焼肉デートを女性から誘ってくるのは?男性側のマナーも含めて紹介

「焼肉食べたーい!」と元気よく男性にわがままを言ってしまう私です。

焼肉ってあんまりデートって感じではないし、女性から誘われる焼肉ってどうなんだろうとちょっぴり気になりますか?

普通に友達や家族と行く場合と違って、異性と二人で行く焼肉ってなんだか少し違う感覚。

しかも女性から誘う焼肉ってどういう思いで誘ってるのか…。

今回は、女性から焼肉デートを誘う真相と男性側のマナーについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

焼肉を女性から誘うのってどういう意味がある??

女性から焼肉の誘いに意味があったらどう思いますか?

ガッカリするのか、嬉しいのか。

その結果はその女性のみが知る!というのが答えです。

しかし、少なくてもこんな思いがあるというパターンを紹介します。

 

単純に焼肉に行きたいだけ

ごめんなさい。

焼肉が食べたいだけです・・・。

友達と予定が合わず、でも一人では行きたくない。

そんなパターン。

焼肉を食べながら、いろんな話をしたいだけの場合があります。

 

ガッカリしそうなところですが、チョット待ってください。

行く人がいなくて自分にたどり着いたとしても、心を許しているという証拠です。

この人と焼肉行ってもなぁ…と思えば、焼肉など我慢しますからね。

明日でもあさってでもいいわけですから。

どうしても今日がいい、そしてアナタにたどり着いた。

それだけでも一緒に行ってくれる感謝の気持ちはあります。

あとは、会話の中で楽しさを見出したり悩みを共有したりすれば今までよりももっと距離は縮まるはず。

会話も大事ですが、この場合は女性の「焼肉を食べたい」という気持ちを満たしてあげてください!

 

友達として信頼している

付き合っていないけど、異性に声をかけるならば私はこのパターンです。

焼肉っていろいろと気を遣う食事ですよね。

注文して、焼いて、お会計だって安いものではないです。

そんな時に気を遣うことなく、楽しく気楽に焼肉が食べられる相手だから誘うというわけです。

 

もし、男性が女性に好意を持っている場合に誘いを受けたらちょっとがっかりしそうなパターンですよね。

たしかに、まだ付き合うとか好きとかの感情はないです。

しかし可能性は大ありです!

 

一度の焼肉で終わってしまえばそれまで。

その先が大事です。

自分から焼肉へ誘うといいですよ~。

誘うのがいつも女性ばかりだと悪いな…と思ってしまいますが、お高いがそれぞれ食べたいタイミングで声をかけ、一緒に行くようになるとグッと近づきますよ。

 

おごってくれる優男

自分ではなかなか行けない高級店に連れてってくれて、なおかつ奢ってくれるから声をかけるという場合もあります。

完全に「おごってくれるから」声をかけるパターンです。

チョット悲しいけど、女性側の気持ちはわからないのでたとえそうだったとしてもなかなか聞けないし難しいところ。

 

焼肉以外でも交流があって、お付き合いがあるようであれば問題ないかもしれませんが、振り返ってみて思い当たる付き合い方をしていたらこのパターンかもしれませんね。

一緒に楽しい食事を過ごせるのであれば、いいかな~と思います。

 

付き合ったら価値観が合いそうか

交際するにあたって、いろいろな相性があります。

焼肉ってその人の人間性が出てくるので、とっても参考になるんです。

 

①食の相性を確認できる

中でも重要度が高いと思われるのが、食の相性。

一緒に過ごしていく中で、食事は欠かせないですよね。

メインはお肉ですが、その他サイドメニューがたくさんあるところがポイントです!

たとえば、辛いものが好きでよく辛いスープを頼む方。

そこで相手も辛いものが好きだったらチョット嬉しいですよね。

ココで1つ共通の好きなものが見つかるわけです。

 

②性格が出る

焼肉って食べるだけでなくいろいろな作業がありますよね。

まず、たれの準備をしたり注文の仕方、焼き方など…

ここで全て自分本位で進められる人なのか、すべて相談しながらやる人なのか、全く何もせずにお任せする人なのかなどわかります。

女性としては、この焼肉の時の行動って実は参考にしていますからね。

いいな~と思ってる段階で焼肉に行き、最後の判断にしているかも。

これでこの人と気が合いそう!と思えたら告白しちゃうかも?

 

焼肉デートの男性側のマナーとは?

焼肉デートって普通のレストランとは違い、気を遣う場面が多いと思います。

必要最低限の常識さえあれば問題ないと思いますが、「こんなことをされたら嬉しい!」というポイントをご紹介します。

 

①注文時にリードしてくれる

女性はなかなかコレ食べたい!と積極的に言えない場合があります。

特に初めての焼肉デートは緊張していますしね。

そんな時にリードして注文を決めてくれるのは嬉しいです!

ドリンクやお肉の種類など、自分の好みや食べたいものを出しながら女性側の希望も聞き出すといいでしょう。

男性側が自分の好みを言ってくれると、女性も言いやすくなるはずです。

 

②焼いてくれる

女性によっては自分で焼きたい人もいるかもしれませんが、進んで焼こうとしてくれる姿は嬉しいものです。

焼き加減の好みを聞いてくれたらなおGOOD!

 

③気遣ってくれる

焼き加減のことのもそうですが、女性の好みを確認しながらすすめてくれると好印象です。

他にも、辛いものは得意か、にんにくは大丈夫か、洋服や髪の毛においがつきてしまうことをサラッと心配してあげたりしたらもう落ちます!笑

好きなようにできる焼肉だからこそ、マナーや気遣いをしっかりすると好印象になりますよ。

 

スポンサーリンク

焼肉のトングのマナー!

焼肉の注意ポイントの1つが生肉についてです。

生肉には食中毒を起こしてしまうリスクがありますよね。

もちろんお店側の注意もありますが、自分たちで焼く焼肉は私たちお客さん側にも責任があります。

そこで気にしたいのが「トングの扱い」です。

 

トングは、生肉を焼くときに使うもの。

生肉をお皿からとり、焼くまではトングを使ってください。

それによって食中毒の危険性から守れます。

面倒だから!とお箸で生肉を取り、焼き、女性のお皿に出されたらどう思うでしょうか。

その相手の女性がすごく気にする方だったら、もう後には引けません。

 

きちんと焼肉の危険性やリスクも考え、トングを上手に使うということは一緒に食べる人たちを大事にしているということ。

女性は何も言わずともしっかり見ていますからね~

ぜひすすんで焼くときにはトングの扱いに注意しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

男女の焼肉はいろいろな思いが隠されていることを紹介しました。

次焼肉に誘われたらどんな理由なのかな・・・とふと不安になってしまいましたか?

でも大丈夫です。

女性も十人十色。

誘われる段階で悪いことは考えていません。

楽しく食べられればそれでいい!

そこでなおかつ気遣ってあげられれば昇格のチャンス!

焼肉に誘う女性の思いもいろいろなので、まずは誘いに乗ってじっくり二人の時間を過ごしてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました