おでんにウインナーを入れるタイミング。下処理は?割れる原因は?

おでんの具といえば、定番なのは大根や練り物、こんにゃくなど。

でも、これでは子供は喜ばないこともあります。

そんな時におすすめの具が、ウインナー!

おでんにウインナーが入っていると、一気に、子供も食欲が湧いてきます。

けれども、ウインナーを入れたことが無い人にとっては分からないことだらけ。

いつ入れるの?、どうやって入れるの?

ここでは、おでんにウインナーを入れるタイミング、ウインナーの下処理、ウインナーが割れる原因と対処について説明します。

スポンサーリンク

おでんにウインナーを入れるタイミング

おでんに具を入れる順番としては、最初は煮えにくい大根やこんにゃくなどからが基本です。

これらがある程度煮えてから、練り製品などを入れ、最後にすぐ膨らんでくるはんぺんを入れたら完成です。

ウインナーを入れるとしたら、タイミングは練り製品と同じです。

 

ウインナーは生でも食べられるものですから、煮えにくい食材でもないし、だけど、味を染み込ませたいですよね。

だから、練り製品と同じくらいのタイミングに鍋に入れていきます。

 

ウインナーは煮崩れすることもないから、最初から入れても大丈夫なのでは?と考える人もいるかもしれません。

ですが、ウインナーは肉の旨味がたっぷり詰まっていて、ずっと煮込んでいると、その旨味がおでんの汁に逃げてしまいます。

 

そうすると、ウインナー自体の味が薄まってしまいますし、おでんの風味がウインナーの旨味に負けてしまい、イメージとしてはポトフのようになってしまうことがあります。

予定していたおでんと違ってきてしまいますよね。

ですから、ウインナーは初めから入れない方がおすすめなのです。

おでんにウインナーを入れる時の下処理は?

他の練り製品や厚揚げ、餅巾着などと同じように、ウインナーも湯通しして、表面の油を取り除くと味が染み込みやすくなります。

 

また、太さのあるウインナーを使う時は、表面に何本か切り込みを入れておくと、さらに味が染みこみやすいでしょう。

この湯通しの下処理は、おでんの汁を油っぽくさせないために大切な工程です。

 

おでんの魅力はいろいろな具が入っているのもそうですが、おでんの汁を味わいたい人も多いはず。

おでんの汁に油が浮いてしまっては、他の具も油っぽくなってしまいますし、残念ですよね。

 

ちょっと手間がかかりますが、湯通しは熱湯をかけてもいいですし、熱湯に入れて少し茹でるだけでも大丈夫です。

ぜひ、下処理を省かないで行ってくださいね。

 

スポンサーリンク

おでんにウインナーを入れたら割れる?

実は、ウインナーに切り込みを入れないまま、おでんに入れると、表面がひび割れしてしまうことがあるのです。

食べられないことはないですけれど、見た目ガッカリ。

 

ウインナーの中の肉は加熱されると、膨張し、肉汁が出てきますが、皮は全く伸びないので、ひび割れてしまうのです。

低温で加熱すれば、ひび割れしにくいのですが、おでんは低温でも長い時間加熱していることが多い料理ですから、結局、ウインナーが割れてしまうことは避けられないでしょう。

 

ですから、味が染み込みやすくなるということだけでなく、ひび割れ防止のためにも、切り込みは必要です。

切り込みをすると、ウインナーの旨味が流出してしまうという意見もありますが、表面がつるつるしたウインナーでも箸でつかみやすいという利点もあります。

 

また、切り込みでなくて、爪楊枝やフォークなどで数か所刺して、皮に穴を空けておいても、ひび割れ防止になりそうです。

子供が楽しみにしているウインナーですから、きれいに仕上げたいですよね。

一層のこと、たこさんウインナーの状態にして、おでんに入れるのも可愛らしいですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

おでんにウインナーを入れるタイミングは後半です。

大根やこんにゃくが煮えてきてから、入れるのがおすすめです。

最初から入れてしまうと、ウインナーの旨味がおでんの汁に流れてしまい、ポトフのような風味になってしまいます。

おでんにウインナーを入れるなら、湯通しして、表面の油を落とすと、味が染み込みやすくなります。

切り込みを入れるのも、おすすめです。

味が染み込みやすくなるだけでなく、ウインナーのひび割れを防止してくれます。

人によっては意外に思われるおでんのウインナーですが、ぜひ試してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました