暖房なしで部屋を暖める方法。冬に暖かい服装は?寝室ではどうする?

昨年の冬、電気代を見て驚いたあなた。

お気持ちわかります。

夏に冷房をガンガン使った時期よりも、あまり使った意識がない冬に…電気代がぐんと上がってた!ということありますよね。

そんなとき考えるのが、暖房なしで部屋を暖める方法はないかなあ~ってことではありませんか?

意外にも方法はたくさんあるのです!

本格的な冬が訪れる前に、明日からでも実践してみて、今年の冬こそは電気代を節約してみませんか?

今回は、暖房なしで部屋を暖める方法、冬に暖かい服装、冬の寝室で暖房なしで寝る方法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

暖房なしで部屋を暖める方法

 

暖房を頼らないで、部屋を暖めるには、2つの原則があります!

① 部屋の温かい空気を外に逃さない!

② 外からの冷たい空気を遮断する!

当たり前ですが、確かにと思えることですよね。

 

そこで、具体的にお話しします!

まずは、お昼間の過ごし方です。

豪雪地帯の方はごめんない…太平洋側など乾燥した冬晴れが多い場所では、晴れの日はカーテンを開けると、太陽光がたっぷり家に入れ込み、暖かく感じることありますよね。

是非、その貴重な日の光を大切にして下さい。

それだけで、日中は過ごせます。

 

ただし、日が落ちてきたなあと感じたら、すぐさまカーテンを閉めて、部屋の暖気を逃さないように、なるべくドアの開け閉めも少なくして下さいね。

 

あまり天気の良くない日の場合は、湿度をプラスしてあげて下さい。

人は湿度が高くなると、暖かく感じられるので、濡れたタオルを干したり、洗濯物を室内干しにしてみたり、効果ありますよ!

 

また自炊も、一石二鳥です。

煮物をしたり、鍋物、オーブン料理などしているだけで、湿度がぐっと上がり、効果的です。食費も節約できますしね。

 

忘れてはいけないのが、床から伝わってくる冷気がです。

座っているだけでお尻が冷えてきますよね、特にフローリングの場合は…

ですので、冬場だけでもカーペットを敷いてみてはどうでしょうか?

お勧めは、ウール素材です。

吸湿性が良いので、なんと暖房費が20%も節約できると言われています!

 

更に、床とカーペットの間に、厚手のレジャーシートや段ボールを入れてみて下さい。

床からの冷気を遮断し、層を作ることで部屋からの暖気をためてくれます。

是非、お試し下さい!

 

冬に暖かい服装とは?

着る毛布ってご存知ですか?

幼児が寝るときに、よく布団を蹴脱いで、風邪を引いてしまうのを防止するための物です。

あの大人版があるのです!

手が動かせるので、便利ですよ。

色柄も豊富で、可愛いのがたくさん出ているので、お勧めです。

 

冬の寒いときには重ね着

また、古典的と思われるかもしれませんが、重ね着も効果的です。

それぞれに空気の層ができ、体内の熱を逃さず、暖かくいられます。具体的な方法としては、

1枚目は、肌にフィットする下着を。

2枚目は、それより5ミリ隙間ができる程度の大きさの服を。

最後に3枚目は、より空気の層を作り出すセーターなどモコモコ素材の服を重ねます。

これでかなり、保温できます。

 

寒い時は首を温める

更に、3つの首を覆うことで、体感温度がかなり変わると言われています。

首、手首、足首のことです。ネックウォーマーを着けたり、ショール、スカーフ等を首に巻き、手首までしっかり隠れる長めの袖の服、長いパンツに長めの靴下を重ね履きをすることも大切です。

同様に、下半身を温めることも重要になってきます。

暖気は、自然に頭上に上がってしまう性質があるため、どうしても足元は冷えてしまいがちです。

暖房の効いた部屋にいるとよく分かりますよね。

頭だけボーッとしていて、体は寒いままという状態のことです。

それを防ぎ、より効果的に体全体を温めるには、足湯がお勧めです!

