美味しいモノ♪

おでんの鶏の胸肉を柔らかくするコツ?いつ入れる?下ごしらえは?

冬の人気メニューであるおでんは、美味しく食べやすいし、いろいろな具があってついつい食べ過ぎてしまいます。

地域によっては、低カロリーで高たんぱくな鶏の胸肉をおでんに入れたりします。

だけど、おでんに胸肉を入れても、パサパサにならない?と美味しさが気になりますよね。

今回は、おでんに入れる鶏の胸肉を柔らかくするコツ、いつ入れたらいいのか、鶏肉の下ごしらえ方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

おでんの鶏の胸肉を柔らかくするコツは?

おでん作りって簡単ですが、いろいろな具材を入れれば、かなり費用がかかってしまいます。

具材の種類を少なくすれば、安く作ることもできますが、それでは見映えも半減してしまいます。

 

そこで、おすすめなのが鶏の胸肉です。

鶏の胸肉はとても安いですし、おでんに入れるといい出汁が取れます。

そして、おでんに入れた胸肉はさっぱりとして美味しいと評判です。

 

しかし、おでんだけでなく、どんな料理でも、鶏の胸肉はとにかくパサパサと固くなりやすいのが決定です。

どうしたら、柔らかくなるでしょうか?

 

鶏の胸肉は高たんぱくで低カロリーなことで、人気の食材です。

脂肪分が少ないため、加熱すると固くなってしまうのが欠点でしょう。

おでんだけでなく、いろいろな料理に使える鶏の胸肉を柔らかくするコツを紹介しましょう。

 

鶏の胸肉には、多くの筋繊維が隠れています。

これが加熱することで肉を固くさせる原因です。

 

胸肉を広げて、全体的にフォークで差し込みを入れて、筋繊維を断ち切りましょう。

こうすることで、加熱した時に肉が縮みにくくなります。

 

もう1つ、おすすめの方法は砂糖水に漬け込むことです。

砂糖には、鶏の胸肉に含まれるたんぱく質と水分を結合させて、水分を染み込ませる働きがあります。

砂糖小さじ2を水大さじ2に溶かし、胸肉1枚を30分以上漬け込みます。

砂糖水を洗い流さず、このまま調理しても、砂糖の甘みは残りません。

 

塩こうじなどを漬け込む方法もありますが、砂糖水なら特別な材料を必要としないので、すぐにできますよね。

この方法、鶏の胸肉を使う他の料理でも応用できますから、マスターしておきましょう。

 

おでんに鶏肉はいつ入れるのがいい?

鶏肉をおでんなどの鍋に入れるのは、タイミングが難しいものですよね。

最初から鍋に入れると、煮込まれ過ぎて、鶏肉がパサパサの固くなりそうです。

でも、あとから入れると、中まで火が通っていなくて、鶏肉が生のままというのも困ります。

一体、おでんに鶏肉はいつ入れるのがいいのでしょうか?

 

実は、鶏肉は下ごしらえしておいて、おでんの後半に入れるのが正解です。

おでんの鍋に最初から入れてしまうと、汁が濁ってしまうんですよね。

では、おでんの鶏肉の下ごしらえについては、次で説明します。

 

スポンサーリンク

おでんの鶏肉の下ごしらえってどうしたらいい?

おでんの鶏肉、鍋に入れる前に、下ごしらえをすると美味しくできます。

別の鍋にお湯を沸騰させ、ひと口大に切った鶏の胸肉を入れ、再沸騰してくるまで下茹でします。

これだけで、鶏肉の下ごしらえは完了です。

 

おでんに入れる大根に比べたら、とても簡単ですね。

この下ごしらえした後のお湯はしっかりと出汁がとれていますから、あくをすくって、他の料理に使えます。

 

レシピによっては、下ごしらえで鶏肉の表面を軽くフライパンで焼く場合もありました。

下ごしらえの段階では、中まで火が通らなくてもOKです。

おでんに入れてから火が通り、鶏肉のだしも出てきます。

柔らかジューシーな鶏肉に仕上がります。

 

鶏肉の皮は付けたままなら、焼いてパリパリにしておくのがおすすめです。

皮は外してから、おでんに入れるのが好みの人もいるようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

おでんに鶏の胸肉を入れるなら、下準備が大切です。

胸肉の筋繊維をフォークを刺しておきましょう。

それから、砂糖水に浸しておくのも、胸肉を柔らかくするコツです。

おでんに入れる胸肉は下茹でしたり、先に焼いたりしておくのがおすすめです。

下ごしらえをした鶏の胸肉は、おでんの後半に鍋に入れられます。

柔らかく美味しい胸肉を味わってくださいね。

 

-美味しいモノ♪
-