退職後に保険証がないのに病院に行ける?健康保険を切り替えするには?




 

退職後、保険証が無い生活が少し続きますが、やはり不安な気持ちになってしまいますよね。。。

 

保険証が無いときに、病気になってしまったらどうしよう?とか…

 

でも、医療費の支払いのことを知っておくと、気も楽になります♪

 

今回は、退職後に保険証がなくても診察を受けられるのか、医療費の支払いはどうなるのか、保険証の切り替えについて綴って行きます。

 

 

スポンサーリンク

退職後に保険証がないのに病院で診察を受けれるのか?

僕は難病持ちなのですが、その持病を理由に会社を解雇されました。

 

最終日に保険証を会社に返すことになったのですが、手元に保険証が無い状態になるため、持病が急に悪化したらどうしようかとすごく不安でしたね。。。

 

実際保険証が無い場合、病院に行って診察を受けることができるかというと・・・

 

保険証が無い状態でも、病院で診察を受けることは可能です!

 

ただし…医療費は全額自己負担になってしまいます。

 

保険証を持っている状態だと、医療費の3割だけを負担しているんですよね。

 

病院によって対応は違いますが、その月の内に新しく加入した保険証を病院に提示できれば、7割分を返却してくれる場合が多いです。

 

つまり一旦医療費を全額自己負担をして、後から7割り分を返却してもらう形になりますね。

 

もし7割り分の医療費を病院側が返却してくれなかったり、新しい保険証の提示が月をまたいでしまう場合は、加入している健康保険に「療養費支給申請」をして直接返還請求をすることになります。

 

病院の領収証が必要になるので、捨ててしまわないように気をつけて下さいね!!

 

もし新しい保険証を病院に提示できないようであれば、緊急でなければ病院の予約などを翌月に延ばすという手もあります。

 

加入手続きすらしていないのであるならば、急いで加入手続きを済ませましょう。

 

ちなみに、会社で入っていた全国健康保険協会の保険証を、辞めた後も任意継続する場合は、保険証ができるまでの間に期間限定の「被験者資格証明書」を出してもらえます。

 

その「被験者資格証明書」が保険証の代わりになりますよ~。

 

「被験者資格証明書」が無い場合は、病院によって対応が違います。

 

診察を受けた病院の対応に任せるしかないですね。。。

 

医療費を病院で全額実費で払った場合や、返金してもらえなかった場合は、あとから健康保険組合に還付手続きをすることで、医療費の7割が返金されます。

⇒保険証がないと病院の金額はどうなる?後から必要な手続き?

 

あと、医療費の返金には期限があります。

現役の医療事務をやっている女性に、くわしく書いてもらいましたよ!

⇒保険証を忘れた時の返金期限はいつ?領収証は?本人以外でも大丈夫?

 

少し未来に新しい職場が決まっても、すぐに手元に保険証は届きません。

その場合の病院での対処法です。

⇒転職で保険証がない時に病院?料金は?切り替えが間に合わない?

 

スポンサーリンク

退職後に健康保険を切り替えするには?

僕は会社から解雇されて、役所に健康保険をどうしたらいいか相談に行きました。

 

ラッキーだったのか、全国健康保険協会を任意継続する場合の保険料と国民健康保険の保険料を、窓口の人が調べてくれました♪

 

会社都合(解雇やリストラ)で退職した場合、国民健康保険には保険料が安くなる減免制度がその年を含めて約2年あり、僕は国民健康保険を選びましたよ!!

 

もし国民健康保険に加入するならば、会社で入っていた健康保険の「資格喪失証明書」をもらって役所に届けましょう。

 

ただし、会社を辞めたからといってすぐに「資格喪失証明書」は発行されるとは限りません。。。

 

自治体によって違うかもしれませんが、僕はハローワークで雇用保険の受給手続きをして、その時渡された離職票のコピーを役所窓口に見せて、国民健康保険に加入できましたよ~。

 

退職証明書でも代用できると言われました。

 

他に、免許証、ハンコ、マイナンバーなどを持っていくとよいでしょう。

 

 

ちなみに離職票は郵送されてきたのですが、退職から5日後に家に届きました。。

 

5日間、保険証ナシの状態でしたね。

 

会社で入っていた全国健康保険協会から抜けても、自動的に国民健康保険への移行手続きは行われません。

 

なので、自分で健康保険の「資格喪失証明書」を役所の担当窓口に提出し、加入手続きを行って下さい。

 

退職日の翌日から14日以内手続きが必要です。

 

 

あと会社を辞めても、会社で加入してた全国健康保険協会の保険証を、2年間任意継続することもできます。

 

ただし、今までに払っていた自己負担分と会社負担分、両方の金額を支払うことになります。

 

つまり任意継続する場合の保険料の目安は、毎月給料から天引きされていた保険料×2 で考えるといいです。

 

給料が高くて保険料が高い人は、上限額があるので×2にならないことがありますけどね。

 

全国健康保険協会に電話して、任意継続の意思を伝えると、手続きに必要な書類が送られてきます。

 

ただし、会社を辞める際には今まで使っていた保険証を会社に返却し、それから新しい保険証が送られてきます。

 

新しい保険証が手元に届くまで、約2週間ほどかかるそうなので、それまでは保険証ナシの生活になりますね。。。

 

会社を辞める時に、もらわなければいけない書類を把握しておくことは、とても重要です。

 

退職する場合に、会社からもらう書類はこちら

⇒会社を辞める時にもらう書類は?解雇された場合の注意点は?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

会社を辞めた後、不安になる保険証のことを書いてみました。

 

会社を辞めて手元に保険証が無い場合、病院の予約を翌月に延ばすことを考えるのもありですよ。。

 

僕の持病を抑えている点滴の医療費は、全負担の場合30万円を超えます…汗

 

正直、保険証が手元に無いときはハラハラしていましたね。。。

 

自主退職する場合は、病院の予定を考えてみるのも重要ですよ!

 

 

ちなみに僕は会社を辞めてから、労働基準監督署に会社のブラック状態を相談に行きました。

残業代が未払いだった場合は、相談してみるのも一つの手です。

⇒労働基準監督署に退職後に相談に行ってきた!相談の流れと必要なものは?

⇒労働基準監督署に相談したらどうなる?密告の方法は?バレる?

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました