お弁当に詰めるご飯は冷ます?朝炊く?おいしい炊き方を紹介

日々のお弁当はもちろん、暖かくなってくるとお弁当をもってお出かけすることも増えてきます。

そんなお弁当で気になることはやっぱり食中毒。

大切な家族や、自分もせっかく作ったお弁当でお腹を壊したくないですよね。

そんなリスクを減らし、美味しく安全にお弁当を食べられるよう世のお母さん方はきちんと対策をしてくれているのです。

その方法の一つが「ごはん」を詰めた後のひと手間。

今回は、お弁当のご飯は冷ます方が良いのか、前日ではなく朝炊くほうがいいのか、お弁当のごはんのおいしい炊き方について紹介していきます。

スポンサーリンク

お弁当に詰めるご飯は冷ます??

お弁当のご飯は冷ましましょう!

毎朝早起きをして、お弁当を作っている方はわかると思いますが、おかずのほとんどは朝作ります。

まれに保存のきくものであれば昨晩作ったものを入れることもありますが、基本的には朝火を通して詰めますよね。

ごはんも同じ。

前の日にお弁当箱に詰めることはなく、たいてい朝、おかまから出したホカホカの状態で詰めることが多いと思います。

 

ほかほか、アツアツで美味しそうですが、この熱を持ったままお弁当に詰めて蓋をしてしまうとある危険が。

それが「食中毒」です。

菌が繁殖しやすい温度を作ってしまうからです。

この菌は35度前後が一番活発になり、増殖する温度。

 

アツアツの状態は大丈夫、食べるときの冷たいときも大丈夫!?

しかし実際はどうなのでしょう。

アツアツから食べるときの温度になるまでのその変化は、お弁当箱内でおきています。

35度前後を通過するタイミングができてしまいますよね。

その瞬間に菌は増殖、食べるころにはウジャウジャです。

 

そんなの嫌だ!

と思ったアナタ。

防ぐコツは簡単です。

この35度を密閉空間内でおこさなければいいのです。

お弁当を詰めたらすぐに二蓋をせず、冷まします。

菌が繁殖する温度を通り過ぎたころに蓋をして、渡して、行ってらっしゃい!という流れです。

大切な家族と自分をまもるためには、しっかりごはんを冷ましましょう。
 


 

お弁当のご飯は朝炊くのがいい?

おいしさで言えば、お弁当に詰めるご飯は、朝炊いたごはんがおいしいです!

 

必ず夜におかまを確認しますよね。

「明日のお弁当、大丈夫かしら」。

ごはんっておかずによって日々減る量が変わったり、家族の都合もあったりと読めない…。

夕飯の時に余っていれば、明日のお弁当に使う時もあれば、翌朝炊くときもあったりとコントロールはなかなか難しいです。

本当は炊きたてのごはんがいいけど、お弁当はどうでしょう。

 

もちろん私もイチ主婦。

昨晩の残りのご飯をお弁当に詰めることもあります。

家族の分も自分の分も。

お昼食べるときに思うんですよね・・・やっぱり昨日炊いたごはんじゃあ固いわ、と。

きっと同じことを家族も思ってるのだろうと感じながら食べますが(笑)

よく噛んでお腹を満たす分にはいいのですが、どうもやっぱり美味しさには欠けます。

 

そこである程度ご飯を使う状況をコントロールして、朝炊くようにシフトチェンジしました。

やっぱり冷えたごはんとはいえ、お弁当のごはんでも炊き立てを詰めたほうが断然おいしいです。

日々のごはんのコントロールは難しいですが、リズムをつかむと少しうまくいきます。

是非お弁当は朝炊けた炊きたてのごはんで持っていきましょう。

 

スポンサーリンク

お弁当に入れてもおいしいご飯の炊き方は?

いつも食べてるごはんもおいしい。

しかし、お弁当ってちょっとワケが違いますよね。

いくら炊きたてでも、時間が経つし冷めるし。

 

そんなお弁当の状況でも美味しく食べられる方法(炊き方)があるんです。

いつもと違うポイントはなにかって、やはり「水分量」です。

私の場合、前夜にお米を研いで翌朝の朝食前の時間に炊けるようにセットしておきます。

今のおかまは便利ですよね。

ちょうど起きるころに炊けるんです。

便利~!ということもそうなんですが、私たちが寝ている間にセットし他お米はせっせと水分を吸ってくれていい仕事をしています。

 

研いですぐに炊くのとは違い、長時間お米を水につけておくことで、より水分が多いふっくらごはんに仕上がります。

タイマーで楽チン+水分を吸ってふっくらごはん=一石二鳥。

日々の流れでこのリズムをつけておくと美味しいごはんが毎回食べられますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

お弁当って何かと考えたり気にすることが多いですよね。

おかずも考えるけど、やっぱり主食のごはんも大事。

しっかり冷まして家族と自分の安全を守るのは、母の大事な役目でもあります。

たとえ一人暮らしのかたでも、自分の身体を守るのは自分です。

忙しい朝に、お弁当のごはんを冷ましてる時間などないかもしれませんが、自分のためです!

時間がかかる分早起きしましょうね。

そしてなによりお弁当のごはんを美味しく食べるなら、断然炊きたてをお弁当に詰めるべき。

疲れた夜は何もしたくないですが、お米だけはセットしちゃいましょう。

このリズムをつかめば、今後のルーティーンになり苦ではなくなります。

安全面ももちろん美味しさも妥協しないでお弁当を作りましょう♪

 

タイトルとURLをコピーしました