草餅の保存方法は?冷凍と解凍のやり方も紹介!

実家から草餅が大量に送られてきた~と、ちょっとだけお困りのあなた。

送ってくるにも限度があるって…

そりゃそうですよね。

いくら好きでも、その日のうちに食べられる数など1、2個が限界です。家族で食べても数個消費する程度ですものね。

そんなときに、上手な保存方法と美味しく食べる方法を知っておけば、心強いですよね!

これから、固くなってしまった草餅を美味しく食べる方法と、日持ちさせられる冷凍方法、そして上手な解凍方法をご紹介しますよ。

これでカビを心配せずに、家族のペースで草餅が美味しく食べられますね。

スポンサーリンク

草餅の保存方法

今回のように常温で送られてきた草餅や、和菓子屋さん等で買ってきた草餅なら、その日のうちは常温保存しますよね。

これが一番美味しく食べられます!

 

ただそれ以降は、季節によってはカビが生えてしまう危険があります。

特に、無添加の手作りならなおさらですよね。

そこで、冷蔵庫に入れてしまうと思うのです。

冷蔵庫に入れておけば、おおよそ3日ほどは日持ちします。

 

ただやはり、風味がガクンと落ちてしまうのが難点です。

そう、冷蔵庫は食材を乾燥させてしまうので、せっかくの草餅の良い香りと、口に入れたときの独特の味わいが飛んでしまうのです。

もちろん、お皿に乗せてラップもかけずに、冷蔵庫に放置していれば、より乾燥を早める結果になります。

1個ずつラップにくるんで、保存袋に入れて下さいね。

これで多少は乾燥が防げますよ。

ただ、消費期限が延びるわけではないので、3~4日を目安に食べ切ることは忘れなく!

 

でも、ここで諦めないで下さい!

固くなってしまった草餅もよみがえらせる方法はあります。

紹介していきますね♪

 

ムチッとした食感がお好み場合

① 炊飯器の保温に入れておく。

ご飯を炊いたら、その上にクッキングシートに乗せた草餅を10分ほど置いておきます。

これだけで、蒸されたような状態になります。

 

② 電子レンジにかける。

ただ、電子レンジにかけてしまうと、より固くなっしまうので、表面を水で洗い、お皿の上にクッキングシートを敷き、その上に草餅を乗せ、ふんわりラップをかけます。

電子レンジで500wか600wなら、10秒ほどかけてから様子を見て。

やり過ぎると、べちゃべちゃです。

弱モードや解凍モードがあるなら、それで1~2分で様子を見ても良いですね。

 

③ お汁粉に入れる。

グラグラ弱火で、草餅が柔らかくなるまで煮て下さいね。

 

パリッと表面を焼きたい方

① 魚焼きグリルで。

弱火で5~6分焼いてから様子を見て下さい。

 

② オーブントースターで。

もち焼き専用のモードで、お好みの焦げ目が付くまで。

 

③ フライパンで。

ほんの少量の油を敷いて、弱火で両面焼いていきます。

お好みの焦げ目が付けばオッケーですよ。信州のおやき風になります。

 

草餅の冷凍保存ってどうしたらいい?

もらった時に、この量はその日中に食べ切れないなと思ったら、冷凍保存するのが一番です!

その方法は簡単ですよ。

① 1個ずつラップにくるみます。

② ①を保存袋の中で重ならないように平らに入れ、空気を抜きながら封をします。

③ 急冷室か、なければステンレスバットに乗せて、なるべく短時間で凍らすようにします。

以上です。

 

これで乾燥を防ぎ、より日持ちさせることができますよ。

おおよそ3カ月ほどは持ちます。

是非お試しあれ!

 

スポンサーリンク

草餅を冷凍した後の解凍方法

せっかく美味しい状態のまま、冷凍保存した草餅です。

上手な解凍方法も知りたいですよね。

やはり、王道の自然解凍が一番です。

草餅の風味も食感も戻ってきます。

ただ、これだと時間がかかり過ぎると思われるかもしれません。

 

カチカチに凍っているのだからと、いきなり数分も電子レンジにかけないで下さいね。

ほんと見るも無惨なベチャベチャの草餅になってしまいます。

もちろん、あんこも出てきてしまいます…

 

まずは、保存袋からラップにくるまれた草餅を取り出します。

1個ずつラップくるんだまま、500wか600wで20~30秒程度かけて様子を確認して下さい。

もし、追加するにしても10秒ずつするのがお勧めですよ。

表面のパリッとしたのがお好みなら、電子レンジで30秒程度かけて中まで解凍させた後に、オーブントースターや魚焼きグリル、フライパンで焼いてみて下さい。

いきなり凍ったままの草餅を焼くと、周りだけ焦げていて、中が冷たいままになってしまうので、ご注意を!

もちろん手間がかかりますが、昔ながらの蒸し器を使うやり方もお勧めです。

ムチッとしたつきたての食感がよみがえりますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

今よりも保存環境の悪かった時代から、ずっと食べられてきた草餅。

固くなった場合の食べ方は、案外バリエーションも豊かですよね。

考えてみれば、鏡餅などカビが生えた部分を取り除き、その他のきれいな部分だけ、細かく切って、油で揚げて、かき餅にしてたくらいですからね。

大切に、最後まで食べ切る日本人の知恵が詰まっていますね。

ですから、現代人の私たちも、便利な最新の技術を取り入れつつも、その精神は大切に後世に受け継いでいきたいものですね。

 

タイトルとURLをコピーしました