 

足湯は寒い時におススメ

熱めのお湯をバケツ一杯に用意ししておきます。

適量を洗面器に移して、素足を入れます。

バケツから洗面器に移すことで、お湯の温度が心地よく感じる適温になり、足元から温まることで体がリラックスして血管が広がり、より長く温かさが保てますよ。

洗面器のお湯が冷めてきたら、適宜バケツから追加して下さいね。

 

寒い時は湯たんぽも効果的

湯たんぽでも、同じ効果が得られます。

足元を温めるのがお勧めですが、場合にはよっては、お腹に抱き抱えるようにして温めても気持ちが良いですよね。

今の湯たんぽは、色も形も様々。カバーも可愛いのが売られていますよ。

でも、足湯や湯たんぽでは、動くのに不便だ!という方は、パンツの上からスカートを重ね履きすることをお勧めします。

太い血管が通っている太股を冷やさないことは、とても重要です!

 

スポンサーリンク

寝室に暖房なしで寝るには?

暖房なしで部屋を暖める時と同様に、部屋の暖気を逃さず、また、冷たい外気を部屋に入れないことが大切ですよね。

 

冬はカーテンで断熱

寝室が寒い場合は、カーテン買い替えるてみてはどうでしょうか?

例えば、厚手や遮熱のものにする。

二重にする。

下からの外気を遮断するために、長めのものにする。

ポリ塩化ビニール製のシャワーカーテンにする。

(ビニールハウスのような効果があり、太陽光線をため、暖気を外へ逃がしません。)

自分でカーテンにフリース生地を裏打ちする、などです。

 

ドアの隙間を埋める

ドアの下から冷気が入るのを防ぐことも大切です!

隙間を埋める専用のテープを貼る。

また、ドア前にカーテンや大判の膝掛けやシートをピンで留める。

また、ペットの出入り口があるお宅なら、その場所にも。効果ありますよ!

 

窓の断熱にプチプチ

更に、外気を遮断という意味では窓も重要です!

ただ、開けにくくなったり、又は開けられなくなる可能性がありますが…

結露防止シートや梱包材のプチプチを貼ったり、隙間をボロ布や使い古したTシャツ等を切って、埋め込んでも。

 

寝具の工夫もおススメ

寝具を工夫することも大切です。

羽毛布団も良いですが、先に服装のところでお話ししたように、掛布団も重ねることで空気の層ができ、暖気を逃しません。

特に暑がりの幼児には、この重ねる方法はお勧めで、調節がしやすいですよね。

冷気の入りやすい、肩口や足元の対策も重要です!

ここでも、着る毛布を活用したり、ネックウォーマーを着用したりしてみては。

ただし、靴下はお勧めできません。

本来人は、足や手の平から熱を放出して体温を下げ、深い眠りに入っていきます。

靴下を履いていると熱がこもってしまい、良い睡眠を取れなくなるのです。

手足の冷えが気になる方は、本当に寝る寸前まで靴下を重ね履きしていたり、先にご紹介した、湯たんぽや足湯を活用して温めておいたまま、素足でお布団に入ることをお勧めします。

でも、お布団が寒いと一瞬で足が冷えてしまう…という方なら、お布団自体をお昼間に太陽光に当てて干したり、湯たんぽやドライヤーで事前に温めておくのも手ですね。

 

体を温める

最後に、自分自身を内から温めておくのも大切です。

体を温める作用のあるハーブティーやハチミツ入りホットミルク、生姜を入れた飲み物等を口にしても。

もちろん、カフェインレスで。

あと、激しい運動は禁物ですが、軽くストレッチ等をして、体をほぐして温めてあげておくことも大切ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

工夫次第で、電気代を節約しつつ、部屋を暖める方法はあることが、お分かりいただけたかと思います。

ただし、我慢は禁物です!

寒過ぎで動かなくなったり、寒さを我慢して体を強ばらせたりしていると、腰痛や肩こり、しいては頭痛の原因になります。

もちろん、心臓にも負担がかかり、体にとって良いことではありません。

時に暖房を活用することも、あなたの体を守るために必要です。

くれぐれも、賢く節約を楽しむくらいの気持ちで、実践してみて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました