台風で窓が割れそう…ガラスにガムテープ?対策方法とは?

スポンサーリンク



 

台風が近づいてくると、風と雨が強くなってきます。

 

吹きつける強い風がガラスに当たっていると、ガラスが割れるんじゃないかと心配な気持ちになってしまいますよね。。。

 

今回は、台風の強風で窓が割れる?台風の時はガラスにガムテープは有効なのか?台風の時の窓ガラスの対策方法について綴っていきます。

 

 

スポンサーリンク




台風で窓が割れそう…

台風で強い風が吹いている時に、部屋の中からガラスを見てみると、風圧で室内側に膨らんでいることがあります。

 

いつ「パリン」とガラスが割れるか分からず「ドキドキ」してしまいますが、意外と強風でガラスが割れることって少ないんですよ~。

 

窓って、ガラスの膨張や膨らむ(たわむ)ことを計算された上で設計され、商品として出回っています。

 

強い風よりも、強い風で飛ばされたモノが、ガラスに当たってヒビが入ったり割れることが多いです。

 

建物の立地条件にもよりますが、風速20mを超えた風が吹くと、トタン屋根や店の看板、木の枝や植木鉢、小石なんかは飛んでいきますしね。。。

 

台風でガラスが割れることを防ぐ方法としては、ガラス自体を割れにくいモノにしたり、ガラスを補強したり、ガラスにモノが当たらないようにする方法がありますよ~。

 

 

台風が来るから窓ガラスにガムテープ?

テレビや雑誌でも、台風対策として紹介されているのが窓ガラスにガムテープを貼る方法ですね。

 

引っ越しの時に使う段ボールもですが、ガムテープの貼り方で強度をアップさせることは可能ですし、風圧で室内側にガラスが膨らむのを少し抑えることができます。

 

ガラスの真ん中の部分は、どうしても強度的に落ちてしまいます。

 

テープの貼り方は、内側から「×」となるように、いわゆる×印にガムテープを貼るといいですよ~。

 

テープを貼ること自体には、割れて飛び散った時に飛び散らないように、割れたガラスでケガしにようにって効果もあるんですよね(‘ω’)ノ

 

ただしガラスの内側からテープを貼るのは、普通の一般的なガラスだけにしてください!!

 

遮光フィルムや防犯フィルムが貼られているもの、強化ガラス、防犯ガラスには貼らないでくださいね。

 

 

貼ったガムテープですが、台風が通りすぎた後に剥がすのがとても面倒です・・・

 

一気にバリっとめくれなかったり、粘着質が残って取れなかったり。。。

 

紙製のガムテープより布テープを使ったほうが、後処理はマシです。

 

さらに言うと、布テープよりも建築現場などで使われる緑色や青色の「養生テープ」の方が剥がしやすいです(‘ω’)

 

建築現場では、テープの粘着質が建材の表面を傷めないようにと「養生テープ」が使われていますし、はがしやすく作られているテープです。

 

どうしてもテープの粘着がガラスに残るという場合は、「オレンジオイル系のシールはがし」などで粘着質を溶かしながら、プラスチックのヘラを使うといいです。

 

掃除屋だった僕は、ガラスの種類を確かめてから、「エタノール」「ラッカーシンナー」「塗料用シンナー」「ペイント薄め液」「灯油」「ベンジン」「除光液」など溶剤を使っていました。

 

溶剤で溶かしながら、専用のガラス用のケレン「三枚刃」で削り取っていましたよ!!

 

ガラス用ケレンの代用として、サビていない新品のカッターの刃で代用できます。

 

溶剤は揮発しますし換気に注意が必要ですし、カッターは手をケガしないように十分注意してください!

 

 

フィルムが貼られているガラスにガムテープはダメと書いたのですが、、粘着質を処理するときにフィルムに傷がつきやすいんですよね。。。

 

あと溶剤で粘着質を溶かそうとすると、ガラスフィルム自体も溶けてしてしまうことがあるんです。。。

 

強化ガラスは、カッターを使おうものなら簡単に傷が入りますよ。。。

 

 

スポンサーリンク

台風の窓対策とは?

 

風の風圧でガラスが割れることは少ないですが、それでも怖いという場合はガラスやサッシを変えてしまうのも手です。

 

ガラスが2枚使われているペアガラス(複層ガラス)は、耐衝撃は普通のガラスと大きな違いは無いのであしからず。。。

 

 

・強化ガラス

一般のガラスに比べて、衝撃に対する強度を高めてあります。

ひねりや衝撃には強いです。

ただし、鋭いもので1点に力を加えると割れますね。

あと掃除屋目線で言うと、意外と傷つきやすいです。。。

 

 

・飛散防止ガラス

割れて飛散することを防ぐガラスです。

昔ながらの黒い鋼線が網状に入ったガラスは、錆びてくるとガラスにヒビが入ったりすることも。。。

最近の飛散防止ガラスは、2枚のガラスの間に樹脂フイルムを挟んであります。

割れても穴があきませんね。

防犯ガラスは、中への侵入を防ぐ目的のガラスですが、仕様や目的は飛散防止ガラスに近いです。。

侵入は防げますが、割れますよ。。。

 

 

ガラスの交換はイヤだというのなら、防犯ガラスフィルムを貼ることで、強度が少しマシになって割れにくくなるかもしれません。

 

ただ防犯フィルムや飛散防止フィルムは、ガラスが割れた際に飛び散るのを防ぐためのモノだと思っておきましょう。

 

 

強風で窓が割れるのは、何かが飛んで来てガラスに当たる場合がほとんどです。

 

雨戸、シャッター、 防風ネットの設置を考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

あとは、台風が来る前に窓の外側をベニヤ板などで守ることで、割れる確率を落とせますね。

 

板の代わりに表面がビニール加工されている「耐水段ボール」を、サッシごと貼り付けて保護してしまうのもいいですよ~。。

 

家電の箱とかで使われているので、量販店に聞いてみると、使った箱をわけてくれるかもしれません。

 

 

他に飛んで来るもの対策としては、窓ガラスから少し離れた位置に、3cm角くらいの目のネットを張るのもいいでしょう。

 

ガラスへ飛んできたモノの直撃を防ぐことができますよ~。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

強風が直接の原因でガラスが割れることは、少ないです。

 

強い風よりも、強い風で飛ばされたモノが、ガラスに当たって割れることが多いです。

 

ガラスにガムテープを貼ることは、ガラスの強度を上げる効果もありますが、飛び散った時にケガを防ぐ役割もあります。

 

台風の時にガラスが割れることを防ぐ方法としては、割れにくいガラスに交換する、ガラス自体を補強する、ガラスにモノが当たらないようにする方法がありますよ~。

 

台風が近づく前に、家のまわりに置いてある植木鉢などを片付け、飛ばないように気をつけましょうね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました