石油ストーブのメリットとデメリットとは?賃貸では使ってもいい?

 

温暖化の影響なのか…夏の期間は長く異常に暑い一方で、冬もまた、長く厳しい寒さが続くようになってしまいましたね。

 

雪国でなくても、寒さがこたえます。

 

そんな寒さを乗り切るために、様々なタイプの暖房機器がありますが、結局のところ一番部屋を暖かくしてくれるのはなに?とお考えのあなた。

 

そんなあなたにお勧めなのは、やはり石油ストーブです!

 

石油ストーブというと、学校の教室にあったり、祖父母宅にあったりと、少し古くさいイメージがあるかもしれません…

 

最近の石油ストーブは、おしゃれでインテリアになると見直されつつあるのですよ。

 

そんな石油ストーブのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

 

是非、あなたの暖房選びにお役立て下さいね。

 

スポンサーリンク

石油ストーブを使うメリットってなに?

まず初めに、どうやって石油ストーブは部屋を暖めるのかご存知ですか?

 

付属のタンク内に灯油を入れて、燃焼させることで、発生した熱が部屋を暖めてくれるのです。

 

これが、石油ストーブの最大のメリットです!

 

エアコンのような温風ではなく、炎で暖めるため、エネルギー量が違います

 

広い部屋でも、短時間で一気に暖まります!

 

また、送風するわけではないので、運転音もせず静かです。

 

何より、電源が必要ないのです!

 

こちらも非常に重要なメリットで、災害時や停電時にも使うことができます。

 

寒いところに、簡単に持ち運ぶこともできるのです。

 

何なら、屋外でも使用可能です。

 

こんな便利な暖房機器ありませんよね。

 

しかも、炭素と水素が含まれる灯油を燃やすことで、空気中の酸素と結び付き、二酸化炭素と水を発生させるのです。

 

そう、水蒸気ができるため、乾燥知らずなのです。

 

エアコンで、喉や鼻の乾燥に悩んでいた人がすると、夢のようですよね。

 

昔ながらのやかんを乗せれば、お湯も沸かせます。

 

そして更なる加湿も可能です。

 

コトコト煮込み料理のお手伝いもしてくれます。

 

光熱費も節約できますよ。

 

もちろん、スルメやパンも焼けちゃいます笑

 

その場合は、燃焼部分に垂れ下がったり、近付けないようにする工夫が必要ですけどね。

 

石油ストーブのデメリットとは?

残念ながら、数々のメリットの裏で、デメリットもいくつか存在します。

 

ます寒い中、燃料である灯油を外に買いに行かないといけません。

 

我が家の減り具合を確認しつつ、切らさないように気を配ることは、想像以上に大変です。

 

石油ストーブに、補充する作業も案外手間で、こぼしてしまったりと地味な仕事が積み重なります。

 

単純に、灯油の臭いがダメという人もいるので、この点も注意が必要ですね。

 

頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりと、こればっかりは、残念ながら防ぎようがないですよね。

 

ここからの2つが特に重要です!

 

先程、石油ストーブの仕組みについてお話ししましたが、室内の酸素を使って灯油を燃焼させるため、当然、室内の酸素は不足していきます。

 

すると起こるのは、不完全燃焼による一酸化炭素中毒です。

 

これは、命に関わる重大なことです!

 

対策としては、定期的に酸素を入れてやるために、換気が必要になります。

 

1時間に1回は外の冷たい空気を入れなければならないため、また一から暖め直しになります。

 

まめに換気する手間も必要ですしね。

 

もちろん、タイマーが付いているものや、不完全燃焼を関知したら安全装置が働くものもあります。

 

これも、万能とは言い切れません。

 

またシーズン終わりには、きちんと掃除をしていないと、安全装置が効かなくなる場合があるので、注意が必要です。

 

もう1点は、火災の心配です。

 

燃焼させることで暖を取るのですから、洗濯物を近付ければ、燃えてしまいます。

 

寝具やこたつカバーなども同じです。

 

多少離しているからと思っていても、劣化の原因になります。

 

小さな子供やペット、高齢者は火傷の危険もあります。

 

石油ストーブの周りを囲む、専用のガードを検討した方が良いかもしれませんね。

 

もちろん、ストーブの上に置いているやかんや鍋なども注意が必要です。

 

その他、部屋を暖めるには最高ですが、温度管理がしにくいという問題もあります。

 

スポンサーリンク

石油ストーブって賃貸物件で使っていい?

前の章でお話ししましたが、石油ストーブには、火災を引き起こす危険性がつきまといます。

 

燃えやすいものを近付けた場合だけではなく、何かの拍子に石油ストーブを倒してしまえば、即火災の危険に見舞われます。

 

そのため、賃貸物件はもちろんのこと、分譲住宅でも、集合住宅では使用を禁止しているところがあるのが現状です。

 

メリット、デメリットを考察して、さあ購入!と決めてから、実はダメだったなんてことがないように、まず最初に、入居者規約を確認することが大切ですね。

 

また、灯油1リットルにつき、水蒸気が1リットル発生すると言われている石油ストーブ。

 

湿度を与えてくれるメリットの一方で、その水蒸気による結露、そしてカビてしまう心配があります。

 

そのため、石油ストーブの使用を禁止している賃貸物件もあるのです。

 

最後に。

 

石油ストーブって無機質な箱形のものだけでなく、昔懐し小学校にあった筒型のものを覚えていませんか?

 

360℃全方向を暖めることができる優れものでもあります。


色はモスグリーンやホワイト等お部屋のインテリアと調合して、レトロでおしゃれな雰囲気を醸し出してくれます。

 

そんなデザイン性と、本来の強力な暖め機能が、今見直されているのも確かです。

 

まとめ

石油ストーブについて、メリットとデメリット両面をお話ししてきました。

 

「寒さ」これは、体を強ばらせて、様々な不調の原因となります。

 

その不快から解放されるには、石油ストーブは最強です!

 

緊急時にも屋内外問わずに使うことができます。

 

その分、燃料の購入、換気、掃除と多少の手間はかかりますが…

 

あなたが一番重要視していることは何ですか?

 

石油ストーブも選択肢に入れてみませんか?

 

タイトルとURLをコピーしました