お盆

お盆

数珠が切れるのは自分の身代わり?縁起が悪い?処分はどうする?

お墓参りやお葬式、法事などに持参する数珠。 それが突然切れたら不吉なんて思ってしまいますが、本当のところはどうなのでしょうか? ただ、数珠をつなぐゴムなどが劣化しただけなんて考えてはいけないもの? ここでは、数珠が切れるのは自分の身代わりになったからなのか、数珠が切れたら縁起が悪いmのなのか、数珠が切れた場合の処分方法についてて説明します。
お盆

お盆の迎え火は何時頃にする?作法は?雨の場合どうしたらいい?

お盆の「迎え火」とは、8月13日(7月のところもあります)の夕方にご先祖様の霊をお迎えするため、玄関先などの野外で火を焚くことを言います。 この火を目印に「ご先祖様が道に迷うことなくこちらの世界に戻って来ることができる」とされています。 さて、この「迎え火」ですが、どんな風にするものなのでしょう? しきたりや慣習など地域によっても多少違いがあるでしょうが、何時頃に迎え火をするものなのか、迎え火の作法、雨の場合どうしたらいいのかについて見ていきたいと思います。
お盆

お墓参りの花はひまわり?なしでもいい?いっぱいの時どう対処する?

日本にはお彼岸やお盆などお墓参りの習慣があります。 お墓参りにお花は必需品ですが、お花はたくさんの種類があり、季節によって違うものですから少し迷ってしまいますよね。 マナーとして、どんなお花が相応しいのか?など、大人の常識が問われます。 ここでは、お墓参りに持参する花はひまわりでも良いのか、花なしでお墓参りに行ってもいいのか、お墓に花がいっぱいの時はどうしたらいいのかについて説明します。
お盆

お盆に海や川に行ったらだめだと言われる理由。釣りやプールもだめ?

夏休みのお出かけと言えば、海水浴!! 定番中の定番ですよね。 でも、海水浴は8月のお盆以降は避けた方がいいと言われたことありませんか? お盆以降は台風が多く、波が高くなることが理由だと思われますが、本当のところはよく知りません・・・。 しかし、最近の台風はお盆に限らず発生するけれど、やっぱりお盆に海水浴はダメなのでしょうか? ここでは、お盆に海や川に言ったらだめと言われる理由、釣りやプールもだめなのかついて説明します。
お盆

お盆の送り火はいつする?方法は?マンションだとどうしたらいい?

お盆には、ご先祖様の霊をお迎えし供養し、また送り出すという意味があります。 ご先祖様の霊をお迎えするのが「迎え火」で、帰ってきた霊をこの世からあの世に送り出す行事を「送り火」と言います。 地域によって送り火の時期や慣わしも異なりますが、全国的に8月15日もしくは8月16日に行われることが多いようです。 (7月をお盆の時期としている地域もあります) さて、この「送り火」ですが、いつどこでどんな風におこなうものなのでしょう? たとえばマンションなどの集合住宅ではどうするのか、なども調べてみました。
お盆

お盆にお迎えする時間はいつ?迎え火のやり方は?寄り道したらダメ?

お盆は、ご先祖様の霊がこの世に帰ってくる日と言われています。 宗派によっては、「迎え火」や「送り火」などを行う場合もありますよね。 今回は、お盆にご先祖さまをお迎えするまでにやっておくべきことや、時間帯、お迎えの方法などについて疑問にお答え致します!!
お盆

お盆にご先祖様が帰ってくるのはいつ?どこに?

暑い時期の8月14日から16日は「お盆」にあたり、会社がお休みという人も多いです。 (学生は夏休みの最中~♪) 一般に「お盆」には、ご先祖様の魂が帰ってくると言われています。 子供の頃、年輩方からそう教えられた人も多いハズ!! では、ご先祖様の霊はいつ帰ってくるのでしょうか? 今回は、ご先祖様はいつ来ていつ帰るのか、そしてどこに帰るのかについて綴って行きます。
タイトルとURLをコピーしました