ワックスが剥がれる賃貸の部屋。原因は?退去時どうなる?




 

借りているアパートやマンションのお部屋で床のワックスが剥がれてきたら、どう対応したらいいものなのか心配になっちゃいますよね。。

 

この床のワックスが剥がれる原因ですが、剥がれやすい条件であるモノ、入居者の使い方によって剥がれるモノ、いろいろ理由があります。

 

今回は、賃貸のお部屋を借りているのを前提に、なぜワックスが剥がれるのか、ワックスが剥がれた場合は退去の時はどうなるのか、引っ越し後のクリーニング専門の掃除屋だった僕が、自分の体験をもとに綴って行きます。

 

 

スポンサーリンク

ワックスが剥がれやすい賃貸部屋は存在する?

賃貸で借りられたアパートやマンションのお部屋は、退去された後にきれいにクリーニングをして、次の入居者が決まるのに控えます。

 

床に関して言うならば、ワックスが塗られていない床には水拭き及び洗剤拭きを、ワックスが塗られている床にはワックスを塗って仕上げます。

 

つまり、ワックス自体は退去される度に重ね塗りされていくことがほとんどなわけです。

 

入居者のお部屋の使い方によっては、ワックスの皮膜に料理を作った時の油が油煙として拡散し、黒くなったり剥がれやすくなっている場合もあると思います。

 

退去時に立ち会う不動産屋の人間が、ワックス皮膜の劣化がわかる人間ならば良いのですが、見逃してスルーされたままクリーニング業者に施工の依頼をしたた場合などは、劣化して剥がれやすくなっているワックス皮膜の上からワックスを重ね塗りする場合も多々ありますね。

 

あまり知られていませんが、、、ワックス皮膜が劣化して剥がれやすくなっている状態の上からワックスを塗布しても、改善せず剥がれやすいままの場合が多いです。。

 

後は、塗る必要が無い床材にワックスが塗られている場合、ワックスが剥がれやすい傾向がありますねぇ。

 

ノンワックスのフローリング材や、工場出荷された時の可塑剤がたっぷり付いたウッドタイルやビニール床は、ワックスがはがれやすい場合が多々あります。。。

 

 

ワックスが剥がれる原因は?

上に書いたワックス皮膜の劣化の他に、油を使う料理の作りすぎ、家具を引きずった、子供がおもちゃでひっかいた、除光液をこぼした、消毒するときエタノールをこぼした、こぼした液体やペットのおしっこをそのままにしていた、敷物を敷いていたら裏面がこすれて跡が残った…などワックスが剥がれる原因はいろいろありますね。

 

もともとは床材の表面につく傷を防ぐために、ワックスを塗布します。

 

とはいえ、浅い傷なんかはワックスが削れるくらいで済みますが、深い傷なんかは防ぎようがないんですけどね。

 

ザクっと傷ついてしまいます…汗

 

 

ツヤは、ワックスの副産物だと考えてかまいません。

 

賃貸の場合は、床にツヤがあることでキレイに見える→内見時に好印象を与えられる ということだと思っています。

 

もしくは、新築で床材を貼った際にボンドがついてしまい、取りようがないのでワックスを塗ってごまかした…

 

一度ワックスを塗ってしまったので、退去するたびに重ね塗り…ということが多いですね。。。

 

 

もしも汗をかいた手や少し湿った手で床を触ったらワックスが剥がれる場合は、ワックスの皮膜が何らかの原因で密着不良を起こしています。

 

入居後早々ならば、すぐ不動産屋に連絡をいれましょう!!

 

ワックスの密着不良は、一度ワックスを剥がしてしまわないと解決できません。

 

そのまま上からもう一度ワックスを塗っても、剥がれやすいのは変わらないですよ!!

 

スポンサーリンク

 

ワックスが剥がれると退去の時はどうなる?

これは、不動産屋によって対応が違います。

 

床の敷物をめくるとワックスが敷物の跡に削れていた、油を使う料理の作りすぎで黒ずんだ、除光液やエタノールをこぼしてワックスが溶けた…などの場合などは、退去時にワックスを剥離する代金を取られる可能性が高いです。

 

敷金から代金を引かれる場合が多いでしょう。。

 

敷物の跡の上からワックスを塗布しても、敷物の跡は消えることはありませんので、ワックスを一度全て剥離してしまうしかないんです。。。

 

1cmほどの水滴を落としたようなワックスの剥がれ方をしている場合は、立会人が気にしないという場合もありますね。

 

もし入居されて、短期間のうちに簡単にワックスが剥がれたり、ワックスにムラのような跡が目立つ場合は、不動産屋さんに報告をし、退去時に証拠になるように写真を撮っておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

アパートやマンションの部屋を借りる前の内見の時には、見た目ではわからない床のワックスの皮膜…

 

借りている間は、水分をなるべくこぼさないように、こぼしてもすぐに拭き取ることが大事です。

 

そして敷物を敷く場合は、敷物裏の形状が柔らかいモノで、ワックス皮膜に傷をつけにくいモノを購入することをおすすめします。

 

 


タイトルとURLをコピーしました