プリンのカラメルが固まる。固まらないように?下にする理由も紹介

手作りのプリン、美味しいですよね。

自分好みに固さや甘さが調節できて、上手に作れるとすごく嬉しい!

だけど、一番最後に、カラメルソースが失敗しているとガッカリしてしまします・・・。

ここでは、カラメルソースが固まる原因と対処法、カラメルを下にする理由について紹介します。

スポンサーリンク

プリンのカラメルが固まる…

カラメルソースの材料はレシピによって多少違いますけれど、一般的には砂糖と水を半々ずつ混ぜて、火にかけながら煮詰めて作っていきます。

シンプルですけれど、結構難しい工程ですよね。

 

砂糖に水を混ぜた状態ですから、最初は透明でやや白く濁った色ですが、火をつけて温まってくると、ブクブクと泡立ってきて、とろみのある茶色に変わっていきます。

でも、この状態で冷やすと、べっ甲飴のようにカチカチに固まってしまうのです。

レシピ通りにやっているのに上手くいかない・・・。

次では、失敗しない方法を説明します。

プリンのカラメルが固まらないようにする方法

砂糖と水を温めていく時に、分量外のお湯を用意しましょう。

そして、茶色に変わったら、少しこのお湯を足して、柔らかくしていきます。

実際には茶色になる少し手前、黄ばみだしたぐらいで、火を止めた方がちょうどいいかもしれません。

 

色をよく見極めるためには、黒いフライパンより銀色の鍋の方が分かりやすいかもしれません。

お湯を足す時は飛びはねることがありますので、気を付けてくださいね。

お湯ではなく、水を足しても固さの調節はできますが、飛び跳ねやすいです。

お湯を足して柔らかくなり過ぎたら、また加熱して、水分を飛ばし、硬さを調節します。

くれぐれも、焦がさないように注意してください。

 

焦がしてしまうと、苦みが出てしまい、お湯を足しても元には戻せません。

この場合は、最初からやり直しましょう。

 

ちょうどいい硬さにできたと思ったら、火を止めて、冷まします。

鍋やフライパンではなく、電子レンジで加熱する方法もあります。

プリン2個用のカラメルソースを作るなら、深めの耐熱容器に水と砂糖を大さじ2ずつ混ぜ、600Wの電子レンジで2分加熱し、色が付いていなければ10秒ずつ加熱を延長します。

容器が熱くなっているので、鍋つかみで取り出したら、容器ごとゆすり、分量外のお湯を足して、スプーンでよく混ぜ、硬さを調節します。

 

出来上がったカラメルソースは冷ましてから、プリンの型に流し込みます。

ここで、再度、カラメルソースの硬さを確認してみましょう。

指で強く押すと形が残ってしまう場合は硬すぎていますから、もう一度、鍋に戻して、お湯を足して、柔らかくしましょう。

指の形が全然残らない場合は柔らかすぎです。

 

このまま、カラメルソースの後に、プリン液を流し込むと混ざり合ってしまうことがあります。

鍋に戻して、もう少し加熱して、水分を飛ばしましょう。

 

このように、プリンを冷やし固める前に、カラメルソースの出来栄えを確認できると、修正が出来ていいですね。

また、手作りのカラメルソースは日持ちしますから、大量にまとめて作っておくのもおすすめです。

カラメルソースはプリンだけでなく、ホットケーキなどにかけても美味しいですよ。

 

スポンサーリンク

プリンのカラメルを下にする理由

プリンのルーツは16世紀ごろ、イギリスの船乗りの間で食べられていたプティングが始まりです。

当時はカラメルソースがなく、プリンの部分だけでした。

しかし、プリンだけですと、型から外すのが大変!

 

ナイフを使って、型を取り外していたようですが、上手にできなくて、形が崩れてしまうことが多かったようです。

そこで、考案されたのが、型の底にカラメルソースを入れること!

当時の西洋では、デザートにカラメルソースを使うことが多く、カラメルを入れることで、型から取り外しやすくなることが考え出されました。

 

今では、型に穴があくタイプなど、それ以外にも型から外れやすくなる工夫がされていますけれど、カラメルソースを入れるのは当時の工夫によるものだったのですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

プリンのカラメルソース作りは火を止めるタイミングが大事!

煮詰め過ぎた時は分量外のお湯で硬さを調節しましょう。

冷まして、型に入れた時に固さを再確認しておくと、修正可能です。

もともと、カラメルソースは、プリンを型から外しやすくするために、型の底に入れられるようになりました。

きれいな形のまま、取り外す工夫だったのですね。

 

タイトルとURLをコピーしました