒を使い分けるのもいいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

水筒に炭酸を入れてはいけない理由は2つあります。

1つは炭酸に含まれた炭酸ガスが水筒内に充満し、内圧が高くなってしまうからです。

フタが開かなくなったり、中栓などが破損したりする恐れがありますし、無理に開けると、中身が飛び出してくることがあり、大変リスクがあります。

もう1つは、炭酸は酸性の液体なので、水筒の素材である金属を溶かしてしまうからです。

その金属が溶け出たものを飲んでしまうと、最悪、中毒症状が出てしまう可能性がありますので、注意してください。

 

タイトルとURLをコピーしました