肉を冷凍して2カ月たっても食べられる?パックのママ?解凍方法は?

家で焼肉したけど、お肉が余ってしまったとか、安売りのお肉が使い切れないとか、そういう時は冷凍保存しますよね~?

でも、冷凍庫に入れっぱなしで、気づくと1か月以上経っていることも・・・!

冷凍でも1か月以上はちょっと心配ですよね。

ここでは、冷凍した2カ月たった肉は食べられるのか、パックのまま冷凍してもいいのか、冷凍肉の解凍方法について説明します。

 

スポンサーリンク

肉を冷凍して2カ月たっていても食べられる?

まず、発見した冷凍のお肉をよく観察してみましょう。

肉の色がくすむ、表面が乾燥してパサパサになっていませんか?

それは冷凍焼けという現象です。

冷凍庫の中は空気が大変乾燥していて、肉の水分が抜けて美味しさを失っているでしょう。

食べられないことはありませんが、あまりおすすめできません。

 

肉の冷凍保存の目安は、一般的に2週間から1カ月。

 

けれども、冷凍する時に少し注意すれば、2か月冷凍保存しても美味しさをキープすることができます。

肉を長持ちさせる冷凍方法については次に説明しますね。

 

肉を冷凍する時はパックのままで大丈夫?

買ってきたパックのまま、ポーンと冷凍庫に放り込むのは簡単ですが、それでは肉の美味しさを保つことはできません。

パック内には肉から染み出た液体(ドリップ)があり、取り除かなくては霜や臭みの原因になってしまいます。

ドリップを吸収するシートが肉の下に敷かれていることも多く、これは一緒に冷凍しない方がよいでしょう。

 

そもそも、ドリップが多い肉はお店で解凍したものである可能性があり、家で再凍結させると美味しくなくなってしまうことがあります。

衛生面も心配ですね。

それに、発泡スチロールのパックは熱が伝わりにくく、冷凍に時間がかかってしまいます。

空気に触れることで、冷凍保存でも肉の劣化が進んでしまいますから、やはり、パックから出して冷凍保存しましょう。

 

最初に、肉のドリップをキッチンペーパーできちんと拭き取り、1回に使い切る量に小分けします。

この時、使う包丁、まな板、手は必ずキレイな状態にしてくださいね。

少量ずつの方が素早く冷凍できて、雑菌の繁殖を抑制できます。

 

また、調味料で味付けした状態で冷凍保存すると、肉から水分が流出しにくくなりますし、解凍後に素早く調理できて時短になります。

とにかく空気に触れさせないように、しっかりと空気を抜いてラップで肉をくるみます。

テーブルなどの平らな場所でラップを敷いて、肉を薄く伸ばした状態でくるむと空気を遮断でき、素早く凍結させることができます。

 

しかし、ラップは剥がれやすいので、その上からアルミホイルでくるむと、完全に空気を遮断できるし、なおかつ、熱の伝導率に優れているので、急速冷凍が可能になります。

ここで気を付けてほしいのは、肉を直接アルミホイルでくるんでしまうと、肉がくっついてしまい、アルミホイルを剥がしにくくなりますので、必ず、ラップでくるむのを省かないでくださいね。

アルミホイルの代わりに、密封できる袋を使って、空気を遮断させる方法もあります。

できたら、肉を入れた袋を金属製のトレーなどに載せた状態で冷凍すると素早く凍結させられます。

 

スポンサーリンク

肉の冷凍を解凍する方法とは?

一番、美味しさを損なわずに解凍する方法は流水解凍です。

袋のまま流水に当てて解凍していきます。

 

氷水で解凍する方法もありますが、ドリップが出にくく、肉の鮮度を保ちながら解凍できますが、解凍にかなり時間がかかるし、氷を頻繁に追加する手間がかかります。

お刺身など生で食べるものは氷水解凍がおすすめですが、加熱調理する肉などは流水解凍で十分です。

 

袋に入っていない場合は冷蔵庫で解凍してきましょう。

電子レンジでサッと解凍したいところですが、加熱ムラができやすく、秒単位で肉の様子を見ないと上手に解凍できません。

 

また、常温解凍は大変簡単ですが、解凍された状態で常温放置されてしまうので、雑菌の繁殖が心配です。

一度、解凍した肉は、必ずその日のうちに調理して中までしっかり火を通しましょう。

再度凍結することは止めた方がいいです。

スポンサーリンク

まとめ

肉を冷凍保存する時にはいくつかの注意する点がありました。

肉のドリップをしっかり拭き取り、空気を抜くことが大切です。

また、素早く凍結させるために、肉の塊を薄い状態にして、金属製のトレーやアルミホイルを使うのも効果的です。

味付けした状態で凍結するのも、大変便利!

きちんと凍結できた肉は2か月ほどもち、流水解凍や冷蔵庫解凍で美味しく食べられます。

 

タイトルとURLをコピーしました