ミートボールとハンバーグの違い。肉団子はミートローフとは?

お弁当にミートボールが入っていると、ちょっと嬉しかった思い出はありませんか?

お弁当を作る側になると、喜んでくれるのでおかずを選ぶときに便利でもありますよね。

ミートボールとハンバーグの違いって何なのでしょうか?

今回は、ミートボールがハンバーグや肉団子、ミートローフと何が違うのかということについてご紹介します。

スポンサーリンク

ミートボールとハンバーグの違い

ミートボールとハンバーグの大きな違いは形です。

ミートボールは一口大の大きさに丸めた肉団子であるのに対して、ハンバーグは小判型に成形していますよね。

材料もミートボールとハンバーグで大差はありません。

挽き肉に卵やパン粉などのつなぎを加えているので、形だけ違うと思っていいでしょう。

 

ミートボールは世界各国で似たような料理が作られています。

材料の選定や味付け、加熱方法などはさまざまですが、豚肉や鶏肉・牛肉などの挽き肉が使われていることが多いですね。

爬虫類などの特殊な動物の肉を使っている国もあるんですよ。

 

日本では、ケチャップやトマトソース、中華風のあん、テリヤキソースなどの味付けをすることが一般的ですね。

どの味付けでも子供に大人気ですよね。

 

ハンバーグは、日本では元々牛ひき肉のみを成形して小麦粉をまぶしたものを油脂で焼き上げ、トマトソースを添えたものでした。

ですが、1960年以降の高度成長期に豪華な夕食を演出できると言う主婦の好みから合い挽き肉を使ったハンバーグが定着するようになったんですよ。

その後、レトルト食品で鯨肉を使ったハンバーグが販売されるようになったこともあり、小判型に成形した肉弾度ならば挽き肉などの原料を問わずハンバーグと呼ばれるようになったんです。

 

材料はほとんど同じでも形の違いだけで呼び方が変わるのは面白いですね。

ミートボールと肉団子の違いは?

ハンバーグだけでなく、ミートボールと似たものに肉団子もありますよね。

ミートボールと肉団子の違いについても気になったことがある人は多いです。

ミートボールと肉団子は基本的には同じなんです。

 

えっ?!と思いますよね。

そう!ひき肉を一口大に丸めて調理し味付けしてあるものなので「基本的には」同じなんです。

 

ただし、日本でのミートボールは洋風の味付け、肉団子は和風の味付けになっていることが一般的です。

ケチャップやテリヤキソースの洋風味付けは、お弁当にも入れることが多いので子供たちに人気ですよね。

和風や中華風の味付けの肉団子は、夕食で出す家庭は多いのではないでしょうか。

ミートボールと肉団子の呼び方が、味付けによって変わるのってなんだか面白いですね。

 

スポンサーリンク

ミートローフとミートボールの違いは?

ミートボールほどメジャー級ではないものの、肉料理で美味しいものというと「ミートローフ」があります。

「ミートローフ」って一体どんな料理?とはっきり分からない人も以外に多いんです。

「ミートボールとミートローフの違いは何かも知りたいですよね。

 

ミートボールはひき肉を丸く成型して作りますよね。

実はミートローフも一緒なんです。

 

ミートローフの材料は牛ひき肉や豚ひき肉が使われ、玉ねぎのみじん切りを炒めたものを混ぜたりして卵やパン粉などをつなぎとして作ります。

ただし、ミートボールとの違いは「成型しない」ということなんです。

 

ミートローフは長方形の金型にひき肉を敷き詰めてオーブンで焼き上げるんですよ。

金型に入れない作り方や円筒型などのミートローフもありますし、表面にマッシュポテトを塗ったり、ひき肉の中にゆで卵を入れるアレンジができるなど、とても自由度の高い料理なんです。

 

我が家では、クリスマスにミートローフを作ることが多く、ボリュームたっぷりにできるので子供だけでなく男性もお腹いっぱいになれる満足度の高いメニューの一つです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ミートボールとハンバーグの大きな違いは形です。

ミートボールはひき肉を一口大の大きさに丸めて成型したものであるのに対し、ハンバーグはひき肉を小判型に成型したものになります。

ミートボールと肉団子の違いは、材料や成型の形に違いはありません。

違うのは味付けだけで、ミートボールはケチャップやテリヤキソースなどの洋風であるのに対し、肉団子は和風や中華風になっていることが一般的です。

ひき肉料理のミートローフは、材料などはミートボールと大きく変わりはありませんが形が異なります。

ミートローフは長方形の金型にひき肉を敷き詰めたり円筒型になっていることが多く、表面にマッシュポテトを塗ったりひき肉の中にゆで卵を入れるなど、各家庭で自由にアレンジできる自由度の高いメニューですよ。

どの料理もひき肉を使っていて材料には大きな違いはありませんが、形や味付けなどで呼び方が変わるのはとても面白いですし興味深いですね。

今晩の夕食はミートボールやハンバーグ、ミートローフなどひき肉を使った料理で子どもも大人もお腹いっぱいになるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました