電気ストーブを使うと部屋は乾燥しない?肌は?対策方法を紹介!

寒くなってくる季節、暖房器具は欠かせないですよね。

しかし暖房器具を使うと、どうしても乾燥が気になってしまいます。

手軽に使える電気ストーブってどうなんでしょう?

今回は、電気ストーブを使うと部屋や肌は乾燥するのか、電気ストーブを使っているときの乾燥対策についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

電気ストーブを使うと部屋は乾燥しない?

電気ストーブは燃料の灯油を補充する必要もなく、スイッチを入れればすぐに暖かくなるので、暖房器具の中でも人気があります。

そんな電気ストーブは部屋が乾燥しないと聞いたことはありませんか?

結論からいくと電気ストーブを使っても部屋は乾燥してしまいます。

 

電気ストーブの熱源は電気です。

そのため灯油などの燃料を燃やしているわけではないので、水蒸気が発生しません。

化石燃料と言われる灯油やガスを燃焼させると、水分が発生するんですよー。

高気密な家だと、カビの原因となるので、灯油やガスの使用は禁止という家も存在しますね。

電気が熱源の電気ストーブは水蒸気が発生しないので、温度だけがどんどん上昇し、それに反して部屋の空気は乾燥していってしまうのです。

なので電気ストーブを使うと部屋が乾燥しないというわけではないのです。

 

また、エアコンも同様のことがいえます。

エアコンも燃料を燃やすという暖房方法ではないので、部屋を暖めて温度が上がるにつれて湿度はどんどん下がってしまい、部屋が乾燥してしまいます。

しかし、燃料を使わない暖房方法のエアコンと電気ストーブでは電気代に大きな違いがあります。

電気ストーブはエアコンに比べると約5倍ほどの電気代がかかってしまうので使いすぎには注意が必要です。

 

ストーブや石油ファンヒーターって灯油を燃やすと一酸化炭素が発生しますし、換気の必要性が出てきます。

寒い時期に少し窓を開けるって、あまりしたくないですよね。(;^ω^)

そう考えると電気ストーブは電気代はかかるかもしれませんが、使い方によって優秀な暖房器具と言えます。

 

電気ストーブを使うと乾燥肌になりやすい?

電気ストーブは乾燥肌になりやすいと聞いたことはありませんか?

燃料ではなく電気で部屋を暖めている電気ストーブは水蒸気が発生せず湿度が失われて乾燥してしまうため、確かに電気ストーブを使うと乾燥肌が気になってしまう可能性があります。

 

乾燥肌が気になる場合、どんな暖房器具を使うとよいのかいくつかご紹介していきます。

まずはストーブです。

燃料に灯油を使用しているストーブは、灯油を燃やしているので水蒸気が発生します。

さらにストーブを使用する場合にストーブの上に水を入れたやかんを置いたりたらいに水を張って置いたりすることで、その水が蒸発していくので部屋を暖めながら加湿をすることができます。

学校などでストーブの上にたらいでお湯を沸かし給食の牛乳を温めて飲んでいた方もいるのではないでしょうか?

教室を暖かくし、加湿も行い、牛乳も温めてくれるストーブはとても有効的に使用することができる魅力的な暖房機具ですね。

 

次に石油ファンヒーターの場合です。

石油ファンヒーターの加湿能力はとても高くなんと灯油を1リットル燃焼させると、空気中の酸素と化学反応を起こし約1リットルの水分を放出するといわれています。

加湿器とほぼ同じ加湿効果があるともいわれ、石油ファンヒーターでの暖房は部屋が乾燥しにくいのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

電気ストーブを使う場合の乾燥対策とは?

電気ストーブの乾燥対策に、加湿器を使うというのが一番に頭に浮かぶと思います。

最近の加湿器には空気清浄機付きのものが多いので空気をきれいにしながら、加湿もしてくれるので効果的です。

加湿にもいろいろなモードがあるので、部屋の乾燥具合に応じてどのくらい加湿するのかを選べるところも魅力的です。

 

冬場は部屋を閉め切ってしまうことが多く風邪などのウイルスが部屋に広がってしまう恐れもあります。

空気清浄機付きの加湿器を使うと、乾燥対策と風邪対策ができるのでおすすめです。

 

電気ストーブに限らず、冬に暖房器具を使う場合には部屋の中に洗濯物を干すだけで、手軽に加湿ができます。

洗濯物は水分を含んでいるので、その水分で湿度が上がり乾燥対策には効果的です。

また、寒さで乾きにくい洗濯物も乾くので一石二鳥ですね。

 

電気ストーブを使っていて肌乾燥が気になったときには、どんなケアをしていますか?

一番に思い浮かぶのは保湿クリームではないでしょうか。

肌が乾燥してしまったときには保湿クリームが一番ですがそんな保湿クリームの効果的な使い方をご紹介します。

まず、手の乾燥が気になる場合はハンドクリームをたっぷりと塗った後で手袋をしておくだけで、しっとりとした肌になりますよ。

 

顔の乾燥が気になるときには保湿クリームを塗った後手の体温を利用して手のひらで何度もゆっくりとパッティングし、さらにラップを顔にかけてからホットタオルで温めます。

このときに口と鼻の部分はしっかりとラップに切れ目を入れてください。

ホットタオルとラップでパックすることで、保湿効果が高まります。

 

部屋で使える加湿器の代わりになるものについてはこちらを参考にどうぞ
⇒加湿器の代用になるものとない時の加湿方法!特に寝室での注意点は?

 

スポンサーリンク

まとめ

電気ストーブを使うと乾燥しやすくなってしまうことや、乾燥肌になりやすいのかについてご紹介しました。

燃料を燃やして部屋を暖かくする暖房器具の方が、水蒸気を発生させるので湿度が保てるため、乾燥が気になる場合にはストーブや石油ファンヒーターを使った方が乾燥が気にならないかもしれませんね。

電気ストーブを使うときには乾燥対策をしっかりとして加湿器などと併用して上手に使用するのがおすすめです。

▼関連記事▼

電気ストーブってつけっぱなしだと火事になる?寝る時は?電気代は?

 

タイトルとURLをコピーしました