ヤモリが家の中にいる。追い出すにはどうしたらいい?退治する方法?

スポンサーリンク



 

春先から秋にかけて暖かい季節になると現れるヤモリ。

ヤモリは寒い時期は活動しないので、夏場になると見かけることが多くなります。

ヤモリは「家守り」とも言われ縁起の良い生き物とされています。

家の中にいると幸運をもたらすとも言われているヤモリですがやはり苦手な人にとってはなかなかそうは思えない、というのが本音です。

ヤモリは一体どこから入ってくるのでしょう?

そして追い出すにはどんな方法があるのでしょう?

今回は、ヤモリが家の中にいたら…、見つけたヤモリを家から追い出す方法、ヤモリを退治する方法を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク




ヤモリが家の中にいる…

ヤモリは小さな隙間があればどこからでも入ってきます。

エアコンの室外機や換気扇、通気口など外部と繋がっている隙間から入ります。

害虫と同じ進入経路と考えると想像しやすいかもしれません。

例えば人が出入りする玄関やベランダなど窓が開いていればもちろん入ってきます。

帰宅した時、洗濯物を取り込んだ時、知らないうちに一緒に家の中に入ったとしても、気がつかない位素早い動きなのでいつでもどんな時でも家の中に入ってくるチャンスがあります。

ヤモリが家の中に入ってきたとして、何か困ることがあるとしたらヤモリが苦手な人にとってはいつ遭遇するかと、ハラハラドキドキしながら過ごさなければならないストレスがありますね(;^ω^)

また、繁殖の時期には増えていきますし、そうなるとフンの害も考えられます。

また、明かりをつけたらいきなりヤモリがいたらびっくりします。

よく壁や窓に張り付いていて、本当に驚いてしまうんですよね!

足が吸盤のようになっているので天井も歩くのですが、時々ぼたっと落ちてくることもあってこれもまた心臓に悪いです・・。

ただ、ヤモリ自体には人に対しての害はありません。

噛み付いたりはしませんし、ニホンのヤモリは毒を持っていません。

そのためもし触れてしまうことがあっても怪我をしたり病気になる心配はありません。

むしろシロアリなどの害虫を食べてくれるので家の中にいるとありがたがられることがあるくらいです。

しかしながら嫌いな人にとってはヤモリも害虫と変わりはないので何とかしたいものです。

次にヤモリを家から追い出すにはどうすれば良いかをお話していきます。

 

 

ヤモリを家から追い出すには?

ヤモリを追い出すには、捕まえて家の外に出してしまうのが一番手っ取り早いです。

素手で!!!、というわけにはいかないかもしれませんが、ほうきなど柄の長いものを使って、玄関や窓まで誘導して外に出してしまうという方法が一番良いと思います。

退治したあとの処理のことを考えると、やはり生きたまま外に出してしまったほうが困らないかと思います。

あとは進入経路を徹底的に塞いでしまわないと、結局また入ってくるので終わりが見えません。

玄関などの出入り口は仕方ないにしても、エアコンだったり換気扇だったりここは入って来そうだなと思う場所があれば塞いでおくことをおススメします。

本当に少しの隙間でもスッと入ってきますので、一度外に出てみて、家のまわりをグルッと見回ってみてはいかがでしょうか?

それからヤモリは蚊取り線香を嫌うので、家の中、庭先などで焚いておくこともおススメします。

蚊取り線香は主に蚊に対して効果を発揮するものとして使用されていますが、この香りをヤモリは非常に嫌うため進入を防ぐことが可能です。

こちらも是非お試しになられてみて下さい。

 

あと時間はかかってしまいますが、家の中にいてエサになる蚊、蛾、、ハエ、ゴキブリなどの虫を完全に駆除すると、ヤモリは家からいなくなる可能性がデカいです。

 

この家の中には食べる物がないなぁ~と、ヤモリに認識させることがポイントになりますね。

 

 

スポンサーリンク

ヤモリを家で退治する方法とは?

どうしても今すぐやっつけたい、と言う場合は害虫を駆除する方法と同じ方法で退治するしかありません。

ハエたたきでパンと叩く、殺虫剤をかけるといった方法です(;^ω^)

 

あとヤモリにも、殺虫剤は効果がある場合があります。

 

家にある普通の殺虫剤でも退治することができることもあれば、あまり効かない場合も・・・。

 

殺虫剤の中には凍殺タイプの冷却殺虫剤があるのですが、本当に一瞬で凍らせてしまうんですよね。

 

ヤモリは爬虫類で変温動物なので、気温や温度が下がることによって動けなくなるんです

 

ただとても動きが素早いので頭をめがけてシュッとかけてしまいましょう!!

 

昔ながらの毒性がある殺虫剤は、すぐに効果が出ることは少なく、数日で毒素が排出されてしまうこともあるか、昆虫のように上手く死んでしまうことはたまにしかありません。

 

ヤモリの駆除に使う薬剤は、人間自体にも害があるほどの強さのものなんだそうです。。。

 

僕自身、過去に密閉空間でゴキブリ駆除に使うバルサンを焚いたことがあるのですが、使用後もヤモリちゃんは平気な様子で部屋内をちょこまかしていましたね。。。(;^ω^)

 

気長に退治を考えるなら、爬虫類の特性を逆にいかし、逃げ場のない所に追い込んでから、ゴキブリホイホイに誘ったり大きな入れ物に水を張って落ちるのを待つのがいいですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ヤモリが家の中に入ってしまった原因や撃退法などについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

いくら縁起が良いとされる生き物だと言っても、苦手なものを好きになるのはなかなか難しいものです。

まずは隙間がないかしっかりチェック、そして夏場は玄関や窓を開けっ放しにしない、もし開けておく時は網戸を閉めておく、など普段出来ることはしっかりしておくことも大切ですね。

そして万が一遭遇してしまったら、出来れば逃がしてあげる余裕があれば良いのですが、無理ならばもう意を決して冷却殺虫剤をかける!!

これしかないでしょう!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました