加湿器にミネラルウォーターを入れるとどうなる?井戸水や水道水は?

スポンサーリンク



 

冬の乾燥対策に欠かせない加湿器。

 

ところで、加湿器に入れる水はミネラルウォーターNGってご存知でした?

 

ちゃんと明記されていますけれど、どうしてかしら?

 

ミネラルウォーターなら水道水よりもさらに綺麗で衛生的な感じがするけれど。

 

ここでは、そんな疑問を調べてみました。

 

スポンサーリンク




加湿器にミネラルウォーターを入れるとどうなる?

ミネラルウォーターは地下水や湧き水などの天然水に殺菌処理やミネラル調整を加えた水をペットボトルなどの容器に入れて販売されています。

 

水道水よりミネラル分が豊富に含まれていますから、それが美味しさや健康面に一役買っているわけで、大変人気があります。

 

しかし、このミネラル分が加湿器のタンクに留まり、汚れの原因になることがあります。

 

また、ミネラル分が蒸気の部分などに詰まり、故障の原因にもなってしまうことがあります。

 

さらに、ミネラル分を含んだ水蒸気が室内に噴き出すと、壁や家具などにミネラル分が白い汚れとなって付着することも考えられます。

 

それから、ミネラルウォーターには殺菌成分が含まれておらず、また、美味しさを損なわないために十分に加熱殺菌をされていないものもあり、加湿器のタンク内でカビや細菌・雑菌が発生してしまう可能性があります。

 

その状態のまま使用を続けると、カビや雑菌を含んだ水蒸気を部屋中にまき散らすことになり、深刻な健康被害を引き起こすこともありますから、加湿器にミネラルウォーターを入れるのは絶対にやめましょう!!

 

 

 

加湿器に井戸水を使うと?

都会では滅多に見られなくなった井戸ですが、地方によってはまだ井戸があり、そこから引いた水を生活用水として利用している家庭もあるでしょう。

 

自然と湧いてくる井戸水なら水道代いらずですから、羨ましい限りです。

 

しかし、井戸水もやはり殺菌成分が含まれていません。

 

水質検査に合格している井戸水でも、加湿器に使うのは絶対にやめましょう。

 

あと、加湿器内部の水垢の付着のがすごくなる場合が多く、掃除が大変になることが多いです。

 

ミネラル分や水垢には「酸」の洗剤などが有効なのですが、クエン酸ベースのモノだとなかなか落ちないんですよね。。。

 

 

スポンサーリンク

加湿器にはなぜ水道水を使うのか?

水道水は浄水場で河川水などをろ過し、殺菌されたもので、ヒ素・フッ素・亜鉛などの成分の含有量について厳しい安全基準をクリアしたものです。

 

また、殺菌成分である塩素を添加することも義務付けられており、そのため長期保存しても雑菌が繁殖しにくくなっております。

 

その微量の塩素が加湿器の給水タンクに潜むカビや雑菌の繁殖も抑制してくれます。

 

また、この塩素は人体に有害ではなく、空気に触れるとすぐに揮発して抜けてしまいますから、全く問題ありません。

 

水道水にもミネラル分が若干含まれておりますが、大体は加湿器のフィルターで取り除かれます。

 

タンク内の小まめな洗浄やフィルターの取り換えなど、加湿器のメンテナンスも非常に大切です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

風邪予防に使っている加湿器。

 

間違った使い方ではかえって健康に害を与えるなんて、驚きですね!

 

加湿器に使う水は必ず水道水を使い、タンク内の掃除などもお忘れなく。

 

上手に加湿器を使って、寒い冬を乗り切りたいですね(*’ω’*)

 

 

コメント