赤ちゃんは夏に扇風機だけでも大丈夫?夜寝るときはどうしたらいい?




 

昨今の異常気象は本当にシビアで、連日の猛暑日もザラにあります。

 

生まれて初めて経験する夏は、赤ちゃんにとっても身体に堪えるもの。

 

どのようにして快適に過ごすか、ママの悩みどころですよね。

 

ここでは、赤ちゃんは夏は扇風機だけで大丈夫なのか、赤ちゃんの夜や寝るときの扇風機の使い方について説明します。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんは夏に扇風機だけで大丈夫?

クーラーは身体の芯まで冷やしてしまいそうで、赤ちゃんには心配。

 

でも、その点、扇風機なら赤ちゃんが触ったら危ないということはありますが、風そのものは身体に優しい感じがします。

 

真夏でも扇風機だけで過ごして大丈夫でしょうか?

 

大人は扇風機の風を直接受けて涼むことが可能ですが、赤ちゃんはダイレクトに風に当たると冷え過ぎてしまいます。

 

扇風機を使う時は、赤ちゃんに間接的に風が当たるようにセッティングしてください。

 

首振り機能を利用して、壁に風を当てるようにして部屋全体の空気が流れるようにしましょう。

 

でも、扇風機だけでは室温がなかなか下がらず、赤ちゃんの汗が止まらないようでしたらクーラーも併用しましょう。

 

目安としては室温28℃以上です。

 

クーラーの風も直接当たらないように調節し、弱風の設定がいいですね。

 

汗が止まらないと下着も濡れてしまい、着替えないと身体を冷やしてしまいます。

 

また、汗をそのままにしておくと、デリケートな赤ちゃんの皮膚はたちまち起こしてしまうことがありますから、赤ちゃんの観察は非常に重要です。

 

赤ちゃんに夏の夜の扇風機の使い方で気をつける事とは?

日が落ちて涼しくなったら、クーラー無しで扇風機だけで十分に涼めることもあると思います。

 

しかし、窓を開けるなら、蚊などの虫が部屋に入る可能性がありますから、必ず網戸にしましょう。

 

扇風機の位置は赤ちゃんから離して、触らないように注意してください。

 

赤ちゃんの指が入らないようにする扇風機カバーなどを取り付けましょう。

 

最新鋭の扇風機では羽根がないタイプもあり、安心して使えます。

 

ただし、扇風機本体を赤ちゃんが触ることで倒れる危険がありますから、位置には十分気を付けましょう。

 

生後1歳前後になると赤ちゃんは立ち上がり、よちよち歩きができるようになります。

 

好奇心旺盛で何でも触りたがり、動く扇風機も興味を示すことでしょう。

 

このような時期はベビーガードを使い、ガード越しに扇風機の風を当ててあげると、扇風機を触って倒す心配がありません。

 

それから、ここでも大事なことは赤ちゃんの観察です。

 

手足を触ってみて冷たくなっていたら、薄手のカーディガンなどを羽織らせたり、靴下を履かせたりしましょう。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんへの扇風機の使い方は寝るときどうしたらいい?

熱帯夜の場合は、夜でも冷房や扇風機を使いましょう。

 

注意することは風の向きと位置です。

 

寝返りしても、扇風機にぶつからないぐらい遠くに置き、風を壁などに当てて、首振り機能で空気の循環を促します。

 

それから、冷却パッドなど、ひんやりする寝具を使うと眠りやすくなります。

 

寝入ったら、扇風機が止まるように、タイマー機能を使うのもおすすめです。

 

就寝時には防犯上、窓を開けっぱなしにできない場合が多く、室内は蒸し暑くなりがちです。

 

その場合は一晩中、扇風機を付けたままの方がよいでしょう。

 

寝る時に扇風機を使うと心配なのが寝冷えですよね。

 

おすすめのパジャマは、上下をつなぐボタンがついているものです。

 

これなら寝返りしてもパジャマがはだけて、お腹が出てしまうことがありません。

 

また、腹巻付きパジャマもおすすめです。

 

パジャマの上をしっかり腹巻に入れておけば、お腹が冷えることはないでしょう。

 

また、生まれたばかりの赤ちゃんの場合、既製品のパジャマでは大き過ぎることがあります。

 

首が座っていない赤ちゃんにはかぶって着るシャツは着せにくいこともあります。

 

一般的な上下分かれているパジャマではなく、ロンパースという上下がつながっている形の服をパジャマ代わりするのもおすすめです。

ロンパースも上からかぶって、股下のボタンでとめるタイプもありますが、前開きタイプもあり、このタイプだと生まれたての赤ちゃんでも着たり脱いだりがしやすいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

年配の方からは、赤ちゃんに扇風機なんて寝冷えが心配なんて言われるかもしれません。

 

しかし昔よりも地球温暖化が進み、日本の夏も深刻な暑さになりますから、しっかり冷房や扇風機を上手に使いましょう。

 

扇風機の風が赤ちゃんに直接当たらないようにセッティングし、首振り機能や弱風設定で使えば、赤ちゃんも快適です。

 

寝返りなどができる赤ちゃんの場合は扇風機カバーを付けたり、ベビーゲート越しで扇風機を使ったりすると、なお安心ですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました