赤ちゃんの掛け布団って冬どうしたらいい?蹴る?代用できるモノは?

寒い冬がやってきますね。

赤ちゃんが夜眠る時、お布団はどうしていますか?

ベビー布団を買うのか、それとも大人用の布団をそのまま使って大丈夫なのか悩みますよね。

寒いのに赤ちゃんが布団を蹴ってしまうこともあるのでママと一緒のお布団で添い寝もいいかもしれません。

今回は、赤ちゃんの掛け布団選びや掛け布団を蹴ってしまう時の対処法、掛け布団の代用になるものなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの掛け布団って冬はどうしたらいい?

寒くなってくると赤ちゃんが夜寝る時に、掛け布団が必要なのか気になりますよね。

掛け布団を購入する時には赤ちゃんのことを第一に考えて快適な掛け布団を選ぶようにしてください。

 

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、肌に触れるカバー部分は綿100パーセントなど素材のいいものが安心です。

しっかりとしていて通気性がよく、肌触りも気持ちいいと赤ちゃんも喜びます。

 

また掛け布団の重さも重要で、赤ちゃんはまだ小さくて力もないのであまり重たい掛け布団にしてしまうと赤ちゃんの口や鼻を塞いでしまい窒息などの原因になってしまうので注意してください。

こうしたことを踏まえると冬に赤ちゃんに掛け布団を買う場合は、ベビー布団など専用のものが一番安心できると思います。

ただ私の場合はベビー布団を購入したものの、主に使っていたのはお昼寝の時ぐらいでした。

リビングにカーペットを敷いていたので、その上にバスタオルを広げて赤ちゃんを寝かせてベビー布団を掛けていました。

お昼寝の時は泣いたらすぐに抱っこしたり、掛け布団を蹴飛ばしてしまったら直したり、すぐに対応するのですが…

夜はママもぐっすり眠りたいですよね。

 

冬は寒くてあまり布団から出たくないので、赤ちゃんと一緒に大人用の掛け布団で添い寝をしていました。

数時間おきに授乳することを考えても添い寝がとにかく楽でしたね。

泣いても手を伸ばしてトントンするだけでまた寝てくれたり、掛け布団を掛け直すのも楽でした。

 

ただ、一緒に寝ていた時は真冬でも毛布を一切使いませんでした。

大人には保温性抜群の毛布はとても魅力的でしたが、赤ちゃんにとっては暑くて汗をかいてしまいさらにそのせいで蒸れてしまい寝苦しそうだったからです。

無理に赤ちゃん用の掛け布団を購入しなくてもママと添い寝で十分かもしれませんね。

 

赤ちゃんが掛け布団を蹴る場合の対処法は?

我が家の子供達も赤ちゃんの頃、掛け布団をしっかりとかけても気がつくと蹴飛ばしていて、掛け布団の上に足を乗せて寝ていることがよくありました。

足を触ると冷えて冷たくなっていて「大丈夫かな・・・」と心配で何度も何度も掛け布団をかけ直すのですが、また蹴られて…の繰り返しでした。

赤ちゃんと添い寝をしていたのですぐに掛け布団を掛け直すのですがあまりに寒い時は心配で、そこで購入したのがスリーパーです。

 

暖かい生地で作られていてふわふわの肌触りのいいものを選びました。

赤ちゃんが触ってもケガをしないようにジッパーの一番上の顔に触れるところにフェルトでカバーがしてあったりと赤ちゃんに優しいデザインで作られているところも魅力的でした。

スリーパーだけでも十分暖かいので肌着やパジャマは薄手のものにして大人よりも1枚少ないぐらいがちょうどいいです。

 

暑すぎても赤ちゃんが寝苦しかったり、汗をかきすぎてしまうので赤ちゃんの様子を見ながら調節してあげることが大切です。

また寝心地が悪くて蹴ってしまう場合もあるので赤ちゃんの周りの環境を一度見直してみるのもいいと思います。

 

まずは早めの入浴を心がけます。

私たち大人は寝る前にお風呂に入ることが多いです。

赤ちゃんの場合、お風呂から出て湯冷めする前に良かれと思ってお布団に入れても、体が熱いままで体温が下がらず寝つきが悪くなってしまいます。

スムーズに眠りにつくためには、睡眠する2時間前にはお風呂を済ませておくといいですよ。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの掛け布団で代用できるものとは?

赤ちゃんのためにベビー布団など専用の掛け布団をわざわざ購入しなくても、他のもので代用することもできます。

赤ちゃん用の掛け布団を使う期間は短いですし高いお金を出して購入するのはもったいない気もしませんか?

 

私の場合は長座布団を代用して使っていました。

長座布団にバスタオルを巻いて完成です。

 

赤ちゃんはよく吐き戻しをしたり、オムツを交換するときに男の子だとおしっこが飛んできたりで、掛け布団が汚れてしまうことがあります。

冬は洗濯物もなかなか乾かなくて、夜に洗濯してしまうと寝るときに困ってしまいます。

ベビー布団の掛け布団カバーは布団とセットになっていることが多いので、洗い替え用の予備があまり無く掛け布団カバーが汚れると大変です。

でも長座布団にバスタオルを巻いただけの掛け布団を使えば、もしも汚れてしまってもバスタオルを交換するだけでいいので簡単に綺麗なものに交換できます。

 

ただ最近は暖房をつけたままで夜寝ることも多いと思うので、その場合は大判のタオルケットやブランケットでも十分代用できます。

なので冬だからといって「赤ちゃんの掛け布団を必ず買わなければいけない」というわけでは無いと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

寒い冬に赤ちゃんがぐっすりと眠れる環境を作ってあげたいですね。

掛け布団一つでも、ベビー布団を購入したりママと大人用の布団で添い寝をしたり赤ちゃんに合った方法を見つけてあげてください。

掛け布団を蹴ってしまってもスリーパーというママの強い味方アイテムもあります。

色々な工夫をして楽しく子育てしていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました