プリンを冷やす時間。冷蔵庫でもいい?固まらない時の対処法も紹介

手作りのプリン、美味しいですよね。

家にある材料で作れてしまうし、作り方も簡単ですけど、少し心配なのが、ちゃんと固まるかどうかです・・・。

レシピ通りに作ってはいるけれど、冷やす時間は書かれていないのよね。

ここでは、プリンが固まる時間について、冷蔵庫で冷やして固めてもいいのか、固まらない場合の対処法について説明します。

スポンサーリンク

プリンを固めるのに冷やす時間はどれくらい?

目安としてですが、プリンを固めるのにかかる冷やす時間は一時間くらいでしょかね。

 

プリンの作り方をざっくり説明しますと、卵や牛乳などの材料を混ぜて、型に流してから、蒸し器や鍋、オーブン、レンジなどで加熱していきます。

加熱直後のプリンはアツアツで容器を手で触れないほど。

このまま、冷蔵庫に入れたら、庫内の温度が上がってしまい、保存してある食材に悪影響を及ぼしてしまいます。

だから、粗熱を取ってから、冷蔵庫に入れて冷やします。

 

粗熱の取り方は、水を張ったバットにプリンを容器ごと、置いていきます。

熱いので、鍋つかみなどを使って、容器を移動させるといいですね。

そして、水が温まったら、交換するのを繰り返し、容器のプリンを冷ましていきます。

プリンが十分に冷めたら、冷蔵庫に入れます。

 

プリンのレシピにもよりますが、牛乳と卵を使っている場合は加熱した時点で固まっていますので、冷やすのはあくまでも美味しさを引き出すためです。

また、ゼラチンを使っている場合は、冷やさないと固まってきません。

プリンの大きさや容器の材質にもよりますが、大体、1時間ぐらいでしっかり冷えます。

プリンを冷やすのは冷凍庫でもいい?

先ほど、説明した方法が一番オーソドックスですけれど、1時間も待てない、もっと早く冷ましたい時は、粗熱を取る時に使ったバットに入れるのを氷水にしましょう。

すると、プリンが冷えるのがだいぶ早くなります。

 

でも、この方法、プリンの周りは冷えますが、中心部分は冷えにくいのが欠点です。

そこで、荒業なのですが、冷凍庫で冷やしてしまう方法もあります。

冷蔵庫に入れる時と同じように、粗熱を取ってからでないと、冷凍庫に入れられませんが、冷蔵庫よりかは早く冷えます。

 

しかし、ここで注意してほしいのは絶対に冷凍させてはいけません。

小まめに様子を確認して、冷たくなったら、冷蔵庫に移しましょう。

うっかり忘れて、冷凍させてしまうと、解凍しても、元のプリンに戻りません。

おすすめの方法とは言えませんが、早く冷やしたい時に使える手段です。

 

スポンサーリンク

プリンを冷やしても固まらない場合の対処法!

まず、材料の分量がレシピ通りか確認してみましょう。

気を付けないといけないのが卵。

個数は間違えにくいですが、よく見ると卵のサイズがレシピに書いてありませんか?

これを見落としてしまうと大変です!

 

Lサイズの卵とSサイズの卵では、かき混ぜた後の卵液の量がかなり違ってきます。

この卵液が少ないと、加熱しても固まり切れないことがあります。

 

それから、牛乳の分量も間違えると、固まらないことがあります。

分量はしっかり計っていても、牛乳を冷たいまま、調理に使ってしまうと、加熱時間が足りずに固まってくれないことがあります。

 

また、加熱が弱すぎると、卵が固まる温度に達することができず、プリンが固まらないということがあります。

でも、加熱が強すぎると、プリンがザラザラ、いわゆる、巣が立った状態になってしまうこともあります。

その点、鍋にお湯を張って、型に入れたプリンを入れて温める、湯せん方式は、加熱での失敗が避けやすいと言われています。

 

固まらないか心配な時は、ゼラチンを使ったレシピでプリンを作った方が失敗しにくいです。

ゼラチンは80℃以上で溶けて、冷ますことで固まっていきますので、加熱の度合いなどをあまり気にしなくても、しっかり溶かして、冷やせば、きちんと固まります。

冷やしていても固まらないプリンに対してのリカバリーとして、ゼラチンで固め直すことも可能です。

 

ゼラチンを使用する時は、使用量に十分に注意しましょう。

ゼラチンは冷やせば固まりますが、量が少ないと固まりません。

適量をきちんと計算して、使ってくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

手作りのプリンは冷蔵庫で1時間ぐらい冷やせば、固まりますが、分量を間違えてしまうと固まりません。

気を付ける点は、卵の個数ではなく、サイズや分量、それから、牛乳は常温に戻してから調理に使うこと。

それでも、固まらない時はゼラチンを溶かして、冷やせば、固められます。

ゼラチンの使用量も少ないと固まらないので、よく計算して、使いましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました