加湿器で冬寒い。対策方法は?寝室はどうしたらいい?




 

 

さむ~い冬。

暖房を使う部屋では、加湿器も必須アイテムの家庭も増えていると思います。

でも、加湿器から出てくる風が冷たくて、寒く感じることがありますよね。

 

加湿しているのに、室温が下がっているなんてことがあるでしょうか?

せっかく風邪予防に加湿器を使っているのに、身体が冷えて、かえって風邪引きそうなんて、おかしいですよね。

 

ここでは、加湿器の使用で寒くなる原因、加湿器で寒い場合の対策方法、寝室で加湿器を使う場合の注意することについて検証してみます。

 

 

スポンサーリンク

加湿器で冬寒い…

まず、加湿器には超音波タイプ・気化タイプ・スチームタイプ・ハイブリッドタイプと、主に4つに分類されます。

 

この中で、使用すると寒く感じる加湿器は超音波タイプです。

この加湿器は、水を超音波で微細な霧にして室内に放出します。

そして、この放出された霧は、暖房で暖かくなった室内で水蒸気に変わるのですが、この時に周囲の熱を奪ってしまうので、室温が低くなってしてしまうことがあります。

例えば、汗をかいたままにしていると、汗が乾くとヒンヤリと身体を冷やしてしまいますよね。

これは汗が蒸発する時に体温を奪っているからで、超音波タイプの加湿器は同じ理屈になります。

 

また、気化タイプの加湿器も寒く感じることがあります。

この加湿器は水を含ませたフィルターに風を当てて蒸発させて、水蒸気を放出します。

この時も水が蒸発する時に周囲の熱を奪ってしまいますし、風そのものも強めだし、冷たくなっているので、室内を冷やしてしまいます。。。

 

 

加湿器で寒い場合の対策方法とは?

一番確実なのは、スチームタイプの加湿器に変えることです。

この加湿器は電気でお湯を沸かし、その蒸気を放出しますから、部屋を冷やすことはありません。

けれど、放出される蒸気や噴き出し口が熱くなってしまうので、触るとヤケドしてしまう恐れがありますから、小さなお子さんがいる家庭では使用が難しいです。

 

超音波タイプや気化タイプの加湿器を使用するなら、自分から遠ざけたり、放出する風が当たらないようにしたり、設置位置を工夫しましょう。

 

でも、このタイプの加湿器は床濡れ防止のために高い場所にすべきとか、結露防止のために窓や壁から離すべきとか、設置場所の条件がさまざまあり、全ての条件を満たす場所を見つけることは難しいかもしれません。

 

そんな時は、電気を使わないエコ加湿器を使用する方法もあります。

エコ加湿器とは水を張った入れ物にフィルターを置き、自然に蒸発することで室内を加湿してくれるものです。

加湿効果は劣りますが、電気代はかからないですし、部屋が冷えてしまう心配はありません。

 

 

スポンサーリンク

寝室が加湿器で寒い場合はどうしたらいい?

やはり加湿器の使用で注意すべきポイントは設置場所です。

直接、放出される蒸気が自分に当たらない場所を探しましょう。

蒸気が身体に付着すると、肌がしっとりするイメージもありますが、蒸発する時に肌表面の水分も蒸発してしまい、乾燥してしまいます(;^ω^)

 

それから、結露にも注意が必要です。

室温と違い、寝室は小まめに湿度計で確認することができないので、加湿し過ぎになっても運転が止められません。

タイマー機能や自動加湿調節機能が備わっている場合は使うようにして、加湿し過ぎないようにしましょう。

加湿し過ぎは窓や壁に結露を発生させますし、木造家屋や木製家具なども傷めてしまう恐れもあります。

また、結露を放置するとカビができやすくなりますから、起床したら窓などの結露を確認し、拭き取るようにしましょう。

換気することも、カビの予防になります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

手軽に湿度を上げられる加湿器ですが、その設置場所を決めることは非常に重要なことです。

せっかく風邪予防に加湿器を導入したのに、部屋が寒くなってしまったり、結露やカビなどに悩んだりするのも嫌ですよね。

加湿器のタイプ別の特性を知って、自分の家庭に合った使い方をしてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました