エアコンの暖房が止まる原因は?対策は?ランプが点滅する意味は?

スポンサーリンク



 

冬将軍の到来。

エアコンをフル稼働させているのに、気づくと、全然、部屋が暖まっていない経験をしたことありませんか?

もしかして、停電? それとも、消費電力過剰でブレーカーが上がった?

でも、他の電化製品は動いているし、エアコンの運転ランプも付いているし。

しかし、エアコンを確認してみると、冷たい風が出ている感じ。

エッ!まさか、エアコンの故障・・・?

ここでは、エアコンの暖房が止まる原因、エアコンの暖房が止まるのを防ぐ方法、エアコンの暖房が止まった時にランプが点滅することについて説明していきます。

 

 

スポンサーリンク




エアコンの暖房が止まる原因とは?

一番多いのが、エアコンの室外機の霜取り運転です。

エアコンが暖房運転をしていると、実は室外機に霜がたくさん付着してしまうことがあり、このまま暖房運転を続けていても、暖房が弱くなってしまいます。

そこで、エアコンは室内への熱供給を止めて、室外機の霜を溶かす霜取り運転に切り替わってしまいます。

この約10分間は室内への温風がストップしてしまうのです。

その後、暖房運転が自動で再開されますが、その間に部屋の温度は5℃程度下がってしまうこともあります。

 

 

エアコンの暖房が止まるのを防ぐ対策とは?

まず、絶対にやってはいけないのは、室外機に水やお湯をかけることです。

霜を溶かすことはできますが、室外機内部に水が侵入し、故障する可能性があります。
内部には水分厳禁の基盤がありますしね。。。

 

雪が積もる地域では、室外機に防雪フードを取り付けたり、室外機自体を高い位置に設置したりする対策がなされています。

また、寒冷地向けのエアコンは室外機の凍結防止や熱交換器性能(暖房能力)を向上させ、霜取り運転の頻度を減らした高性能になっていますから、暖かく快適です。

しかし、販売価格は通常のものより3~5割程度割高で、消費電力も上がり、家庭によってはブレーカー交換が必要になることもあります。

さらに、メーカーによっては、霜取り運転中も暖房が継続できるものもあります。

 

室外機に除雪フードを付けたり、台に乗せたりすることはすぐに実施できそうですが、寒冷地向けのエアコンに買い替えるのはなかなか難しいことですよね。。。

 

 

では、簡単にすぐに出来る対策を説明します。

1. 室外機に雪が積もっていないか毎日確認し、積もっていたら取り払うこと。

2. エアコンの設定温度を低くし、外気温との差を縮めること。

 

室外機の存在自体、忘れがちですが、外出前などに日ごろからチェックできるといいですね。

それから、エアコンの設定温度を低くすると、寒くなると考えがちですが、頻繁に霜取り運転に切り替わって、暖房が止まると結局寒くなってしまいます。

それなら、設定温度を低く、霜取り運転に切り替わらないようにした方が、暖かさが継続します。

また、暖房をエアコンだけに頼らず、ストーブなども併用するのもおすすめです。

 

霜取り運転中だけ、ストーブの代用もいいのですが、それよりもエアコンの設定温度を下げて、ストーブも使用した方が電気代の節約にもなります。

 

 

スポンサーリンク

エアコンの暖房が止まった時、点滅する?

大体のエアコンが運転ランプの点滅などで、霜取り運転を知らせるようになっています。
けれど、他の理由でも運転ランプが点滅することがあります。

例えば、フィルターの掃除不足だったり、オープンカバーなどが閉じられていなかったり。

 

運転ランプ点滅時には、リモコンでエラーコードが表示されることもあります。

また、運転ランプの色や点滅スピードや回数によって、試運転や霜取り運転などの状況や故障箇所を知らせる機種もあります。

 

メーカーや機種(型番)によって異なりますので、詳しくは取扱説明書や各メーカーのホームぺージで確認しましょう。

 

エアコン本体に書かれている品番を、GoogleやYahoo!の検索エンジンで検索をかけると、ランプの点滅回数などに関する記事を見つける場合もあります。

 

検索してみるのもいいんじゃないでしょうか!!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今や生活必需品であるエアコン。

エアコンが急に止まっても慌てずに、霜取り運転のことを思い出してみましょう。

他の原因の場合もありますから、まずはよく確認してみてください。

間違った対応をしてしまうと、さらに故障してしまうこともあります。

暖房をエアコンだけに任せず、他の器具も一緒に使って、暖かくお過ごし下さいね。

 

 

 

コメント