台風の時マンションの換気口はどうしたらいい?網戸は?ガラスは?

台風が来る前って、少しでも被害が少なくなるように準備をしますよね。

マンションに住んでいる場合、部屋に付けられている換気口ってどうしたらいいのでしょう?

網戸やガラスに関しても不安な気持ちになりますよね。

今回は、台風が来る場合にマンションの換気口はどうしたらいいのか、網戸とガラス窓の対策についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

台風の時マンションの換気口ってどうしたらいい?

台風が来た時は、24時間換気口は完全に閉じてください!

 

マンションって、木造の家やアパートに比べると気密性が高いんですよね。

で、カビなどを防ぐ目的で換気ができるように、部屋に開閉可能の換気口がつけられていることが多いです。

で台風の時なのですが、換気口は閉めてしまいましょう!!

換気口の取り扱い説明書にも、「台風の時は閉めましょう」との趣旨が書かれています。

 

建物の壁の厚さや施工状態にもよるのですが、風が強いときに換気口を開けたままだと風が入ってきます。

風の向きにもよりますが、台風の場合は最悪雨が入ってくることもありますね。

換気口の中には、スポンジのようなフィルタ―が入っている場合が多いと思います。

フィルタ―には排気ガスや土ぼこり、砂などが付着しているでしょうし、雨が入ってくると、壁紙に黒い水分が垂れることになります。

 

賃貸物件の場合は退去時に、この黒い雨垂れが原因で、壁紙の張替となる可能性もあります。

強風の場合や台風のときには、換気口は閉めるように気をつけてください!

 

台風が来る前のマンションの網戸の対策は?

網戸に関しては、網戸の枠の上部にある「外れ止め」が固定しているか確認してください。

 

 

反時計回りにビスを回すことで固定がゆるみ、時計回りにビスを回すことで「外れ止め」が固定されます。

網戸の枠自体を上に持ち上げてみて、網戸が浮いて外れそうなら「外れ止め」が役に立っていない状態です。

 

 

固定させるのが難しいと感じた場合は、網戸を外して室内に入れた方が良いかもしれません。

強風で網戸が外れて、下に停めてあるクルマに落ちようものなら大変ですしね。

 

 

 

風で左右に動くのが気になる場合は、網戸を締めてテープで固定するといいでしょう。

 

スポンサーリンク

台風が来る前のマンションのガラスってどうしたらいい?

正直ガラスに関しては「対策はあまりいらないのでは」と感じます。

台風がくるとガラスが割れるイメージってありますよね。

風圧でガラスが膨らんだみたいになりますし。。。

でも実は、風速でガラスが割れる事ってあまりないんです。

 

台風でガラスが割れるのは、「風で何かが飛んできて、ガラスに当たるから」という原因が多いんですよ~。

 

ちなみに台風が来る前のテレビの映像なんかだと、ガムテープをバッテンに貼り付けり、十字に貼ってある窓を見かけますよね。

あれ、実はガラスを補強していると思われがちですが、実際は割れた場合にガラスが飛び散らないためにテープを貼っているんです!

ガラスを守るという点では、外から板を貼るのが一番効果があると思います。

ただマンションですし、ベニヤ板とかを貼るのはやめた方がいいですね。

上の階にいくほど風が強くなりますし、貼った板が吹き飛ばされたことを考えれると、二次災害が怖いです(;^ω^)

 

なにかガラスを守る対策をしないと気が気出ない場合は、ガラスの真ん中が一番弱い部分だと思いますし、斜めにバッテン、十字にバッテンの状態でテープを貼るのがいいのかなぁと思います。

ただ、紙のガムテープって剥がすのが大変なんですよね。。。

布テープも粘着が残るかもしれません。

ガラスの表面にフィルムが貼られていない場合は、エタノールやペイント薄め液、灯油なんかでテープの粘着を落とすことができます。

ニオイはクサいですけどね笑

 

 


スリオンテック No.3489 養生用マスキングカットライトテープ 50×25 [マスキングテープ]

僕は建築現場などで使われている緑色の「養生テープ」を使うことをおススメします。

あとは、このテープを貼った上から段ボールを貼って、割れた場合の飛散対策をするくらいでしょうか。

 

最近のサッシ窓はアルミサッシが使われていることが多いです。

アルミサッシは、使っているガラスの厚みや風圧に対する性能が、ランク形式で決められているんです。

なので高層マンションを例にあげると、1階と一番上の階でのサッシ窓では、風圧に対する性能の違うサッシが使われていることがあるんです。

マンションに使われているアルミサッシ窓は、台風の強風に耐えられるガラスだと思っていいでしょう。

 

ちなみにマンションに使われているガラスは、防犯上の理由で金属のワイヤーが斜めに入っているガラスが多いです。

金属のワイヤーが入ったガラスは、もし割れたとしても小さい破片にはなりますね。

 

ガラスにテープを貼ろうか考えている方には、次の記事が参考になると思います

⇒台風で窓が割れそう…ガラスにガムテープ?対策方法とは?

 

窓ガラスについたテープの粘着質の取り方です

⇒ガラスについたテープ跡の取り方はどうする?サッシのはがし方も紹介

 

 

スポンサーリンク

まとめ

台風が近づいてきたら、部屋の換気口は完全に閉めてしまってください。

風の向きによっては、換気口から雨水が入って壁に垂れてくることもあります。

網戸に関しては、網戸の枠の上部にある「外れ止め」を使って外れないようにしましょう。

反時計回りにビスを回してゆるめ、適度な場所で時計回りにビスを回すことで「外れ止め」を固定することができます。

ガラスに関しては、割れる場合は風圧ではなくモノが飛んできて割れることがほとんどです。

マンションに使われているアルミサッシ窓は、階層によって適切なガラスサッシが使われていますので、台風の強風に耐えられるガラスだと思っていいですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました